Voy a Hokkaido 14-17 葉月 H25

c0002171_18183667.jpg


14日から17日迄北海道へ行っていました。

日程は
14日夕方に3人で新千歳着、レンタカーで稚内へ
15日早朝にフェリーで利尻へ。着いた時点で2人と別れ、島散策後昼の便で礼文、この旅の主目的である桃岩荘へ
16日早朝にフェリーで稚内へ。そして3人でレンタカーで札幌へ。
17日朝の便で羽田へ

半分は移動という強行日程だったのですが、私がどうしても礼文へ行きたいというわがままを通したため、連れの二人には無理させてしまいました。

14日の17:30頃新千歳へ着き、いろはすハスカップ味(なんかガムみたいな味だった)を飲みながらニコニコレンタカーへ向かい、18:00から北へ向かいました。

北海道はあいにくの天気でしたが、なんと気温が23℃!湿気はあるけど、北国へ来た甲斐があったw

がんがんに上も下も飛ばして、途中日本最北のSAという砂川SAで旭川魚介醤油らーめん(ホタテ2個入り、あとわかめとか。そこそこ美味い)食べて、稚内のホテルへ着いたのは0時回ってました。

翌日、フェリーターミナルへ行く途中大雨に降られながら、利尻へ。

c0002171_1834246.jpg利尻の船着場では太鼓で迎えてくれました。

島の港側は晴れていて、緑が美しかった。

c0002171_18445134.jpg

上は風が物凄かったペシ岬へ上り、靴下を探して商店街を歩くうち、旅のめしとのれんが揺れてる怪しい店を発見。

c0002171_18434119.jpg
ライダースハウスか!北海道サイクル部で回った時は泊まったなぁ、ライハ。後で行こう。

c0002171_18193691.jpg
で、港のさとう食堂でうに丼!エゾバフンウニのメスの赤い奴!美味い!
利尻島の利尻昆布を食べるウニは美味くて有名なんです。定食で3500円なり。うに丼のみおかわりで2800円っていわれたけど買わなかったw

その後さっきのライダースハウスによってちょっと飯食べながらマスターと話して、慶応の後輩が昨日泊まって利尻富士に登ってるって話を聴いたり、夕陽丘展望台へ登ったり、ソフトクリーム屋の娘と話して時間潰して、13:00の便で礼文へ!

白い恋人のパッケージにもなってる利尻山は天気悪くてみれなかったのが残念だったから、また行きたいな、利尻。

そして礼文の港ででかい旗を振っているのが、この旅の目的である桃岩荘のスタッフだw!

桃岩荘ユースホステルは、以前屋久島のユースに泊まった時、「礼文には日本三大馬鹿ユースホステルがある」と聞いて以来、ずっといきたかったYHで、かなり期待してたんですが、期待以上でした。

船の中で出会った女の子に「桃岩荘は好きになる人はどっぷりはまるし嫌いな人は二度と来たくないところ」と言われるところからスタート。

そして出ていくフェリーを桃岩荘のスタッフと泊り客が踊りと歌と「いってらっしゃーい/またこいよー!」の叫びで舟影が見えなくなるまで見送り。ヘルパー(スタッフ)のテンションがやばいw裸足だしwここらへんでちょっと俺引いてたw

そして客がリピーター率が高すぎる!なんか桃岩ネームなるものもついてるし、どんどんYAVAい匂いがw

宿まで港から送ってくれるのはブルーサンダーマウンテン号エースという名の軽トラw

宿までの途中、トンネルを通るのですが、その名は桃岩タイムトンネルらしいwその先は日本で唯一時差がある地域で、30分進んだ「桃岩時間」が流れているらしい!

ヘルパーが「このトンネルに知性・教養・羞恥心を捨てましょう!」やー、凄いね。

そしてYHに入る時にみんなで大声で「ただいまー」というと楽器を持った大人数が「おかえりなさーい!」
これは後々私もやりました。

c0002171_19195911.jpg
色々泊り客に聴くと、みな2連泊以上して「愛とロマンスの8時間コース」なるトレッキングに参加するらしい。今回は一泊しかしないので、かなり他の人から「なんでー!?」って言われたw

今夜は夏祭りらしく、普段やるミーティングなるものが外で開かれるらしい。

ちょっと島を散策した後、風呂に入って、8時間コースやフェリーから来た人を出迎えて、夕食食べて、夏祭りへ。

普段桃岩荘はアルコールNGなんだけど、この日は「泡の出る飲み物」が提供されました。200円!良心的な価格だ。

仲良くなった女の子と話したり、焼きそば食べたり、綿あめ食べたりしながら「青年の主張」を聴く。

ここ、2か月連泊してる人だとか、今年中に何回も来てる人だとか、長年来てる人とか、常連がかなり多い。

だから、ヘルパーの歌に合わせてのダンスのフリだったりだとか、「今年の歌」とかも歌えるんだなー。最後は五つの赤い風船の『遠い世界へ』で〆。

こういう、コミューンというか、共同体的なものって、時代の流れもあって減少してるんだと思うんだけど、そういうものを求める層も一定層いて、こういう場と伝統が続いていくんだなーと思いました。

外部から見ると気持ち悪いが内部にいれば楽しいっていう共同体の磁場って、観光で来る分には愉しいよなぁ。あんまり嵌っちゃうとASHになっちゃうかもしれないけど。

c0002171_18202818.jpg
翌日、8時間コースへ行くみなを送ったあと、私も朝一の0便で礼文を発ちました。港で送ってもらうと感慨深いなぁ。一日もいなかったけど、濃すぎる時間だったw

その後稚内までライダーと話して、2人と合流して、宗谷岬へ行って、美瑛へ寄って、すすきののだるまでジンギスカン食べて(コレ、まじ美味かった!)、帰ってきました。

Air-GではRSRやら、アヴァンティのシミュラークルがやってて、結構車中も面白かったです。あんま電波入らなかったけど。

こっちかえって来たら暑すぎ!その癖コンビニで秋の麦酒売ってるし!
と思ったけど、夕の風は、秋の気配を感じますね。いい夏だった。今年も。

また来よう。利尻・礼文。
by wavesll | 2013-08-20 19:17 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/20643803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 宮崎駿『風立ちぬ』他者との関わ... SUMMER SONIC 20... >>