惚れてる音楽 2015.9月中旬

Awesome City Club - アウトサイダー Music Video

風邪が酷かったときに一番リピっていたのがこれ。とてつもなくポップな楽曲だなぁと想。『Get Lucky』なギターフレーズからめくるめくミュージック・エクスペリエンス。邦楽の楽曲でこんなに嵌ったのは『ギミチョコ!』以来かも。一目惚れしてしまうきらめく楽曲だと想います。クラウドファンディングで制作したり、プロジェクターでセットを映し出すPV等、今の時代に自分たちの音楽を届けようという仕掛けの部分と、楽曲自体の魅力双方揃った名曲だと思います。

というわけでこの曲にべた惚れだったのですが、実は今日今一番惚れてる音楽が代わってしまって(笑)
Tyondai Braxton - Gracka


exバトルスのタイヨンダイが今年出したアルバムからの楽曲。こちらは最初に聴いたとき、正直全然良さが分かりませんでした。ソロデビュー作の楽曲は最初からめちゃくちゃ刺さったので、全然方向性変わっちゃったなと思って残念に感じていたのですが、今夜TLで流れてきて聴いてみたらとてもよくて。

この感覚、前も味わったなと想うのは『Amok』がそうでした。メロディを削ることで感性の先見を打ち出しているのが面白いなと思いました。

期せずして今回はメロディ・仕掛けの邦楽、リズム・サウンドの洋楽という構図になってしまいましたが、勿論逆の例もあると思います。ただ、確かに最近の曲を聴くとそういった感覚はある気がしますね。

体力的に疲れてる時は邦楽のメロが癒しになるし、ある程度回復してくると洋楽の刺激が心地よくなるし、その時のコンディションによって摂って美味しい楽曲は変わってくるのだなぁ。タイヨンダイの素晴らしさが素直に感じられたという事は、自分完全復活できたという事かな、等と想います。

Tyondai Braxton - Scout1

ディジュリドゥを初めとした民族音楽を電子音楽に純化した音像。いいなぁ、これ。こうしてまた聴けて好きに成れて良かった。「これはやっぱり質が高いんだろう」という評価があることも大きかったし、触れるチャンスの多さも有り難かった。でも、分からない間はほんとに分からないですから、好きな音楽感覚は最終的には自分で発見するしかないですものね。

それにしてもタイヨンダイ、物凄すぎる。来日する前にこの凄さに気づきたかったけど、自分の感性だとこれくらいの時間が必要になるんだなぁと。そこを受容するか変容しようかは別として、現状はそうですね。
by wavesll | 2015-09-17 18:29 | 小ネタ | Comments(0)
<< シルバーウィークに旅行へ行く方... 熱を出し切るロマ楽団曲 >>