Exit through the gift shop - "権威/メディア/他者の意見"を参考にする?しない?

"Exit Through The Gift Shop" - Official Trailer [HD]


昨日、AbemaTVにて『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』をみました。
ロスに暮らすヴィデオ記録狂のティエリーがストリートアートのシーンに嵌り、次々と深くへ取材同行しているうちにストリートアートのトップにいる謎のストリートアーティスト、バンクシーに辿り着く…という話

あ、この後ネタバレもあるので、ネタバレが嫌な方はスルーしてしまってください。ネタバレ部分は薄字にしておきました。










バンクシーと親しくなったティエリーは記録したテープで映画を作ってみないか?と言われ、作品を作るがこれがひどい出来。そこでバンクシーはティエリーにアートを作ってみないか?と助言。それでティエリーは一気に舞い上がって暴走していく…。

ティエリーの作品はウォーホルのパクリみたいな出来で、バンクシーやティエリーが撮ったストリートアーティスト達は酷いと思ったのだが、ティエリーの為に善意で推薦文を送る。するとMr. Brainwash(ティエリーの芸名)はそれを宣伝に大々的に使い、「バンクシー推薦の期待の新人」としてメディアが騒ぎ、個展には人が殺到してしまいました。


さて、この映画をすんなりみると、「一般大衆やメディアってバンクシーの推薦文だけ信じて殺到しちゃって馬鹿だなーw」とか、「記録・蒐集欲が物凄い人、あるいはその分野に愛を物凄く持っている人が表現者として有能であれるかは全然違うんだなー」と思いました。

ただ、それは結局バンクシーの手のひら返しの批判をそのまま飲み込んでるだけに過ぎないですよね。バンクシーの推薦をうのみにした大衆と、映画のラストでバンクシー達の批判をうのみにする観客(私)は同じなのではないか?と思うのです。

実際、Mrブレインウォッシュは成功しその後日本でも展覧会を開くような人気アーティストになっていったそうです。彼には確かにパクリみたいな安易なアイディアの流用に感じます。でもそれが結局観客に受け入れられたのは、ストリートアートやポップアートに期待されていたのはそういうものでもあるかもしれない。バンクシーの作品ですら、ほとんどの人が表面や"評判"しか見ていないのでは?と思ったり。

マスへ出た表現っていうのは、そこの観客はほとんど表現者の意図を理解できていないでしょうし、表現者も「解釈は観客に委ねる」と言ったりしていますから、完全な理解なんかマスでは土台無理な話だと思います。この映画をみた私にしたって理解しきれているとは思えません。観客はそれぞれ、自分がつかめるものを汲み取れればいいのだと思います。”表現の価値”はおのおのが決めればよいこと。

ただ、これは音楽に関して自分がそうだったのですが、私も"好きな音楽を好きに聞けばそれでいいじゃないか"と思いますが、"評論や評判を気にせず自分の感性を大事にするタイプ"の友人は結構聞くのがオーソドックスなものばかりだったり逆に狭く深いばかりだったり。。自分は他者の意見を参考にして自分の音楽の趣味を広げてこれたなぁと思うのです。勿論それも自分の選択ではあるのだけれど。

芸能作品とメディアによるBrainwash(洗脳)というと、マスメディアをフルで使った宣伝攻勢がありますね。AKB系なんかを見ているといつからか週刊誌のグラビアがAKB系ばかりになった時期があったり、音楽番組がAKB系ばかりになったり、露出が物凄いことで、地下アイドルがみるまに巨大な産業的存在になっていくのを見た気がします。何しろ飽きられる前に新商品の女の子やグループを投入しているのはコンビニエンスで、凄まじい産業だと思い、日本のTV芸能界は事務所が強ければ売れる確率が物凄い上がるというか、本物を本物として売ることが難しいようなシステムになってしまっていると感じて、私はどちらかというと嫌悪しています。

