第23回酒と小皿と音楽婚礼 Strawberry Fields Forever [800% Slower] & EMBORG Danablu

Strawberry Fields Forever - The Beatles [800% Slower]

梅雨明け間近だった先月のある日、一日中Youtubeで[800% Slower]シリーズを聴いていた日がありました。
有名曲を8倍に引き伸ばしただけなのですが、これがなかなか面白い。とっつき易いドローンになって、モノによっては教会の聖歌のようになったり、虫の音、鳥の声のように響くものがあったりと、なかなか醍醐味がありました。

そんな中で一番気に入ったのがこの、The Beatles / Strawberry Fiels Foreverの800% Slower。
聴いてもらえばわかると想うのですが、教会音楽の様な声明のようなヴォーカルと鍵盤の音に、寄せては返す波音のようなエフェクトが聴こえて、荘厳な仕上がりになっています。この感動に一番近いのはフィールドレコーディングの傑作、Chris Watson / No Man's Land辺りではないかなと感じました。

No Man's LandもStrawberry Fields Forever[800% Slwer]も、想起させるのはちょっと肌寒くなりつつある秋の海。鈍色の秋の海の波濤や漣を眺めながらNo Man's Landに合わせるなら、絶対ウィスキーだよなぁなんて思います。

一方Strawberry Fields Forever [800% Slower]に合わせるなら何がいいのだろう?と考えた時、ブルーチーズはどうだろうと思いました。
c0002171_3354665.jpgエンボルグ・ダナブルー
このデンマーク産の青かびチーズとウィスキーの共通点と言えば、強烈な後味と香りによって、長い時間余韻を楽しめる点です。
この海鳴りの様な音には、長い時自体を愉しめる食材が似合います。
ただただゆっくりと燻らせて、心と体を寛がせる、そんな上質な時間を、空気の振動と味来の刺激によって創る、きっと満足が行いくマリアージュを提供でき、実際試してとても良かったので、本当にお薦めです。

さて、この組み合わせを見つけたはいいのですが、あっという間に暑くなってしまって、気候的にこの組み合わせが合わなくなってしまったなぁと、いつ発表すべきか?秋まで待った方が良いかなぁと思っていたのですが、今、夜明け前に目覚めて、この時間だったらこの音楽が最高に合うなぁと思いました。ただ腹具合はブルーチーズには厳しいかもしれませんね(苦笑 久方ぶりに"小皿"を紹介できると想ったのですが。。

この夏を明けたら、あるいは雨の夜にChill Outしたい時などに、是非試してほしいなぁと思います。夏でもある程度湿度を残しながらクーラーで部屋を冷やせれば、かなり愉しめる組み合わせだとお薦めできます。では、今日の仕事に備えて、また就寝しますw
by wavesll | 2015-08-04 03:49 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/24508967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Ponyo sulla Sco... 草間彌生 現代の浮世絵 「わた... >>