第22回酒と小皿と音楽婚礼 Downfall of Nur / Umbras de BarbagiaとRAIZINで身体に雷轟を打ち鳴らせ

Downfall of Nur - Umbras de Barbagia (Full Album)

うだるような暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
自分は最近土曜は海、日曜は美術館へ行ってます。先週は葉山・一色海岸、今週は鎌倉・由比ヶ浜へ行ってきました。ボディーボードやりに行ったはいいのですが、まるで波が無くて参りました。海は一色海岸の方が断然きれいでしたねー、というか由比ヶ浜は水温が高くてカムイワッカみたいでしたw

そして夜、いや昼夜を問わずここ数日聴きまくっているアルバムがこのアルゼンチン産ブラックメタルバンド、Downfall of Nurによる2015年のアルバム、Umbras de Barbagiaです。


followerさんのtweetで知ったこのバンド、
バンド名の「Nur」とはイタリアのサルディニア島で青銅器時代から2世紀頃までおよそ2000年栄えたNuragic文明の事を指すようです。

私はヘヴィメタルの熱心なリスナーではないのですが、このアルバムのピアノから南米の民族楽器が流れ、そこからシームレスに重い響きとシャウトが起こる冒頭のようなプレゼンテーションをされると、思わず魅せられてしまいます。クールな重低音が、夏の熱を打ち消してくれるような名盤だと思います。メタル苦手なんだよなーというワールドミュージック好きな人にこそ聴いてほしいですね。

c0002171_539394.jpgそしてこの雷鳴のようなアルバムにあわせるのはこちらも最近お気に入り、大正製薬のエナジードリンク、ライジンです。

リポビタンDから着想を得たレッドブルに世界制覇をされてしまった大正製薬が、エナジードリンクの世界に殴り込みをかけるべく生み出したRAIZIN、これ、美味いっすよ!

生姜がかなり効いてて、瓶のウィルキンソン・ジンジャーエール並みにジンジャー感を楽しめます。コンビニだと瓶の辛口のウィルキンソンは中々おいてないから、この刺激的な辛みをコンビニで展開してくれるのはありがたい。

これを飲みながらDownfall of Nurを聴けば、体の中に稲妻と嵐を巻き起こすような絶大なエネルギーが充電される気になります。さぁ、今日もまたこれ聴いて、茹だる暑さへ出かけようw
by wavesll | 2015-08-02 05:47 | La Musique Mariage | Comments(0)
<< ウルトラ植物博覧会 ~西畠清順... 第21回酒と小皿と音楽婚礼 P... >>