広告に真の魅力で現れて競えているかというと「否」と思いますが、お金が絡まない、或いは直接の知り合いとかの人付き合いとかが絡まない絶賛は、自分は概ね信じていいと思います。バンクシーがMrブレインウォッシュに推薦文を送ったのは親しい付き合いで頼まれたからでしたものね。勿論「その人を好きになってしまったからどんな作品でも褒める人」なんかもいますが、概ね、金と人脈的利益が絡まない評判を信じていいくらいには私は世の人たちを信頼しているなぁと思うのです。

逆に言うとInternet最大の功績は、今まで寡占状態にあった"意志を発信する媒体"を、金目のマスコミから解放したことだと思います。と、同時にそうした時にプロの評論家の評論っていうのはアマチュアによるジェネリックな評論に対してどう対抗すればいいのか、"プロの目、プロの文"の価値を、どこに表せばいいのだろうかとも思います。さらに言えばプロの評論ほどの"重さ"を大衆は求めていないのかもしれない。この"要求される信頼の重みの、変化"によって有料の評論が消えて、Web上の広告で運営される無料評論≒宣伝だけになったら、それは寂しい。しかしどうすればいいのか?cero、OGRE、D.A.N.の担当者たちが語る、日本インディー15年史(Cinra)のような取材による一次資料を産むのは需要がある気がしますが、有料の文筆文化はどう生き残ればいいのかは生態系づくりの過渡期なのでしょうねとお茶を濁してこの文章を終えます。


P.S. 劇中に登場するストリートアーティスト、スペースインベーダーの作品、中目黒にありますよね。
[PR]
# by wavesll | 2016-05-24 15:52 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

反町-東白楽の風情ある酒屋さん

c0002171_1337029.jpg
c0002171_13371226.jpg
c0002171_13372382.jpg
c0002171_13373274.jpg

[PR]
# by wavesll | 2016-05-24 13:37 | 街角 | Trackback | Comments(0)

Lotus Flower / Hydrangea

c0002171_1541591.jpg
c0002171_13403524.jpg
c0002171_13352851.jpg

[PR]
# by wavesll | 2016-05-23 15:04 | 街角 | Trackback | Comments(0)

真夜中の庭@サラヴァ東京 フォトレポ

望月前の夜、東横線で渋谷へ。東急文化村の隣にあるサラヴァ東京でのイベント、"真夜中の庭"に誘われたのです。
c0002171_11221536.jpg
c0002171_11222968.jpg

入ると気泡が爆ぜるような気持ちの良い音楽が。
c0002171_1123593.jpg

最初のActはK2さん。瀑布のようなノイズの轟音。頭が洗われました。
c0002171_1125147.jpg

次がこのイベントのオーガナイザー、silentwaveさん。ドローンは今まできちんとは聴いて来ず、クラブで聴くのは初めてだったのですが、想った以上に中高音が響いて、水面に揺蕩う光の波紋のようで良かったです。
c0002171_1127265.jpg

幕間のDJが良い選曲だなぁと想ったらhakobuneさんでした。
c0002171_11281485.jpg

個人的には本日の目玉、食品まつりa.k.a foodmanさん。最初、"お!ノイズやるのか!?"と想ったら機材トラブルでしたw復調し始まった音楽、これがJUKE/FOOTWORKなのかな。動物の鳴き声にきらきらが砕ける音が入るのは美しい瞬間でした。ピッツァのトッピングが山盛りで楽しめる感じの音。ライヴ後話を聴けたのですが、今夜の楽曲は次のアルバムに入る予定だそう。楽しみだなー!食品さんのサンクラ音源だとこれが好きです。
c0002171_11334056.jpg

pao(Adzuki & Hiroki ono)
AM3:00周辺にアンビエント・ノイズが流れると、快眠に誘われるw実際寝落ちしてる人多数wだけど短波ラジオを使った音楽ライヴは初体験。この未明にうってつけの音楽でした。
c0002171_11352082.jpg

