Lake Street Dive live@渋谷タワレコ→GROOVISIONS 5X27→エマーソン北村 live@渋谷タワレコ

渋谷タワーレコードにてLake Street Diveをみてきました。
c0002171_631388.jpg

Lake Street Dive Plays "I Want You Back" On a Boston Sidewalk

Lake Street Dive: NPR Music Tiny Desk

ソウルのある歌声、小気味いいタンバリン、ギターの人はトランペットも。そしてウッドベースが魅力的で。演奏する指に魅いられました。あっという間の楽しい時間でした。

その後青山スパイラルへ歩いてGROOVOSIONS 5X27展へ。
c0002171_6391855.jpg
c0002171_6393153.jpg
c0002171_6404394.jpg
c0002171_6405956.jpg
c0002171_6395393.jpg
c0002171_6412285.jpg
c0002171_6415647.jpg
c0002171_6421247.jpg
c0002171_6422240.jpg
c0002171_6423690.jpg
c0002171_643121.jpg
c0002171_643151.jpg

Chappieってこの人たちの作品なのかと初めて知って。自分の知ってるプロダクトのデザインも数多く手がけているのを知り感嘆しました。

中でも映像作品が良くて。透明な道路の下からみた映像図なんかは大和絵の逆で面白い。図形化された鉄道の映像作品はジュリアン・オピー展@外苑前MAHO KUBOTA GALLERYにも通じるずっとみれる感。この明るさと記号性は時代を創っているなとかこんな映像が自動生成されるアプリが出来たらヤバイなと想ったり。いいものみれました。

そして再び渋谷タワレコに戻ってエマーソン北村さんのインストアライヴを聴きました。
c0002171_6495189.jpg

帰り道の本 / エマーソン北村

エマーソン北村「ロックンロールのはじまりは」第3弾動画「スピニング・ホイール」

emerson kitamura live @ pyung2 biyori takutaku kyoto, 20120204 short.mov

初めてみる"エマソロ"。Diggin' the Carts的な感性での再発見と言うか、"こんなBGMのスーファミソフトなら名作ゲー間違いなし"というような温かみのある音がとってもよくて。

『スピニング・ホイール』のカヴァーも素晴らしかったし、アンコールまで!キーボードの打音や「へっ!」という掛け声が聞こえるくらい間近で演奏を観られる貴重な機会。すっごく好い時間を過ごせました。
[PR]
# by wavesll | 2017-01-16 06:58 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

毛玉の毛玉7 「しあわせの魔法」リリースパーティー@渋谷7th Floor

昨年度の楽曲Best3なインパクトだった『ビバ!』を創った毛玉のレコ発ライヴへ行ってきました!
c0002171_2343925.jpg

(写真はkitajimanさんのご厚意で使わせていただいております。)

毛玉 - ビバ!


オープニングアクトはhikaru yamada and the librarians .

山田光さんがラップトップと機材からエナジーのある極彩の音を奏で、Voの穴迫楓さんが北欧エレクトロニカ的な美唱を重ねる形。電話の着信音が使われたり"おっ"と想わせる音遣いなのですが"やっぱりライヴだとCDJとかより楽器演奏の方が絵になる感はあるなぁ"と想っていたら山田さんがサックスも吹いて!これがカッコよかった!

さらにMCで楽曲のサウンドは既存のアーティスト(例えば東京女子流)の音源から作ったものとのこと。おぉ!アヴァランチーズ的音づくりじゃないか!?と知るほどにどんどん好きになっていったユニットでした◎soundclud音源も素晴らしい。めっけものだったなぁ^^

そして愈々、毛玉の登場!
『船』から。最高の幕開け。フォーキーで穏やかな歌から一気に轟音が炸裂する構成が本当に好き。上野さんのギターのうなりはライヴ全編通して最高でした!露木さんのドラムもベースの石黒さんもいい仕事してたなぁ。

そして『ビバ!』

この曲は本当に私の好きなモノどんぴしゃで。
元々毛玉は1stが出たときに横浜タワレコ試聴機で聴いて「フィールドレコーディングを取り入れたチェンバーポップでいい新人バンド出てきたな」と想ったのですが、この『ビバ!』、私的2014年ベスト楽曲、森は生きている - 煙夜の夢 a,香水壜と少女 b,空虚な肖像画 c,煙夜の夢(夜が固まる前)にこれまた大好きな南米音楽の感覚が掛け合わされたかのような質感の超名曲(勿論オリジナリティにあふれてるのがまた大名曲な所以で!)。個人的には2017年の幕開けをエルメート・パスコアールと毛玉で迎えられたのがとても嬉しかったのです。

