表現の魔法χ方程式

大学5年の時に俺は『クリエイティヴの鍵は、直角に交わるベクトル科学物質ケミストらせて化合することだ』という論を発表した  

これは非常に有効だったし、以後の俺の生活にとっても役立ってくれた。
ここに、この論の先を画きたい。

<<<『化合』は『単純なベクトルの和』に非ず!>>>

<ゲシュタルト>という単語がある。認知言語学用語で言う『部分の合計が単純な総和deない事』を指す言葉だ。

(^^)という顔文字を例にとりたい。これらは(+^+^+)だが。(や^単体と、全体では『意味/認知される表現』が全く異なる。つまり過酸化水素水と二酸化マンガンの単純な総和は、酸素とはならないはずなんだ。間違いなくここに『新たな価値が生まれている』。

Michael Jackson - Black Or White
小沢健二 さよならなんて云えないよ

Dragon Ash /Life Goes On
Fun Factory-I Wanna Be With U

これらは、旋律に関してはほっとんど同じと言うか、イう人がイうなら<パクリ>レベルだろ。B'zなんかも洋楽の大ネタを朴ってる。

でも、これらを<オマージュ>や<サンプリング>、<マッシュアップ>ということもできるんじゃないか?少なくとも『渋谷系』や『HIPHOP』、{クラブミュージック}では認められた表現形式だ。

さらにPUFFYの楽曲は奥田民夫が全力をかけてつくった『ビートルズっぽい歌』だしボニーとクライドは今夜も夢中 / 毛皮のマリーズは『いかにもグラムロックな歌』だ。

よくCREATIONとは0から1をつくることだ』というけれど、この星で暮らせば、感覚から生まれた記憶があって、それを原材料としてみな藝をつくってるわけ。つまり『0』なんてそもそもありえねーんだや、蓆。

<自分の環境からARTを創る>というならその<環境>の中に<人工物もあるはず>で、それを利用するのもオリジナリティーの一つだと認められてきてるんだ。前世紀末あたりから。

また、別の話として<カヴァー>という表現形式もある。こいつも<創造的なカヴァー>というのもある。

【スピッツ/椎名林檎】  ス ピ カ  【聞き比べ】

<解釈>というのも<一つの表現>として認められてる。こいつはクラシックやジャズの世界では当り前の事実だ。今現在では表現は多様化してるんだ。

でも、それでも、頑なに『0から1を求める奴』が存在する。スヌーザーのタナソウみたいな音楽KTGIがw

そーいう奴を屈服させる為には、<自分で変動する領域を増幅する><そいつにとって全く知らない音楽を鳴らさなければならない>。つまり、<そいつが知らない元ネタをsoituga考え付かないC!してそいつが知らない理論で表現する>のがHurdleなんだ。

その<変動>は、藝術方程式を因数分解で複数のベクトルに解体し、それぞれを<拡大(進化)/縮小(退化)>・<回転(スピン)>させるというものだ。

俺が目指したいのは<失われた古代都市>。オーパーツ的な未来のLOSTテクノロジーで形声された星の浮遊都市が、自然によって浸食された、天空の街城ラピュタのような音楽をやりたいんだ。これから音楽に手を出すとしたら。

それは<この星の民の新たな民族音楽>といえるだろ

つまるところ、物真似で終わるか原野を切り開くかという話だよな


B'z - SUPER LOVE SONG

もたもたしすぎて またもや季節が終わる
一度でいいから 歌ってみたいんだ
SUPER LOVE SONG
論争が終わり 善悪の概念も消える
思わず君が震えてしまうような
SUPER LOVE SONG

ダメとイヤばっか ぶつけあうため
僕ら出逢うわけじゃないよ
つぶしあい・・・なんて時代遅れ

相乗効果でヨクなろう
同じベクトル持った僕ら無敵
状況変化に戸惑わん
ぶっとい根っこでギュッとつながってる
ばらまいてよGood News

わかり合いたいなどとたやすく言わないよ
SUPER LOVE SONG
いつか君に誉められ強くなれた
なによりそれが大事なことなんだ
SUPER LOVE SONG

でっかい理想謳うのもいい
でも君が泣いてるのなら
どんな夢も足もとからぐらつく

相乗効果でヨクなろう
同じベクトル持った僕ら無敵
状況変化に戸惑わん
ぶっとい根っこでギュッとつながってる
紛争なんかいらないよ
君と僕との間にいまさら
冷戦なんかもアホらしい
見栄を張りあったってキリがない
もう知ってるだろう

愛なら衝突することはないし
増えも減りもしない
静かにそこにあって動かない
人はただそれを見つければいい

相乗効果でヨクなろう
同じベクトル持った僕ら無敵
状況変化に戸惑わん
ぶっとい根っこでギュッとつながってる
狂信的な正義が
道行く人々を脅しまくる
そんな行為は粋じゃない
さりげないやりとりで共鳴しよう
ばらまいてよGood News
by wavesll | 2011-01-02 06:54 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/15703091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 表現の魔法ζ方程式 画き初め1X1 >>