Cambodia travel in February 2014 Day2 Banteay Srei - Night Market

Day1 Departure - Ankor Wat
Day1 Lunch - Ankor Tom - Sunset at Ankor Wat - Dinner Show
Day2 Sunrise at Ankor Wat - Prasat Kravan - Sura Slang - Ta Prohm
c0002171_2027545.jpg

c0002171_20283261.jpg午後の観光は"東洋のモナリザ"を観にバンテアイ・スレイへ。シェムリアップから大体1時間田舎道を進む。カンボジアの道はラテライトが砕けた砂なのか赤土である。バラックみたいな小屋で売店がポツリポツリと並んでいる。それら売店ではペットボトルでガソリンを売っている。なんと水が混じっている者もあるらしい。カンボジアは逞しい。

田舎の建物は高床式住宅となっていて、危険な虫や蛇なんかから身を守るようになっていた。
車中でコサールさんからカンボジアの四方山話を聴いた。カンボジアでは20代前半に結婚し、結婚式は2日にわたって行われるらしい。またタイの傍というのもあるのかゲイレズも多いらしい。田舎では多くの子を育てるが、プノンペンなど都市部では夫婦は2人くらいの子供を育てるという。カンボジアはバイクで2人のりするカップルが多くて、若い国だなぁと非常に感じた。

c0002171_20432741.jpgバンテアイ・スレイに到着。コメが栽培されていた。赤土とのコントラストもあるけれども、水田の緑が鮮やかで濃い。此処カンボジアでは年3回収穫できるらしい。肥沃な大地なのだなぁ。

c0002171_20461423.jpg
バンテアイ・スレイはガイドさんもアンコールワットよりも彫刻が凄いと言うくらい、美しく彫りの深い彫刻で彩られていた。ジャングルの中で発見され、木々が焼き払われたため、建造物は黒く焦げている部分も多かった。失われた文明がこうして発見されるというのはロマンがあるなぁとも思うし、逆に日本のように破壊もされずに現代に息づくのも両方素晴らしいなぁと思った。

c0002171_2050209.jpg

c0002171_2118038.jpg

c0002171_2054725.jpgこれだったかな。この遺跡のレリーフにはある伝説が記されている。昔恐ろしいほどの美女がいた。彼女を妻にしたくて、各地の王が戦争を引き起こした。彼女は『悲しんで、神様に私を醜くしてほしいと頼み、女は老婆となった。そうすると戦争は終わったという。なかなかにちょっと笑える伝承だなぁと思った。一種の傾国の美女の挿話だなぁ。

c0002171_20571252.jpg東洋のモナリザとは、この遺跡に彫られた女神たちの事を指す。全部で16体くらいあるという。

c0002171_20581979.jpg

c0002171_20584742.jpg
少し離れたところの撮影となった。昔は祠の内部まで入れたらしい。今はこれくらいまで近づけるけれど、そのうちもっと規制が厳しくなっていくのだろうなぁ。

c0002171_2102298.jpgサルが喧嘩しているレリーフもあった。兄と弟が王の座を争って戦った様子らしい。

c0002171_2113081.jpg猫が3匹いた。この遺跡はちょっと写真撮り忘れたけれどこの遺跡、屋根に苔が生えてるのか緑青みたいな色で、ちょっと神道の神社のような趣も感じた。この寺院はインドーラ神(雨の神様)を祀ったものだという。

そしてまた一時間かけてシェムリアップへ帰還。丁度仕事終わりで自分の家に帰る自転車の集団の人達とすれ違いつつ戻った。またちょっと田舎に行くと電線があるところでも電線が低すぎて「あぶね!」って感じだった。また牛たちが自分で自分たちの家へ帰る群れも道路をゆきていた。

c0002171_2154435.jpg夕食に食堂でカンボジア料理を食べた後、ナイトマーケットへ向かう。この時間はもう市内の小道は大渋滞で、まともに信号もないし横入りや逆走気味な追い抜きも無茶するもんだからまさにアジアの夜の風情だなって感じだったw

c0002171_21115557.jpgナイトマーケット着。台湾の夜市とは違って食べ物の屋台なんかはあまりない。小物や衣服や絵なんかの店舗がぎっしり詰まっていた。

c0002171_2113319.jpgナイトマーケットの中にはバーなんかはあった。またナイトマーケットから道を挟んだ先はマッサージ屋が集まっている地域だった。そこのTシャツ屋で最初1枚4ドルだというのを2枚4ドルで購入。こういうところでジョーク気味のTシャツを買うのは楽しいw

c0002171_2119525.jpg帰りにマッサージ屋に寄った。1時間15ドル。タイ式マッサージのようにエビぞりなんかもあったり、思いっきり体重掛けられて凄かった。ほんとに体が軽くなった!全身マッサージ自体も初めてだったけど、カンボジアンマッサージ、素晴らしいな!安いし。

TVを流しながら部屋で缶ビール。海外でTVを観るのは楽しい。CNNは香港とアブダビ支局で東京はスルーされてるんだなとか、フランスのテレビニュースでアマゾンの暗部が取り上げられてたり、日本で地上波観てるだけではまるで知らないパワーゲームもみれて面白かった。

いよいよ明日でカンボジア旅行も終わり。名残惜しみつつ就寝。

Day3 Roluos - Old Market - Museum - Going home
by wavesll | 2014-03-03 21:15 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/21766709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Cambodia travel... Cambodia travel... >>