フラッシュバックメモリーズ3D

渋谷で映画『フラッシュバックメモリーズ3D』をみてきました。

アボリジニの民族楽器ディジュリデュー奏者、GOMA、彼は交通事故で脳に損傷を受け、記憶をなくしてしまう。そこから復活するまでのドキュメンタリー作品。見どころは過去の映像をバックに現在のライヴ映像が3Dで飛び出してくるところ。

ということで見に行ったのですが、想像と違って面喰いました。ほとんど全編ライヴ映像で、そこに文字や普段の風景の映像を挟む構成。個人的に予想してたのはもっとドラマ部分が多い構成だったので、意外でした。

その分GOMAさんが復活したことを音が雄弁に語ります。
頂 ITADAKI 2011 GOMA復活ライブ!!
をみればわかりますが、彼のバンドの音はダンス向きの音で、映画館で椅子に座りながらちょっと体を揺らしてました。ほんとは立って踊りたかったw

ことさら感動を煽る形式にしなかったおかげでGOMAさんの実直な人柄がすっと入ってくるようになっていたと思います。「家族を守ることが生きる原動力だ」「神様、この記憶だけはなくさないでください」という言葉は、胸に響きました。

今自分はヘルパー2級の勉強をしているのですが、障害を負った人がそれでも前向きに生きていくという観点でも見れる映画で、周りのサポートとか、そこら辺を描いてくれても良かったんじゃないかというのはあったかな。

GOMAさんを知ったのは今はもう更新停止になってしまったアート系ニュースサイトpingmagで紹介されていた代々木公園でのフェス。そこには行けなかったんですが、リンクされていたyoutubeの動画になんか新しいものを感じた覚えがあります。大学の頃はワールド音楽にはまってたしね。

その後事故にあったという話を風の便りで聴いて、ある時青山で絵の個展をやるという話を見て見に行ったことがあります。映画の中でも触れているのですがGOMAさんは事故後、それまで書いたこともなかった絵をかきまくり始めるという行動に出ます。その絵をギャラリーで見たのですが、それはオーストラリアで見たアボリジニアートそのものでした。本当に体の髄にアボリジニのスピリットがしみ込んでいるんだな、記憶をなくしても体が覚えているんだなと思いました。そこら辺の説明も映画の中では省かれていて、全体的にプレーンな味付けでしたね。

次はぜひライヴ会場でこの人のグルーヴで踊りたい、そして俺も一日を生き抜こう。そう思える映画でした。
by wavesll | 2013-02-19 06:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/19297533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< レミゼラブルとメランコリアにみ... MEDIA AMBITION ... >>