HAMADARAKA@104Gallery 東南幾何仏画なハイブリッドな猿、我魅了す

浅野忠信さんのtweetで興味を持ち、中目黒、104GalleryにHAMADARAKAさんの個展へ行ってきました。

c0002171_14484776.jpg
c0002171_1449084.jpg
c0002171_14491147.jpg
c0002171_14492258.jpg
c0002171_14495847.jpg
c0002171_14501015.jpg
c0002171_14503875.jpg
c0002171_14505710.jpg
c0002171_1451753.jpg
c0002171_14512286.jpg
c0002171_14513512.jpg
c0002171_14515961.jpg
c0002171_14522893.jpg
c0002171_14524027.jpg
c0002171_14525197.jpg
c0002171_1453191.jpg


仏画のようでもあり東南アジアの風も感じたり、すっきりした印象だけれどもかと想えば工学的な各種モティーフが組み込まれていたり、植物に骨格?があったり、面白かったです。

特に魅力的なのはアクリルで描かれた2匹の猿。"RAAI"と"SORN"、格好いい!12万か―、まずは俺はこういうのが飾れるシックな部屋に住むところからだな、と言う感じでしたが、魅了されました。

いつもギャラリーに行くと、何も払わず見せてもらって申し訳ないなーと想うのですが、ここでは美味しい珈琲も提供されていて、お姉さんに400円払って飲んでました。これ、いいなぁ、他のギャラリーでもやってほしい。珈琲を飲んだテーブルに置いてあったHAMADARAKAの画集に浅野さんの帯が、HAMADARAKAは女性2人のユニットだそうで、浅野さんとは昔からの付き合いだそう。ギャラリー内はエクスペリメンタルなロックがかかっていて、画にもあってました。お薦めの展示です。

104Gallery、GoogleMapで行くと、建物の裏口に案内されるのですが、入り口は川沿いではなく、山手通り沿いなのでお間違えなされぬよう。珈琲の他ホットジンジャーもあるので、寛いで楽しむのもいいと想います。
by wavesll | 2016-02-21 15:05 | 展覧会 | Comments(0)
<< JAGATARA - 都市生活者の夜 採音に於けるコンセプトとサウン... >>