今夜はゲストに引き続きの出演となる山田光(A.Sax)さん、岸真由子(Chor.) さん、 池田若菜(Fl.) さん、 福岡宏紀(T.Sax)さんを招きフル編成!この音楽はこんな軆を持っていたのかとただただ感動しました。祝祭が此処に鳴らされていました。金管の玄妙でマッシヴな音、いい。

『船』から『プラネテス』までの円盤通りの流れから1st楽曲を交えたライヴを聴きながら『音楽の拠り代』を考えました。黒澤さんの、起伏が穏やかな歌があの好奇心をくすぐられるサウンドを召喚させるような感覚というか。『シャーマンキング』に出てくる“オーバーソウル”とでもいうか、楽器を媒介にとてつもないものを呼び起こすというか。楽器演奏の肉体性と音楽の魔法性に心動かされました。

本編ラストは観客も巻き込んでの『ダンス・ダンス・ダンス』の"らららら"コーラス。そしてアンコールは新曲も。幸せな時間でした。

そして今、帰宅し、予約特典CDで『キジバト』の弾き語りを聴くと、あのとびきり素晴らしいサウンド無しでも、歌そのもの、メロディそのものに温かい素晴らしさがあるのだなと沁みました。『ビバ!』には南米的な音を感じたけど、黒澤さんの唄にも南米の空気を感じる気がしてきた…!

師走にヘンミモリさんの個展でみたエレファントノイズカシマシといい、本当にわくわくさせられる若手のバンドが続々出てきているのが嬉しい限り。今年も色んなバンドをみていきたいです◎
[PR]
# by wavesll | 2017-01-15 00:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

演歌から日本における語り/ラップの海潮 <艶歌四人姫、JAMAAS、俵星玄蕃、キラーボール adult ver.>

2147 ♪ 北島三郎 名曲コラボメドレー ☆ 北島三郎&演歌四人姫 ◇ 160319


3304 SC ♪ 命くれない ☆ 瀬川瑛子・藤あや子・坂本冬美 ◇ 160709


3305 SC ♪ 舟唄 ☆ 八代亜紀・伍代夏子・香西かおり ◇ 160709


睦月が始まって早2週間。あっという間に2017年の1/25が過ぎてしまいました。
年末年始の音楽番組で何気に掘り出し物だったのがBSフジの艶歌四人姫。

坂本冬美、伍代夏子、藤あや子、香西かおりという演歌界を代表する"艶歌四人姫"がゲストたちと繰り広げる歌とトークの番組で。丁度3時間の総集編SPが流れたのです。

一番上に挙げた北島三郎メドレー(北の漁場→函館の女→帰ろかな→夫婦一生→風雪ながれ旅→まつり)なんか聴くと「サブちゃんRSRに出てくれねぇかなー!サンステージで『まつり』とか最高じゃん!」と想ったり、「瀬川瑛子ってこんな歌上手かったのか!?」と吃驚したり、「やっぱ八代亜紀の唄はブルーズ、沁みる」とすっかり魅了されてしまいました。

古臭い歌謡と想っていた演歌も、英米以外のワールド音楽も聴くようになるとフラットに好い音だなぁと。ヨナ抜きはやっぱり琴線に響くものがあります。

そんな演歌、韓国のトロットとの相互関係があったり、Asiaの調べとしての性質を持つこの音楽の新たな試みで、八代さんの新曲の「JAMAAS」があります。

JAMAAS(ジャマース) 真実はふたつ / 八代亜紀


これはモンゴルの英雄・革命家であるドグミド・ソソルバラム氏の歌う「JAMAAS」に日本語詩をつけたもので、モンゴルの草原で演歌コンサートを開いた様子が昨秋BS日テレで放送されてこれがまた素晴らしかった。
c0002171_22162349.jpg
原曲から追加された浪曲パートなんかも良くて。や~自分、三波春夫の「俵星玄蕃」なんか大好きなんです。

三波春夫~俵星玄蕃フルバージョン~


初詣で寒川神社にてお祓いをしてもらったのですが、その時も祝詞の詠唱が長崎・生月島のオラショと同じく"複数のラップが同時平行で謡われている!?"とかなり興味深いものがありました。念仏・声明から今ではゲスの極み乙女までの日本におけるラップ/語りの連綿たる流れの一つとして浪曲はDig甲斐がありそう。確か「エリス」でジャパニーズ・ヒップホップの連載があった筈だけど、非HIPHOPに於ける"語り歌"の文化史は自由研究してみたいなと想いました。

Gesu no kiwami Otome「Killer Ball」adult ver.