Rhucleさん。水音、海鳥、虫の音にキーボード・ラップトップ音楽を。特に海鳥の声に鍵盤が射すのは綺麗な時間でした。一曲一曲が綺麗でよかった。採音素材でドラマがみせられたら跳ねるのではと想いました。
c0002171_1138778.jpg

ラストはRolande Garrosさん.バキバキのハウス!クラブハシゴ族の外人たちも客席で立ち上がってカラダを揺らしていいクージングでした。
c0002171_11392635.jpg

サラヴァ東京、初めて来たのですが、ライヴレストランで深夜営業しているのはいいですね。踊るばかりでないクラブミュージックを色々聴けて、そして最後は踊れてwいい夜でした。満月の夕が明け、渋谷のゴミと鴉の早朝を歩いて始発で帰ってきました。
c0002171_11412661.jpg

[PR]
# by wavesll | 2016-05-22 11:41 | 今週の一曲 | Trackback | Comments(0)

港未来空間思

c0002171_2221171.jpg
港未来に響く車の走行音や人々のざわめきは、海を薙ぐ風や海面を進む船のエンジン音に似ていて、海鳴りは大量の空間を悠々越えていくエーテルのように存在している。写真には現れない3次元の立体こそ、この街の本性に感じる。チェスの駒を置くように屹立するビル群の灯りがこの街のヴォイドの淵に挿さっている。人工的な街のなかで、“空間”それ自体が最も天然を顕している気すら。
c0002171_223394.jpg

[PR]
# by wavesll | 2016-05-21 22:04 | 街角 | Trackback | Comments(0)

フェス配信で家事が進む

BLUE ENCOUNT 『もっと光を』


今日は日比谷野音でcero、東京ドームで氷室、京都でスターフェス、横浜でグリーンルーム、そして新木場でメトロックと、音楽イベント盛り。天気もいいし気持ちいいですね。

自分は出かけたい気持ちもありながら、AbemaTVでやってるメトロック配信みてます。
海外だとこの間もコーチェラの配信なんかやってたり、国内でもULTRA JAPANとかはしてましたけど、邦楽フェスのこんな規模の無料配信はなかなかないから、素晴らしい試みですね。

まぁ、欲を言えば海外フェス配信みたいに多チャンネル同時でステージごとに配信してくれると、ザッピングとかが出来るのがよりフェスらしさを沸かせる感じはあるけれど、なにしろ初回だし、まずは英断を応援したい。広まって欲しいなぁ。ロックバンドの見本市という意味でも大きな試みだと想います。噂のブルエンみましたよ。MCがこっぱずかしかったけど、ライヴの方が全然良かった☆

とはいえ、せっかくのいい天気に昼間にぼーっと画面を眺めるのは勿体無い気がしてw
というわけで部屋の掃除や洗車とか、家事がはかどりました。
フェス配信をいかに楽しむかというのは、受動性と体験性の工夫を自分でいかにするかも大事ですね。そういった意味でも多ch配信は望ましいなぁ。

今年はRed Bull TVが世界の人気フェス6つを独占ライブ配信決定というニュースもあり、家に居ながらにして海外フェスを愉しめる夏フェスロングシーズンを過ごせそう。フェス配信と家事でリーズナブルな休日も悪くないですねw
[PR]
# by wavesll | 2016-05-21 16:45 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

第56回酒と小皿と音楽婚礼 Minnie Riperton - Perfect Angel X 午後の紅茶Premium Straght

Minnie Riperton - Perfect Angel - Full 1974 Vinyl Album - Voice 5 Octaves


午後のひと時を過ごそうとYTを回遊して、あぁLovin' Youが聴きたいなと検索し、収録されたオリジナルアルバムへ。ラヴィンユー以外も素晴らしいですね。GSライクなギターの鳴りなど楽器も気持ちよくて好きだなぁ。

c0002171_14584375.jpg急に紅茶が飲みたくなったのはリプトンを連想したからw?最近自販機限定で売ってるこの午後の紅茶プレミアムストレート。茶葉2倍ミルクティーと同じくウバ茶葉を使っていて、味が濃ゆくて美味しいです。このミニーの歌声とウバ紅茶があれば光のどけき午後の日が拡がります。常世にこんな時がつづけばいいのになぁ。
[PR]
# by wavesll | 2016-05-20 14:26 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

