第34回酒と小皿と音楽婚礼 ものんくるにホットワイン→sow→negoでジンジャエ酎ハイ@アースガーデン秋

木枯らし一号が吹いて、めっきり寒くなった日曜、代々木公園で開かれたアースガーデン秋に行ってきました。

c0002171_2219430.jpg
会場では飯屋台、クラフトショップ屋台、そして3ヶ所での音楽ステージがあったのですが、着いたときにメインステージでやっていたのがものんくる。菊地成孔のラジオとかで名前は聴いていたのですが、聴くのは初めて。こんなかんじなのですね。

女性voが歌い上げるのに惹きこまれました。この日はストリングスはいなく、バンドメンバーのみだったのですが、この「透明な星座をつくる」とかを演っていて、秋空に気持ちよく響いていました。

そして、これをみながら飲んだのがホットワイン並木通りにフードトラックを出していた鶏の赤ワイン煮込み丼がうまかったとこで出してたのです。これが美味しいwものんくるのサウンドとホットワインでほっこりほろ酔い気分に成れました。

c0002171_2231757.jpg
ものんくる終わりで会場を歩いていたらサブステージに人だかりが。格好いい音像が響いてたので近寄ると、キーボードが入ったポストロック/マスロックバンドが演ってました。これが良かった!こういうバンドがさらっと演奏してることで自分の中でアースガーデンの株が上がりました。いいなぁ、いいなぁと観ている内にエレキギターがアコギに替わり、また音像も変わるというか、陽射しも射してすげー気持ちいい。

MCを聴くと、京都から来たsowというバンドだそう。ほんと、こういうライヴで勝負できるバンドはいいですよね!「我々の交通費になります」と言ってたライヴ後の物販CD販売もかなりの人が並んでました。うーん、良かった。Youtubeに上がってる動画もいかしてる。こういうエレクトロニカ系の展開もあるんですね。いいバンドを知ることが出来ました。

c0002171_2239314.jpg
そして次が今日のお目当てのnego!この動画をみて、タブラを手にしたROVOのようなダンサブル・ロックをするバンドが現われたなと思ってから幾年月。ようやくみれました。

メインステージの客席前方で体を揺らしてたのですが、メンバーのお子さん?達がはしゃいでるはウサギ?の被り物してるおっちゃんいるは、焼酎の瓶持ってるお兄さんいるは、みんなピースフルに踊ってていい雰囲気。一曲目はエレキ・ヴァイオリンでその後はギターが多かったかな。ラップトップでタブラも流してました。いやー、凄い盛り上がった。白人ガイも喜んでました。

本来はVJもメンバーらしいのですが、この日は真昼間なので、彼は物販コーナーにいるとの事でした。いやー、でも音でもスゲー盛り上がったなぁ。

焼酎の兄ちゃんに焼酎注がれて、飲んだらジンジャーエール注がれて、其れものんぢまったら隣の兄ちゃんい「頭おかしいwwwww」といわれようやく理解。漸くジンジャーエール酎ハイを飲みました。お姉ちゃんから「お腹でシェイクしてw」とwやー、俺もいっぱしのパーリーピーポー(という名の酒飲み)だぜwかなり楽しいイベントでした。またやるときは行こう★☆
by wavesll | 2015-10-26 22:48 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/24860824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 極渋楽園憂歌 第33回酒と小皿と音楽婚礼 P... >>