[PR]
# by wavesll | 2017-01-13 22:08 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

食品まつり a.k.a foodman Boiler Room NY X 山椒エール 第87回酒と小皿と音楽婚礼

食品まつり a.k.a foodman Boiler Room New York Live Set


c0002171_2065530.jpgJuke/Footworkの東京代表と言えばこの人、食品まつりさん。

この企画でも取り上げた
食品まつり a.k.a Foodman / "IKEIKE"に山芋の糠漬け 第70回酒と小皿と音楽婚礼
のように作品音源も素晴らしい上に、真夜中の庭@サラヴァ東京のような箱でのPLAYも素晴らしい食品さんの紐育Boiler RoomでのLive SetがYoutubeにULされて、それがまた気持ちいい音!後ろのファニーな映像もジャンクで好いし、この小躍り感というか、奇矯なのだけれどもごっさ快い音がまさに日本人によるクラブ音楽でかなり好みです。

さて、"食品まつり"という名に匹敵する飲食物を、それもこの動画には麦酒がいいなと想ったときに出てきたのがいわて蔵ビールが造っているクラフトビール、山椒エール。
一関産の山椒の実を使用して醸造したジャパニーズハーブエール山椒。ホップの代わりに一部山椒の実を使用することで、スパイシーで柑橘系の爽やかなビールになりました。
というこの逸品、山椒がね、ほんとにわかって楽しい!きんくらとかあかくらで有名ないわて蔵ビールですが、こんなジャパニーズ・トラディショナル・ビアを出してるとはw!!!

この捻り具合で食品さんの音を聴くとますます愉しいw日本のJuke/Footworkには日本のBeerが良く似合う。新年一発目、この企画始めてから3年目の音肴に上々な出だしと言えるかも。今年はこのレベルでマリアージュさせていきたい^^
[PR]
# by wavesll | 2017-01-12 20:18 | Trackback | Comments(0)

電通巨悪観(広告=悪)から一歩進んで

要旨:
・好いか悪いかのスタートラインに立つ為の宣伝は意義がある
・寧ろマスの媒体が"枠"に載せるか否かの目利きが低質だから澱みが生まれている
・"これは広告です"と"作為"を隠さず、その上で拡散したくなるものが今の"刺さるアド"ではないか


TVをみていて「最近いやに同じ事物が取り上げられてるな」とか想うことないですか?

「おぉ!コレが今熱いのか!!」というのが期待されている反応なのかもしれませんが自分は穿った人間なので「あぁ電通に金払って番組内広告してるのだな、アドか、アドw」と想ったりします。

私はマスコミのゴリ押しとかが大嫌いだし"宣伝で魅力を水増しするなんてナンセンス、良質なものが必要とされる処に届くシステムをWebが達成するのが一番いい"と想っているのですが、実は最近"宣伝の意義"を感じたりしていて。

それは実はこのBlogに立脚した話でして。天へ挑む究道者 ETV特集「曜変~陶工・魔性の輝きに挑む~」 をみてとかが、ETVで再放送されたり鑑定団で曜変天目が取り上げられてアクセス数がドカっと来たりしてることがあって。

また過去記事ってそんなにアクセス数を集めるものはないのですが、Twitterで例えば「そういやYASHIBU Vol.3でブレイク前のSuchmosみたなー」とか呟くとlink踏まれたりして。

記事があることが分かった上で"興味ない"とされるならまだしも"存在を知ってたら読んだけど、存在すら知らないから読むきっかけもない"こともあると、宣伝=悪ではないのかもしれない、と。

今でも"宣伝で商品の魅力を水増し"したり"良質なものが低品質なものに宣伝量で負ける"とかには嫌悪感がありますが、"スタートラインに立つ為の為のアド"は必要だし、そこでの擽り方を考えるのは正当な活動なのだと想いました。