情報に対する生理的欲求が満たされている世の中で

音楽にお金を払う習慣はなくなるのか?  LINEミュージックの評価がヤバいというニュースのスレッドが盛り上がっていました。

該当記事だと
LINE MUSICは、30日間無料で聴き放題。その後は有料となり、
チケットを購入していない無料の状態では試聴30秒となる。
アプリのレビュー欄では、無料にしてほしいという意見などが見られる。

「なんでチケット購入しないと聴けんの? 視聴者目線で考えて欲しい」
「なぜ30秒しかきけないの? fullだとなんか問題でもあるの?」
「急に30秒しか聞けなくなるよ!お金入れないとダメなんて…ラインの人チケットとかやめて全部無料にしてくれよ!」
「30日間だけ無料ってのが気に入らない。その半端な数字をやめて、LINEなら、LINEらしく、ずっと無料でいいんじゃないの?? 
いきなり、1曲に30秒くらいしか聴けなくなったから、アンストしました。」
とのこと。

この間も音楽離れは「有料の音楽」離れに限らず「音楽そのものから距離を置く」と共にというニュースがあって少なからずショックを覚えたのですが、「歌は世につれ世は歌につれ」のような、音楽が共通言語になるような状況は日本では廃れつつあるのかなぁ…残念ですね。

と共に、音楽の価値もここまで下がったかというか、「コンテンツ無料」というのがデフォルトの世代の意見は恐ろしいなと想いました。私も餓鬼の頃はコンビニで立ち読みとかしていたけれど、あくまでお零れに預かっているという意識だったし、そのコンビニで飲み物買ったり金を落としてたつもりではあったなぁ。まぁ今のLINEユーザーも「スタンプとか買ってるし」とかはいうのかもしれませんね。

スレでも指摘されていましたが、「金を払うレベルではない水準なので使わない」なら分かるのですが「金を払う水準ではないので無料にしろ」は流石に…世の中で働かないから「生産の対価」というのが分からないのかもしれません。

とか言いながら、自分もコンテンツに金、払ってないとこあるよなぁと想います。音楽もWebで聴くために定額ストリーミング入らずにYoutubeやSoundcloud、Bandcampで済ましちゃってるし、活字に関しても、ブルータスとか、雑誌を読んだ方が質の高い情報を得られる可能性は絶対に高いのにネット上の情報で済ませたり。あと私も友人なんかが「AV買ってる」とか聞くと「まじで!?AVに金払うの!?ero-video.netとか使わないの!?」と想いますが、そういうのだって創るのに資本がかかるものなぁ。Youtubeで音楽聴くのも、無料サイトで活字を読むのも、エロ動画をみるのも、全部ジェネリックみたいなもので、「これ性」のあるハイクオリティな娯楽体験でなくとも、生理的な情報要求はインターネット上で公開されているフリーのもので十分という層が多いのでしょう。

コンテンツを提供する側からすると本当に厳しい時代になったなぁと想います。生理的な欲求レベルのクオリティでは金を払ってくれなくなってしまった。手に入れる障壁が低いと、価値も低く想われてしまう。特に握手券商法に音楽ランキングが跋扈されてしまった今では、ただでさえ音楽に対する敬意や幻想が薄れ、ロイヤリティも下がっているのに…と想います。

後mp3のビットレートが低いのか、ラップトップのスピーカーがへにゃいのか、Youtubeの音質って悪くて、「これじゃあ音楽体験として感動が欠けてしまうよ」と想ってしまいます。今の子供たちの部屋にはミニコンポとかもないのかもしれないけれど、いい音に対する感動が、悪貨に駆逐されるのは残念だなぁと想います。

