今週の一曲 Marco Bosco - Frangmentos da Casa

c0002171_15151814.jpg Marco Bosco - Fragmentos da Casa (Álbum Completo 1986)

twitterでEgberto Gismontiと検索していたらジスモンチのレーベルCarmoからリリースされたこのレコードの販売ページが引っ掛かり、Youtubeでどれか一曲でも聴けないかなと思っていたらなんと丸ごと上がっていました。いい時代ですね。

90年代に東京に移り住んで活動していたこともあって日本のブラジル音楽愛好家の間では馴染みの深い打楽器奏者Marco Bosco。ジスモンチのプライベートレーベルCarmoに残した最も実験的な86年の2ndアルバムがこちら。ビリンバウや打楽器もろもろに加えて電子楽器各種を大胆に取り入れ、ブラジル原生音楽を新たな解釈で再構築。土着リズムと電子音のスリリングなせめぎ合いから穏やかな霊性描写へと脳内旅情まんてんの展開をみせる三部構成のサウンドスケープ『Fragmentos』、深遠な音響空間にビリンバウの滋味深い倍音がこだまする『Sol Da Manha』などなど、 土着と洗練の端境へと誘う霊性ブラジル音楽名盤。


とのことですが、いいですね。私はビリンバウの響き、リズムが大好物なので、ビリンバウが入った実験的音楽というだけで嬉しくなってしまいました。

Carmoから出ているだけあって、どこかジスモンチのブラジルEMI期の作品群を思い起こさせる音像でありながら、きちんとオリジナルというところがとても良かった。密林の自然音、赤ん坊の声、ピアノの調べ、パーカッション、そしてそれらを抱合するブラジルという感性。

ジスモンチ好きの人には、ぜひ勧めたいアルバムです。CDは出てないようですが、iTMSで買えるようです。
by wavesll | 2013-07-29 15:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/20561237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Skinny Listerイン... ふゅらふゅら雑誌探訪 第0回 ... >>