広告代理店はクライアントの商品を売り込むために必死に働き、営業・宣伝は"努力"なのだと想います。では何故"広告は悪"だと想ったか。それは営業・宣伝されるプロダクトが、質の面で広告で推されてなく売れてないモノより質が低く感じるからでしょう。

実際、私も90年代にTVの音楽情報がTKプロデュースで埋め尽くされたときは"小室ウゼー"と想ってましたし、AKBなんかは最悪で、初期の頃、可愛くもないメンバーが週刊誌のグラビアを埋めたり、或いは音楽番組の"枠"を埋めたり、握手券チートでCDランキングを詰まらない曲でハッキングしたりするのは、明確に邪悪だと感じてました。

宣伝担当や営業担当が全精力でハイプを仕掛けてくるのは必要悪として、そこでメディアの人間が"質"を見抜いて自分の媒体の"枠"に載せるかどうかが最も重要で。

それは逆の意味でも大事というか、小室楽曲はいいのも多かったし、最近だと『君の名は。』をキネ旬が無視せずに年間ベストに組み入れた方が価値観の流布としても効果的だったと感じます。また私はもう坊主憎けりゃ袈裟まで憎いレベルになってますけれどもAKB系でもいい曲は良い曲なのでしょうし、N.E.5.5. / The Choice Is Yours × サイレントマジョリティなんかは面白いですしね。

すべて是々非々に"正当に質を評価する目利き"こそメディアが信頼されるポイントだとすれば、コンテンツと広告がごっちゃになるのは悪で。
そうしないと製作費が捻出できない現実の事情はありながらも、"枠が買われる"自体になると指標が指標として機能しない悪循環が起きます。

冒頭で"あーこれアドだと、アド(嗤"としたのは、広告なのに広告じゃないように装っているから。
今の時代は"自然を装った作為"を嫌いますから、寧ろ広告は<広告です!>と"作為"を主張した方が信頼されるのではとも想うのです。

私自身の中では広告の見え方は変わりましたが、広告屋が「最近の客はノリが悪い」というのは阿呆な発言だなと想うし、今の時代に"躍らせる広告"の革新が社会企業的な方向も絡んで起きたらいいなぁと想います。

今はWebで拡散が起きる時代ですから、「マス&個人メディアが取り上げたくなるプレゼンテーション」が現代の広告技術の指標になるのだろうなと想う次第です。

cf.
KIRIN「一番搾り 熊本づくり」を全国発売 売り上げ1本につき10円を熊本地震の被災地の復興支援策に活用

【イタリア地震】サイゼリヤが一部のパスタ「399円のうち100円」も寄付する赤字覚悟の復興支援を発表
[PR]
# by wavesll | 2017-01-12 01:57 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

地球生物の知性から未知の精神活動を想像する:<モーガン・フリーマン 時空を超えて>

最近一番楽しみな番組、モーガン・フリーマン 時空を超えて。

今回は色々な地球生物の"知性"から未知の知的生命体、つまり宇宙人の知性の形が想像されていました。
c0002171_1925842.jpg


1. 脳を持たない植物の知性。
コンスエロ・デ・モラエスとマーク・メスカーという二人の研究者によると、アメリカネナシカズラという他の植物に寄生植物は根もなく光合成もせずに、宿主から栄養を奪います。そして宿主が健康かどうかをなんと"匂い"で検知するのです。

植物は匂いによって情報交換をしています。例えばダイズは芋虫が葉を食べにやってくると蜂を引き付ける物質を放出し、蜂の助けを借りて芋虫を駆除します。そして周囲の植物もSOS信号を感知し物質を放出します。

2. 意識は感覚入力と身体運動から。ヒトの知覚の拡大
意識が五感の相互統合作用だとすると、感覚のベクトルが増えたら…?
認知科学者サスキア・ネーゲルの実験によると、方位磁石ベルトによって"北"で振動を感じるようにする訓練を6週間積んだ被験者は、ベルトの振動に頼らずに北を認知するようになるそうです。感覚は拡大・成長できるという実験により、未知の知的生命体はヒトの五感とは異なる感覚を基にした精神活動を行っている可能性があるのです。

