「ほっ」と。キャンペーン

Youtube Jazz回遊 On green dolphin street

Chick Corea Akoustic BandのOn green dolphin streetが良かったので、この曲を様々な人が演奏しているYoutube動画を集めてみました。

1947年ヴィクター・サヴィル監督映画『大地は怒る(Green Dolphin Street)』のテーマ曲。映画のために一般から求めた懸賞小説で、エリザベス・ガッジという女性が栄冠を射止めた。ニュージーランドを舞台に、津波や地震のスペクタクルが繰り広げられる中、イギリスの元海兵を愛した姉妹の葛藤を描いた物語。邦題の「大地は怒る」は、その地震のシーンが凄まじくて、ストーリーよりもそちらが売りになったかららしい。同年アカデミー特殊効果賞を得ている。


Chick Corea Akoustic Band

このピアノ、ベース、ドラムで奏でられる音の温度が好きだ。健やかに昂れる。

John Coltrane: On Green Dolphin Street

コルトレーンの音楽って日本人の琴線に触れるものがある。一般的なジャズのイメージってこんな感じじゃないかな。

Miles Davis - On Green Dolphin street

演奏に個性が溢れまくってる。この音を聞くとマイルスだって分かる。何とも言えない艶があるな、この演奏には。

SARAH VAUGHAN - On Green Dolphin Street

サラヴォーン節全開。この人のスキャットはずっと聞いていたい。

Hank Jones - On Green Dolphin Street

途中からインタビューが入ってしまうが、こんなライヴをブルーノート東京でみれたら最高。もう逝ってしまわれたが。

Herbie Hancock - On Green Dolphin Street (Take 3 Alternate)

深い都会の夜を思わせる静謐な演奏。Dopeだ。

Bill Evans Trio - On Green Dolphin Street - The Tokyo Concert

最後はビルエヴァンス。最近この人の繊細な音にすっかりはまってしまっている。この透明感は稀有な存在。

お気に入りの演奏はありましたか?伝説級ジャズメンはどのプレイヤーもその人にしか出せない音があって聴きごたえあるよね。インストはPCで聞くよりサウンドシステムで聞いたほうが感銘を受けるし、レコードにはレコードの味はあるしで、聞き込み甲斐があるのもジャズを聴く楽しみの一つだね。
[PR]
by wavesll | 2013-02-03 00:39 | 小ネタ | Comments(0)
<< VANISHING POINT 金閣寺読了 >>