ADAM at @東京JAZZ 2015で振り返ったTOKYO CLUB JAZZ の景色

ADAM at「MONOLITH」


c0002171_2172273.jpg
TOKYO JAZZへ行ってきました。今年はファラオ・サンダースがみれると楽しみにしていたのですが、何とキャンセル食らったため、今年は友達と無料のPLAZAでのライヴを観に行きました。

最近インストに嵌っているという友達が「もはやジャズじゃないんだけど」といって薦めてくれたADAM at、世界のどっかにホウチ民のテーマの曲やってる人たちだったんですね。ピアノの方の可笑しいMCと共に、勢いのよい"TOKYO CLUB JAZZ"で盛り上がりました。うんうん、ロック系からジャズ系へ行くにはここら辺通っていくよなぁ。

クラブジャズはジャズ好きのうるさ型からは「あんなのジャズじゃない」と言われてしまうこともある音楽ではありますが、ADAM atのとっつき易いSmoothなPopさは、インスト界のきゃりーぱみゅぱみゅレベルだし、盛り上がりが凄かった。老若男女ノッテてました。

何より自分は大学時代に今は亡きモアーズのタワレコ横浜、クラブジャズ試聴機棚に足繁く通って、quasimodeやino hidefumi辺りから、レアグルーヴ、和モノ、スピリチュアルジャズ、そしてFUNKへと道を開いてもらった人間ですし、そう考えると去年のサマソニでデ・ラ・ソウル、今年はディアンジェロで〆たのも、もとはと言えばロック好き少年だった自分をクラブジャズが音風景を拡げてくれたこともあるよなと、色んな観念が想起させられました。そういった意味ではホールのトリにファラオ・サンダースが出ていたら、広場でADAM at→PRIMITIVE ART BAND→bohemian voodooからホールでKYOTO JAZZ MASSIVEと菊地成孔が出ていたし、新旧のクラブ寄り邦JAZZから、クラブジャズDJが掘り起こしたスピリチュアルJAZZへの流れが提示されて面白かったのになぁ。

DCPRG - MIRROR BALLS


Quasimode - Oneself Likeness (Full Album)


Ino Hidefumi - Love Theme From Spartacus


TAKESHI INOMATA & SOUND L.T.D. - Theme~Mustache.


Pharoah Sanders - You've Got To Have Freedom


Pharoah Sanders - Africa - You've Got to Have Freedom


心ときめくジャズのスウィートネスをDJの感性からフィードバックを得たり、逆に今はその上でプレイヤーがコンピュータをネイティヴな感性として身体性で越えていく潮流が生まれつつあるジャズ・シーン。
ジャズを好むようになるにつれその苦み走った部分がどんどん好きになる自分もいて、後単純に圧倒的な演奏力というか場の支配力とか、そういったモノに触れていくと、ADAM atの勢いには逆に若さを感じて、またしても俺も成長していかないとなぁと何故か自己啓発的な流れになると同時に、世界のどっかにホウチ民の曲は単純に聴けて嬉しいし、色んな意味で若さと弱さとほろ苦さと勢いと美メロが混然一体となった滋味深いライヴ体験が出来たので、印象深い一日になりました。

あの頃は『DJはマスト』とかの売り文句にDJなんかやってないのに乗せられまくってたなぁwJanisで『祭りの幻想』借りたりw懐古厨になってもしかたないので、今のリスニングにつなげると、interFMで沖野さん、松浦さん、ジャイルスを聴いてる内に「おいおいパイレーツラジオ最高じゃないか」となり、海賊船とDOMMUNEのおかげでDJプレイに馴染んで、今年は一人でUnit行ったりするようにまでなったし、本当にあの頃のタワレコ横浜のスタッフには感謝だなぁ。あれが原点でした。

あ!あと東京JAZZ、飯が美味いです。ハーブウインナー400円も良かったけど、アボカドチーズコロッケ390円がマジ美味かった。最終日に行かれる方は是非ご賞味ください◎
by wavesll | 2015-09-06 02:55 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/24645979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Big-Pig 神田カープ本店... 渋谷ストリート複点観測#3 割... >>