3. 蟻の"超個体"における社会構造
宇宙人は脳の神経細胞の結合が"個人"を超えている可能性があります。
ナイジェル・フランクスによると蟻は集団になると"超個体"を形成します。小さく知的でない個体が集合すると、巨大な知的生命体となるのです。蟻のコロニー全体が一つの脳の様な構造物となり、その中で情報交換をしているのです。

一匹の蟻は限られた指示に従って行動しているのですが、超個体全体としては高度な問題解決や価値判断、効率的な行動を行えるそうです。蟻によっては個々の個体は細胞の様なもので、社会全体が重要だと。

そしてコンピューター科学者ジェームズ・マーシャルによると蟻のコロニーの意思決定モデルをコンピューター解析すると、なんと霊長類の意思決定モデルと極めて似ているそうです。蟻のコロニーと、霊長類の個体の脳の意思決定は似ていると。
となると、蟻のコロニー全体としては"精神"があるのでしょうか?

蟻のコロニーは目の前の事しかできず、自己認識と想像力がない点が人間の"意識"と異なるそうです。

4. ヒトの同じく自己認識する脳を持った地球生物・タコ
蛸は無脊椎動物ですが、哺乳類に匹敵する思考能力を持っています。考えが深く利口で計算深くさえ見えるそうです。知性を持つ宇宙生命体に最も近い地球生物はタコだというデヴィッド・エデルマンは言います。火星人モデルは正しかったのかw

タコには複数の脳があります。五億の神経細胞のうち半数は腕にあり、蛸の腕は小さな脳を備え、これら複数の脳がコンピュータの分散処理システムのように働きます。タコの腕から頭脳へデータが送られる。しかも蛸の腕は本体から切り落とされても独立した生物のように動けるという。興味深い。

タコの眼は脊椎動物の眼に形が似ていて機能も似ているように、脳も脊椎動物レベルに働いているそう。

例えばバーンズ迷路というラット向けの"学習・視覚のナビゲーション能力"のテストを蛸に使った実験。
18個の穴の一つだけに逃げ場所の海水を入れ、その上だけに十字マークを書いておきます。

そのテストに慣らした上で十字マークをズラすと、タコはもう海水はないのにその穴へ来るそうです。つまり視覚による学習がタコにあるということです。

タコに意識はあるのか、自己認識や"世界"はあるのか?
人間は常に言葉でモノを考えますが、視覚による思考というものがあったら、ノンバ―バルな"意識"があるのかもしれません。

5. 言語の進化
しかしまずは未知の宇宙人と意思疎通するために、地球における"言語"を考える必要があります。

伝言ゲームによる文章の変化は、"参加者の脳が文章を改変した"といえ、その改変こそが言語の文化的進化と実験したサイモン・カービーは言います。

奇妙な名前を付けた"宇宙の果物"の名を被験者に覚えさせ、覚えていることを次の被験者に伝えさせます。
最初の名前は全く覚えられないものだったのに、伝言ゲームによる改変が行われていくうちに、一度聞くだけで覚えやすいものに"進化"していきました。

このように"言語は世代を経るごとに分かりやすくなっていく"というモデルが正しければ、宇宙人の言語は分かりやすいものに洗練されている、と推測できるかも、といえます。番組では現在マイク・ドゥズムラが研究しているテレパシー技術に関しても取り上げられていました。

しかしそうした"文化的進化"が"生物的には退化"を招くこともある、と言う科学者は言います。今後私たちは文化的には賢くなっても生物的には愚かになるかもしれません。

そうしたときに旧来は手間だと考えられた"生の手応え"こそが人間にとっての最大の愉しみになるかもしれません。

6. 思考と感情は表裏一体
知性が優れた氷の様に冷静な宇宙人像がSFには出てきますが、"言語や記憶、理性的な思考さえも全て感情に依存している"そうです。

感情と理性は全く別のモノとされ、動物的本能と理性は異なる、とギリシアの昔から言われていますが、感情と理性は切り離せないとリサ・バレットは言います。

感情の基本にある状態、コア・アフェクトを本人が気づかない内に変えることが出来るのです。二つの画像を同時に見せて、潜在的に意識された知覚が意識された"美しさ"が変わることを実験したのです。つまり"情報を受け取るスタンス"は無意識的・感情的な影響を大きく受ける、と。