ただ、最近の音楽はラップトップやスマホで聴くようにマスタリングされているのかもしれません。
自分はR&Bは大して効いてこなかった人間ですが、そんな部外者でもこれは凄いと想わせた曲が近年3曲あって。

一つは
Rihanna - Work (Explicit) ft. Drake

二つ目は
Thinking About You - Frank Ocean

三つ目は
Justin Timberlake - Suit & Tie (Official) ft. JAY Z

なのですが、最近これらの楽曲が入った円盤を部屋のオーディオで聴いたところ、「CDで聴いた方がいいな!」となったのはジャスティンティンバーレイクの『The 20 / 20 EXPERIENCE』だけだったのです。フランクオーシャンのはオーディオで聴くよりラップトップで聴く方が気持ちよく聴けたし、リアーナの『ANTI』に至ってはオーディオで聴くと音圧上げ過ぎて「海苔波形てこれか!」と想うくらい酷い有様。これじゃオーディオで聴くかいないよって想いました。(面白かった『The 20/20 Experience』は続編も入手しました。)

音楽の再生環境は時代によって変わっていくだろうし、iPhoneにイヤフォン挿して聴いたときに一番良く響くようになるのも諸行無常の響き有りということかもしれませんが、寂しさもあります。ただ、生理的欲求段階でなく音楽を聴く時代になったという事は逆に言えば長く聞かれる楽曲がインスタントな歌よりつくられるインセンティヴが働くようになったという事かもしれません。実際日本でもセカオワや3代目が年を越えたヒットを出していたり、流行り歌の期間が長くなっているといますからね。

これからフィジカルはヴァイナル化していって、定額聴き放題になっていく流れは中々避けられないでしょうが、ストリーミングの進化の方向として、ハイレゾストリーミングのTIDALもいいけれど、インディミュージシャンとの出逢いを加速させる楽曲分析カスタマイズラジオサーヴィス、PANDORAが日本に上陸すれば、M3(音系・メディアミックス同人即売会)とかのリアルな実売と空中戦で、音楽シーンが豊饒になる気がしています。そうなった時は自分もPCの音環境を整備させたい。

でも今30超えるくらいの世代が、日本だと最後の音楽全盛世代のようなのはやはり淋しさもあります。まぁ当時音楽に興味なかった人は、"「音楽に興味あって当たり前」な空気"が嫌だったかもしれないし、何でも横並びでなくなったのはいいことかな、、、個人的にはTVとPCがもっと音響的に素晴らしい能力を持てば、劇的に音楽ファンが増える気はして、音楽の力は歌詞あメロディだけではなく、サウンドの質がロイヤリティを決める気がやっぱりしますね。現代版の琴棋書画、ビデオゲームやスポーツも入るかもだけれど、音楽は無くなってほしくないし、常世に在り続けるものだと信じたいものです。

追記:ストリーミングPandoraが身売りへ アップルも買い手候補に浮上だそうです。。やっぱり定額ストリーミングでは生態系は創れないのかもしれません…。
[PR]
# by wavesll | 2016-05-19 22:50 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

朝輝、夕闇、夜気

Chance The Rapper - "Coloring Book" (FULL MIXTAPE) + Free Download!


The Internet Ego Death Full Album


Julian Casablancas + The Voidz - Tyranny - Full Album


ゴスペル・ラップ、ネオソウル/R&Bと最近のトレンドはこれらジャンルのマーブルなブラックミュージックで、すっかりロックは最新モードのものではなくなったと最近想っていた。

勿論ギターロックは力を失ったわけではない。DMA'SのアルバムなんかYoutubeで聴くとOasisっぽさが響きすぎるけれど、オーディオで聴くと『Delete』など、心を揺さぶる力はロックには圧倒的にあるなと想。ただ、実験精神や先進性、モード、と言った意味ではロックは、確かに弱体化しつつある。

そんな折、急にジュリアン・カサブランカスのアルバムが聴きたくなった。
このアルバムが発売された時は、試聴だけで聴きこまなかった。ストロークスはあまり趣味ではなかったし、タナソーが書いた冗長な煽り文もイケてなかった。あとはピッチフォークも酷評。そしてジャケットの"いかついロックンローラー然"としたビジュアルが駄作感じて、聴かず嫌いだった。

