三点倒立もできない俺が生で体験してハマった、スポーツ興味ない人にこそ薦めたい体操観戦の魅力10ポイント

c0002171_2112792.jpg
こないだの日曜、六本木アートナイト明けに代々木第一体育館へ行ってきました。目的は、体操天皇杯、全日本選手権の決勝をみること。

前から体操って生で見たら凄そうって思ってたのですが、まさしく凄かった!ちょっとこいつはあーまりに面白かったので、普段スポーツにそんな関心ない私の様な人たちに、体操を生で見ることのプレゼンを、当日のレポと共にお送りします。

1. プラチナチケットじゃないから当日ぎりぎりに行くこと決めてもみれる
13:10分から演技開始で、自分は12:45分くらいに現地に着いたのですが、当日券をその場で買って、開始時間前に入れました。着いたときは写真の様にかなりの列が出来ていて「やっぱ内村とかスターいるし、ファンも相当来てるんだろうなぁ」と想ったのですが、体操はまだ有吉のいう所の"バカにみつかった状態"ではないですね。最終的にはスタジアムの7、8割の入りという感じでした。

2. チケットが安い、見やすい
前売り2000円、当日2500円って、安くないですか?自分は音楽のライヴとか良くいくのですが、インディーアーティストでも3000円とかざらですし、ちょっとしたのなら5000, 6000位はします。しかも会場の代々木第一体育館を横に使うので、かなり見やすいんです。少なくとも上の方で見ても豆粒じゃないです。競技が行われるそれぞれの場所にはTVヴィジョンがあって、そこに次演技する選手の名前とか、その演技の点数が表示されるので、誰が誰なのかわからない、なんてこともありません。

そしてここからが体操競技の観戦初心者にはかなり魅力的だったところなのですが
3. 同時多発的に競技が行われるからロックフェスみたい
なので、自分の好きなように競技模様をザッピング、あるいは編集してみられるんです。音楽好きにわかりやすく説明すると、これはフェスですw

しかも全部同じ会場でやるので、全体像もまた魅力的なのです。演技の前に練習の時間があるのですが、皆が一斉に動き出した時まるで去年東京バレエ団創立50周年 祝祭ガラでみたペトリューシュカの音合わせの練習をしているオケピのようなカオスな調和を感じました。

派手な演技をみたければ床や鉄棒をみていればいいし、通ならばあん馬をみるもよし。大体目移りしてる内にどんどんそれぞれ展開していくので、退屈しませんw

そして
4. みんな超人的な動きでスポーツ知らなくてもわかりやすく凄い
ヤーバイっすよ、体操選手の動きは。床のジャンプなんかスーパーマリオのXジャンプ(←歳がばれる)みたいだし、鉄棒はスーパーマンの如き体勢を宙で維持するし、女子も同時開催なのですが、女子の床だって跳躍は男子に勝るとも劣らなく、くるくるぐるぐる回るその姿はくノ一みたいでした!てか、ほんと下手なサーカスより面白いですよ、これは。そしてそれがTVを通してでなく、自分のまなこで生でみれるというのが凄い。しかも2500円だしw

何しろ
5. 世界レベルの演技が見れる
のも大きな魅力です。日本選手は五輪でメダル取ってますからね。世界選手権のチャンプも数多く参加していて、本当に見ごたえがあるというか、すーごいパフォーマンスです。そう、パフォーマンスとして見栄えがするんですよね。玄人が見たらもっと深く分かるのかもしれないけれど、ずぶの素人がみても「こいつはすげぇわ」と凄さが分かりやすいというのが体操の魅力でした。

6. それでも飽きたら…
全部で3時間超の競技なので、まぁ一周二周もすると飽きてくることがあります。そういう時はおススメは女子の床です。女子の床は、それぞれの選手がテーマ・ソングを流しながら、ちょっとフィギュアみたいにショーアップされた演技をするのです。しかも忍者みたいな動きは勿論あります。だからみてて飽きないっていうか、華があるんですよね。

女子の種目は他にも段違い平行棒なんかも、アクロバティックでトリッキーな動きが目を惹きつけますし、思ってた以上に見ごたえがありました。あと、レオタードはやっぱりエロ可愛いw会場内は写真・ビデオ撮影は許可を得た人のみだったので会場内の写真はないのですが、これ、演技の研究をされないための方策かと思ったのですが、もしかしたら不届きな輩が女子選手の股でも狙ったことから禁止になってしまったのかもなぁと思いました。

7. 青春のぶつかり合い
私が座った席の逆側は、応援団席というか、大学の人たちが横断幕掲げて応援してるんです。

演技の途中で平行棒から落ちてしまった選手に声援が飛んだり、その選手が最後までやりきったら拍手が起きたり。全日本のレベルでも、みな限界ぎりぎりで勝負するから、途中で落下してしまったりすることはかなりあるんですよね。だからこそ成功した時は滅茶苦茶凄いなと想うし、失敗した人にもスポーツマンシップというか、応援が飛ぶ良い空間だなと思いました。

また会場には大型ビジョンがあって、それをみると選手の顔なんかも抜かれているのですが、いかにも女王みたいな選手とかいて、バチバチで、すげーなーとw記者もいるし、思わずYAWARA!の世界だなと思ってしまいました(←歳がばれる2)

8. 白井がYAVAY
今回、一番衝撃を受けたのが白井の床のヴュヴュヴュヴュヴュという効果音がするくらい強烈な捻り跳びでした。他の選手の動きにも十分驚かされていたのですが、あーれは別格に凄かったですね。まさに世界レベルの演技。それを国内でみれるというのは、嬉しかったなぁ。

9. やっぱり内村は凄かった
何はなくとも内村は凄かったですよ。実は決勝当日は本調子でなく、大技を外した演技だったのですが、素人が見ても、なんというか美しい演技でした。流水の動きというか、あまりに無駄なく簡単にやってしまうので、ゆったりとしたスピードに見えてしまうという。超人ですね、そして前人未到の八連覇でした。それでも2位とは僅か2点差。女子なんかはコンマ差という僅差の試合で、層の厚さも感じさせられました。

10. 奥深い体操観戦道への入り口かも
自分は今回は目移りしている内に終わってしまったのですが、それこそ一つ一つの技の基準点とか、選手間のライバル関係だとか、大学・実業団の特色だとか知って行ったらますます面白くずぶずぶに嵌っていきそうだな、そしてそれも良さそうだと想うくらいには楽しめました。後なぜか演技と演技の間のBGMがStar Guitarみたいなのがかかってたのにニヤリとさせられましたwやー、見れて良かった。来年はリオもあるし、内村初め選手たちが今年以上に仕上げてくるだろうしで、これはまた代々木第一いっちゃおうかなという感じです。出来れば、今くらいのファンの数がチケット取りやすくて嬉しいけれども、あまりにいいイベントだったので皆様にお薦めしてしまいました。

ちなみに、次の体操の大きな大会は第54回NHK杯だそうです。内村、白井もでるそうですよ!
by wavesll | 2015-04-30 22:09 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/24019089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< URIZN OKINAWA S... 春を忘れてしまう前に、アイスラ... >>