"宇宙人の知性"というフックから、ヒトの精神活動のありようが検証された面白い回でした。次回13日のテーマは「“生殖”は変化するのか?」、これもまた楽しみです。
[PR]
# by wavesll | 2017-01-11 19:26 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

電線の帆

c0002171_1832356.jpg

[PR]
# by wavesll | 2017-01-10 18:32 | 街角 | Trackback | Comments(0)

篠山紀信 / 快楽の館 at 原美術館 "ここにいた/今はいない" 裸身の幽体

振り袖を横目に原美術館で行われていた篠山紀信 / 快楽の館女性の裸を視て来ました。

c0002171_23225291.jpg

原美にて撮影された写真をその場所で鑑賞するというコンセプトが面白い。

ヌード・グラビアに雑誌や写真集だけでなく美術館というのは面白い発表の場ですね。山口晃や井上雄彦の美術館での漫画作品なども繋がって境界を跨ぐ面白い表現の形態でいいなと。

壇蜜やAV女優達のヌードはバカエロな明性の快楽を顕わした写真もあれば不安や慄きの淫靡さのある一葉も在ったり。

女性の裸身、これほど芸術で取り上げられ、そして欲望が向けられるモチーフもないでしょう。

篠山紀信が撮った裸体群像は会田さんとも繋がるようで異質な“目”があって。或いはクラーナハのS字な未成熟な小悪魔とも、ルノワールの豊満な裸体とも異なって。ヌード写真は"実在する女性の肉体"というのが大きな意味を持っているのだなと想いました。

実際、スタッフの方に「最近の週刊誌のグラビアは修正していると聞きますが体形のレタッチなんかはしているのですか?」と思い切って聞くと、「肌のシミなどの修正はあるかもしれませんが体形の修正はしていません」とのこと。このリアルな身体の実写、しかし"みられるプロの裸身"というのが興味深くみれました。

それこそ整形だとかなんだとかあるかもしれないし、演出や演技もあって"何をもってReal/本物とするか"というのはあります。実際いくつかの写真は同じ場所から角度を変えて撮った写真を接ぎ、同じ女性が一葉の写真に多数出現したり。そうしたRealとFictionの境が曖昧になる處に文学性を感じました。「快楽の館」という題名は仏文学から採ったそうですが、変態性の色香がライトに明るいトーンで表現されてました。

ほとんどは女の人のヌードだったけれど一室だけあった新日本プロレスのオカダ・カズチカのヌードはガチムチでゴツかったw

"実際に撮った場所で写真を見る"というのは"ここにいた/今はいない"という体験でもあって。裸身の幽霊が館を蠢くような気にもなる面白い鑑賞体験でした。『サンタフェ』みたくなったなー。

c0002171_23502486.jpg
c0002171_23503768.jpg

[PR]
# by wavesll | 2017-01-10 00:02 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

Helmeto Pascoal E Grupo Live at WWW X

c0002171_10273159.jpg

渋谷WWW Xで楽聖エルメート・パスコアールのライヴみてきました!超々良かった!

サンパウロを中心に活動するドイツ・ケルン出身のトラックメイカー/DJ, Thomashの客入れ時のDJからしてハイレベルで気持ちを上げてくれて。祭(パスコアール)の準備の楽しさというか、この時間が永遠に続けばいいのにというような常春具合!そしてパスコアール・グルーポがこれまた凄腕!
最高のクラブ音楽というか、ブラジリアン・ジャズの一番気持ちいい艶がでていて。ポリリズムの奔流が明るく爽快な溌溂さで開放されていて。

エルメートのキーボード(ヤマハDX7)もぐわっと惹き付けられました!電子プログレの頃のジスモンチみたいでもあり。生涯で一番好きなBaião Malandroのあのティルティルした音の正体がトリアングロ(トライアングル)の連打な事を知ったのは最大の収穫かも。
パーカスの人超絶にヤバいなと思ったらパスコアールとコールされて。息子のファビオさんだとか。サックスの人もベースの人もドラムスの人も、ピアノの人も技が凄い!Academia De Dançasってこんな感じなのかなぁと想いを馳せました。

