タワレコインストアライヴハシゴ Tempalay@横浜 & GLIM SPANKY@新宿 とおまけのロック感慨

c0002171_231858.jpg
今夜は横浜タワレコへTempalayのインストアライヴをみに行きました。

twitterでかなり話題になってる感じのあるこのバンド。Youtubeだとそこまでだなーと思っていたのですが、soundcloudが良くて、こりゃ生音だと更に段違いに良さそうだし、the fin.とかの海外だとテーム・インパラとかのサイケ旋風の最前を体験してみたい、とVIVREへ向かったのでした。

30分前位に着いたらリハやってたんですが、全然客がいなくて、でも音がね、良い!音がでかいのもあるけど、この感覚はいいなー!こりゃこんなに楽しんじゃったらCD買わざるを得ないな、この人数だと。と想ってました。

ただ、ダイエー行って帰ってきたら結構人がいて、まずは一安心。こんないいバンドのインストアがガラガラとか勿体無すぎるし。

で、ライヴ開始。1曲目が、あれ?軽く緊張してるのかな?リハの方が良い出音じゃないかと想ったのですが(これは自分の立ち位置とスピーカーの位置の関係もありそう)、2曲目の"made in Japan"から一気に惹きこまれ、その流れで極彩のライヴ体験の愉悦を味わえました。

メンバーに可愛い子いるなーと想ったら、そのエミと言う子と本ちゃんメンバー3人でSXSWへ行くそう。やっぱねー、ライヴがね、凄い生々しくていい!ライヴがいい!ライヴが良かったからアルバム、ライヴ代だと思って買ったのですが、あのライヴの生々しさからすると大人しい感じがするなぁ。Youtubeに比べたら全然いいけれど。でも本当にこのライヴ、みれて良かった。またどこかの箱かフェスでみたいなぁ。

そして、家にポスター置きに寄った後向かったのが新宿Flags。グリムスパンキーのインストアライヴがあったのです。
c0002171_2319649.jpg

ついこないだ「リアル鬼ごっこ」みていいじゃないかと想ってきたのですが、物凄い人の並びで、人気をまざまざと感じました。

その「リアル鬼ごっこ」はやらなかったのですが、「ワイルドサイドを行け」「褒めろよ」やってくれたし、最後に演った「大人になったら」が物凄く良くて。今夜はエレアコ2本の編成だったのですが、フォーク・ハードロックな感覚で、歌の強さ、詩の強さを感じさせました。

ただ、駆け付けた人たちの年齢層がTempalayと比べて高くて、なんか真面目なロックは、もうダッド・ロックなのかなぁ、、、等とも想ったのです。

グリムスパンキーは、昔の自分を思い出すというか、自分はただのリスナーですが、ロックの夢を信じきる真面目さが、逆に想像を越えない弱さにみえるかもしれません。テンパレイはその点、余裕や才気、日本のシーンの中での新しさを感じました。自分も働くようになると、古き良きロックを昔のようにみれなく自分が薄惚けたのもあるかもしれません。商売としてみてしまうというか。

真面目な人は幻想とか雰囲気でなく、事実の積み重ねと、ただただ真っ直ぐに投げ続けてそこに狂気が孕んでくるのが凄味だと想います。

フェルナンド・ペソアは”一流の詩人は自分が実際に感じることを言い、二流の詩人は自分が感じようと思ったことを言い、三流の詩人は自分が感じねばならぬと思い込んでいることを言う”と言いましたが、なるだけ嘘なく、ファンダメンタルを上げていこう、俺もと想いました。

何か憧れるのはTempalayだけど、自己投影するのはGLIMSPANKYかな。でもどちらも魅力のある音楽をやってるから、出来うるところまで駆け抜けてほしいですね。到達地点は遠ければ遠い方が良い。

私も鴎庵、「美意識が高くないからこそ雑食でフットワークが軽い」と特性を活かし、多様な処へ赴いて化学反応を起こすのと、今年は"厚み"に挑む時かもしれない、と刺激を受けました。
by wavesll | 2016-01-30 23:41 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/25243953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 鎌近LAST DAY 光波紋 銀界東京'十四 >>