京旅行・弐 <京都の人も行列する二条城アートアクアリウム・高台寺ライトアップ、大阪・潜水艦バー 深化>

京旅行・壱 <曼殊院、圓光寺、実相院、醍醐寺で宝物&紅葉狩り>に続いてのfotolog. 今回は夜の京都・大阪編です。

c0002171_2255893.jpg


前回の最後、東寺でご朱印貰い損ね、甘味処でお茶してから、そこの方に聴いたバスの路線で二条城へ向かいました。

流石にここは空いていました。今、夜の二条城ではアートアクアリウムが催されているのです。
c0002171_2281385.jpg

ところが凄い行列。紅葉の寺院では全然並んでいなかったのに。チケット列で45分、入場に15分との事。ちょっとそんな待つのやだなぁと想いましたが、取り敢えず並ぶことに。
正直自分はライトアップされた唐門が撮れただけでかなり満足でした。端のせり上がりっぷりがいい◎
c0002171_2304747.jpg
c0002171_23125.jpg

案外サクサク列が進み、正味40分弱で中に入ることができました。
先ず出迎えるのは琳派リウム。金魚の動きと背景のヴィジョンが連動し、紅白梅図やかきつばた、誑し込みや風神雷神が造られます。
c0002171_2352433.jpg
c0002171_2353857.jpg

次のブースでは1hに一回の舞踊ショウ。女形の人をこんなまじまじと視るのは初めてでしたが、なかなかに妖艶でした。
c0002171_2364819.jpg
c0002171_237359.jpg
c0002171_2372493.jpg

そして大奥をイメージした水槽。この水槽の裏が当時の二条城の大奥と言う趣向でした。
c0002171_238391.jpg
c0002171_2385124.jpg
c0002171_239628.jpg
c0002171_2392081.jpg

この展覧会、勿論アートなアクアリウム自体の仕掛けも目を引くのですが、何より金魚が良いんですよね。琳派リウムなんかもともすれば単調に飽きてしまうところに本物の金魚の魅力でみれてしまう。最後ら辺は金魚が主役の金魚鉢が幾つもあってとても良かったです。
c0002171_243094.jpg
c0002171_2431233.jpg

そして電車と徒歩で移動。写真は夜の八坂神社です。
c0002171_244810.jpg

夜の目玉の一つ、高台寺ライトアップへ来ました。ここもアートアクアリウムを超える大行列。京都の人もライトアップには目が無いんですね。さらに言えばここ高台寺が夜間寺院ライトアップのパイオニアらしいです。
c0002171_246994.jpg

小一時間並んで中へ
c0002171_2473359.jpg
c0002171_2475953.jpg

c0002171_2482870.jpg

もうね、素晴らしかったです。特にプロジェクションマッピングは今まで見た中で一番見事で、今回の京旅行のハイライトの一つになりました。紅葉も水面に移りこんだり、雰囲気もあって素晴らしい。写真もOKだし、これで600円なのだから並ぶよなぁ。京の人たちはいいところ知ってますね◎
c0002171_2505027.jpg
c0002171_247959.jpg
c0002171_2523171.jpg
c0002171_2531124.jpg
c0002171_2532281.jpg
c0002171_2533551.jpg
c0002171_2534865.jpg
c0002171_254614.jpg
c0002171_2543058.jpg
c0002171_2544880.jpg
c0002171_25571.jpg
c0002171_2561979.jpg
c0002171_2564081.jpg
c0002171_257759.jpg
c0002171_2573271.jpg
c0002171_2574922.jpg
c0002171_2581068.jpg
c0002171_2583277.jpg
c0002171_259377.jpg
c0002171_2591822.jpg

高台寺のプロジェクションマッピング、動画もありました。

高台寺ライトアップを観終わり、腹も空いたので適当な飯屋を探したのですが、四条河原町のあたりのメインストリートでは良さげなのが見つからなかったので、阪急で梅田へ行き駅ビルでねぎ焼きを食べました。〆のメニューにラーメンがあったのですが、隣の店とつながっていて持ってくるとの事wねぎやき、美味しかったです。〆はおでんにしましたw
c0002171_321130.jpg

大阪にホテルを取ったのは、京都はもう埋まっていたというのが勿論ありますが、もう一つの目的は潜水艦バー・深化に行く事でした。
谷町六丁目駅で降りて、グーグルマップと紹介ページの道順で辿り着けましたが、これ、情報無かったら絶対にみつからないw内装は期待以上でした。トイレのドアなんか、押しても引いてもダメで、どうやって入るのかと聴いたら下から引き上げる仕組みw凄いwここ、今度は誰か地図なしで連れてきて驚かしてやろうw
c0002171_352712.jpg
c0002171_363153.jpg
c0002171_364785.jpg
c0002171_37268.jpg
c0002171_372111.jpg
c0002171_21165690.jpg
c0002171_381310.jpg
c0002171_357034.jpg

ハイボールで潜水艦バー 深化を後にして、ホテルへ。ここで何気にこの度一番嬉しかったことが。事前の予約ではダブルの部屋しかなかったのが、ツインが空いていてそこに入れたのですw良かったw父と同じベッドで寝なくて済んでw 次回は京旅行レポ最終編、翌日伊丹を発つまで記そうかと想います。

京旅行・参 <三十三間堂・角屋・東寺・恵文社一乗寺店・伊丹発の夜景>
by wavesll | 2015-12-03 03:14 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/25014014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 京旅行・参 <三十三間堂・角屋... 京旅行・壱 <曼殊院、圓光寺、... >>