またエルメートが飛び道具的にヤカンや豚笛といった特殊楽器ソロするの、マッドサイエンティストの博士が自分が開発した秘密兵器を出してくるっぽくてすげーツボでw
特にヤカンはディジュリドゥぽく歌い吹いたりめっさアヴァンギャルド!水入れて吹いた時はペルーの古代楽器にも似た始原の感覚を感じました。最後の捌けはバンドのみなが豚のブーブー言う人形で音楽を鳴らして。にっかにかしてしまいました◎
このシズル感はライヴならでは!ハイレベルのその先の実験性も鳴らされて、伯剌西爾の楽団に求める最上の音でした。

ケペルさん達を交えての合奏を挟んだり、アンコールではエルメートが"この場で得たエナジーを表現"とピアノソロからバンド演奏へ行ったり充実の2時間のAO VIVO!!
これ最高のクラブミュージックだなと想ってたら、終演後もThomashが鳴らしてくれて。そしたら皆そう思ってたのか踊る踊る!最高に楽しいエピローグでした。音が止まったのは22時半頃。

WWW Xは初めてだったのですが、階段は面倒かったけど音とても良かった!新春からいい機運を味わえました^^

エルメート・パスコアール(キーボード、ヤカン、豚笛、角笛)
イチベレー・ヅァルギ(ベース、パーカッション)
アンドレー・マルケス(ピアノ、フルート、パーカッション)
ジョタ・ペ(サックス、フルート)
ファビオ・パスコアル(パーカッション)
アジュリナン・ヅァルギ(ドラム、パーカッション)


c0002171_10515077.jpg

[PR]
# by wavesll | 2017-01-09 11:01 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

柳幸典 / Wondering Position at BankART Studio 生命と物語、憑喪神としてのGodzilla

馬車道BankARTStudioに柳 幸典「ワンダリング・ポジション」を観に行きました。

c0002171_2214185.jpg


c0002171_22145740.jpg
c0002171_2215592.jpg
c0002171_22151362.jpg
c0002171_22152195.jpg
c0002171_22163485.jpg
c0002171_22164123.jpg
c0002171_22164981.jpg
c0002171_22165815.jpg
c0002171_22175119.jpg
c0002171_2218029.jpg
c0002171_2232205.jpg
c0002171_22181292.jpg
c0002171_22182055.jpg
c0002171_22184759.jpg
c0002171_22185624.jpg
c0002171_2219395.jpg
c0002171_22191189.jpg
c0002171_2219399.jpg
c0002171_22195280.jpg
c0002171_22195998.jpg
c0002171_22202587.jpg
c0002171_22212376.jpg
c0002171_22213072.jpg
c0002171_22213781.jpg
c0002171_22214613.jpg
c0002171_22223958.jpg
c0002171_22224656.jpg
c0002171_22225836.jpg
c0002171_2223685.jpg
c0002171_22242392.jpg
c0002171_22243482.jpg
c0002171_22244192.jpg
c0002171_22244914.jpg
c0002171_22282892.jpg
c0002171_2228378.jpg
c0002171_22284464.jpg
c0002171_22285130.jpg
c0002171_22461013.jpg
c0002171_2246337.jpg
c0002171_22293745.jpg
c0002171_22294430.jpg
c0002171_22295326.jpg
c0002171_2230112.jpg
c0002171_2231841.jpg
c0002171_22311617.jpg
c0002171_22372654.jpg
c0002171_13295512.jpg


ハムスターの歯車に翻弄される戦車:Project Red White and Blueには"人間は無意味な回転はシシフォスのような徒労を感じるけれどもハムスターや軍産複合体はテロメアのない癌細胞のように走り続ける"と想ったり、蟻が国旗に巣孔を貫通させるAnt Farm Projectには"蟻には国境はないけれど、それぞれの生息域を越境したら外来種にもなるよな"と想ったり。

そして最後、震災の放射能土砂と瓦礫に憑いたゴジラ:Project God-zilla。付喪神としてモノに宿る神霊への畏れ、災害≒ゴジラという視点にはシン・ゴジラへの想いも。

鏡を使った太陽の通路型作品やウルトラマンが集まって日の丸を形成する作品、フンコロガシから着想を得た巨大土球も。これだけポリティカルな批評性のある作品を展示できることがメタ的にこの国の自由さを示しているとも感じました。

生物と人工物、そして虚構と政治、物語を横断する見応えの有る展覧会、みれて嬉しかった。
[PR]
# by wavesll | 2017-01-07 22:32 | 私信 | Trackback | Comments(0)