Freemium⇒Basic Income X 人間活動

Spangle call Lilli line / dreamer


今日は昼過ぎまで寝ていて、その後はTVをぼーっと眺めるという贅沢な時間の費やし方ができた。

ぐっすり休む日って大事だと想。

好きなことだけ出来ねーかなーとかって思ったりとか時々するけど、実際、今の日本ってかなり好きなことができるSYSTEMになってると想。金にあまり頼らないでもできる、色々。

飲料品とかは西友やイオンで買えばかなり安いし、ユニクロで服買えば高品質品をお手頃価格で買える。レンタルビデオはGEOすれば120円だし。音楽なんかはほっとんどYoutube化されている。

FREEMIUMという形でのサーヴィス提供もある。例えばmixi、普通に使う分には金かからないけど、mixiプレミアムに加入すればメッセージ保存とか、写真の容量とかでさらなるサーヴィスを受けられる。モバゲーとかの無料ゲームも結局はフリーミアムというモデルでビジネスをしてる。

Freemiumを成り立たせているのは広告だ。最初の0円スタート時は広告収入で成り立たせるようにしてるんだ。サーバー代と人件費くらいしか固定費がかからないNETならではのビジネスモデルともいえるけど、TVやR25などをみると、他の業種でも可能な生業のカタチなのかもしれない。

もしかしたら、社会がFreemium化されると、BasicIncomeが射程に入ってくるかもしれない。 

つまり、現金給付と言う形でなく、基礎部分、生きていくための必要条件部分はFreeだけれども、それ以上の効用を得ようと想ったら金を稼がなければならない。つまり何にもしなくても飢えないけど、それでは<普通に金を稼いでる奴ら>との間にかなりの生活格差があるから働くインセンティヴが発生するという社会設計が、成り立つ未来がやってくるかもしれない。

そしてそれを支えるのは人々の<よりよい生活を享受したい>という希望と、その欲望を煽る広告MEDIAという形になるのかもしれないなと想った。

話はズレルけど、日本ってでも現状でも<かなりの部分Freemium化してきてる>。生きていく為に最低限必要な保障って、たぶん大都会以外の地域ならばかなりあるはず。それでも大都会に人が集まるっていうのは、単純に仕事が都会にしかないってこともあるんだろうけど、やっぱり人は慾を持った動物だという自然の摂理なんだろう。

でも、一方で日本ってあまりにも親切設計にすぎて、或る意味<なんもしなくても大丈夫すぎる>のかもしれない。なんでもかんでも手とり足とり誰かしらのサーヴィスPPLがやってくれる。これでは宇多田ヒカルのいう<人間活動>ができていないのではないかな?

そもそも<勝てるかどうかわからないけど乗り越えなくてはならない勝負=通過儀礼>さえ済んでない準社会人すら、多数存在してしまうのかもしれない。昔は女の裸見ようと想ったら必死で格好いい魅力を放って女口説いてどーにかしないといけなかったけど、今はなんもしなくても性欲を満足させるTOOLがそこかしこにあって、<必要LEVEL>は満たされてしまう。

どこかに<本気で挑戦したい、しなきゃならないけど、勝てるかどうかわからないクソゲー>が存在しないと、この星は面白くないかもな。


dreamer (Other Arrange Ver.) - Spangle call Lilli line
sunday morning コーヒーが こぼれた音
今 ふわり ふわり
early calling 声が 伝えた事
空 くもり くもり

曖昧な 夢の中
目を閉じる 少し 風を待って

dreamer, dreamer そっと運んでください
君去りし街の 海が見える丘へ
dreamer, dreamer ずっと集めてた想い
キラキラ キラキラ

sunday morning 彼方 漏れた陽射しが
ゆらり ゆらり
early calling わずか 聞こえた気がした
you love me, you love me

upside down 胸の奥
まだ残る メモリー 数え終わって

dreamer, dreamer そっと運んでください
君去りし日々の 消えてゆく想いへ
dreamer, dreamer ずっと集めてた光
キラキラ キラキラ
by wavesll | 2011-01-16 22:33 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/15776317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 風邪で吐いちゃった>< REALを超えて >>