ただ、今この盤を聴く。とてもいいじゃないか。これ。R&Bやhiphopのスローにもたるリズム感が馴染む体になったからかもしれないが、このスピード感が艶を出してる。
そして鏤められた、というよりつまみ食い的に表出するラジオSEやDTM的ピコピコサウンド、そしてコンゴトロニクス的な親指ピアノなど。これらが今聴くととてもしっくりくる。このアルバムは古臭い過去の重さを鳴らしているのではなく、未来を先取りしていたのか、と想う。朝日を浴びながらChance The Rapperを聴いて目覚め、夕刻にthe Internetを聴いてチルして、深夜このアルバムを聴いて騒がしさに浸ってもしっくりするような時代の端にいる感覚が鳴っている。

その上で、ビジュアル的には古典的なロックを推しだすのは、ロックへの愛情や、この音楽表現にスリリングさを取り戻すのだという意思を今、感じる。

"ロック?モードじゃないよね。今刺激的なのは違うジャンルでしょ。ロックじゃなくてもいいじゃん"みたいに、昔はロックに心酔しながら、今はロックが色褪せて聴こえている御仁にお薦めできる、モード感の効いた、しかしロックでしかありえないスカムな野蛮さやエッジの効いた魂を持つ名盤だ。
[PR]
# by wavesll | 2016-05-19 15:28 | 私信 | Trackback | Comments(0)

MIYAKE ISSEY展 Fotos @新美

c0002171_22271432.jpg
c0002171_22281234.jpg
c0002171_22282512.jpg
c0002171_22284266.jpg
c0002171_22285711.jpg
c0002171_22291971.jpg
c0002171_22293937.jpg
c0002171_2229595.jpg
c0002171_22301594.jpg
c0002171_22303933.jpg
c0002171_2231261.jpg
c0002171_22314143.jpg
c0002171_22315879.jpg
c0002171_22321734.jpg
c0002171_22323293.jpg
c0002171_22324535.jpg
c0002171_22325998.jpg
c0002171_22331656.jpg
c0002171_22332948.jpg
c0002171_22334238.jpg
c0002171_2234013.jpg
c0002171_22342113.jpg
c0002171_22344940.jpg
c0002171_22351090.jpg
c0002171_22352786.jpg
c0002171_2235445.jpg
c0002171_223628.jpg
c0002171_22361941.jpg
c0002171_22363471.jpg
c0002171_22365094.jpg
c0002171_22371063.jpg
c0002171_22372570.jpg
c0002171_22374743.jpg
c0002171_2238137.jpg
c0002171_22381378.jpg
c0002171_22383164.jpg
c0002171_22384510.jpg
c0002171_2239667.jpg
c0002171_22392792.jpg
c0002171_22394387.jpg
c0002171_2240147.jpg
c0002171_239213.jpg
c0002171_22403681.jpg
c0002171_22405224.jpg
c0002171_22411544.jpg
c0002171_2393676.jpg
c0002171_2385979.jpg
c0002171_2395261.jpg
c0002171_2241459.jpg
c0002171_2242289.jpg
c0002171_22422589.jpg
c0002171_22424614.jpg
c0002171_2243568.jpg
c0002171_22432396.jpg
c0002171_22433618.jpg
c0002171_22435270.jpg
c0002171_22441323.jpg
c0002171_22442779.jpg
c0002171_22444538.jpg
c0002171_2245020.jpg
c0002171_22451382.jpg
c0002171_23103881.jpg
c0002171_2311441.jpg
c0002171_22453775.jpg
c0002171_22455383.jpg
c0002171_2246517.jpg
c0002171_22461915.jpg
c0002171_22464833.jpg
c0002171_22463486.jpg
c0002171_2247212.jpg

[PR]
# by wavesll | 2016-05-18 22:47 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)