第41回酒と小皿と音楽婚礼 Celso Machadoの伯剌西爾音楽と栗ほうじ茶でほころぶ

Celso Machado - Violão (Álbum completo, FULL )

セルソ・マシャドを知ったのは、エグベルト・ジスモンチを検索していたときに、マシャドと言う凄腕のギターの巨人が来日していたというtweetをみたからでした。

この陽性のギタープレイ。素晴らしい。気落ちしていた調子がこんなに健やかになっていくのは、Egberto Gismonti - Palhaçoのライヴ動画を観て以来かもしれません。

そしてマシャドの真価は、ギターだけに留まらず、母国ブラジルの熱帯雨林を音楽であらわす時にも発揮されます。

Celso Machado, Deep Roots 2008 Bird Calls and Acoustic Rain


もうなんというか、魔法が起こされてますよね。素晴らしすぎる。もしまた機会があれば、是非見てみたいなぁ。

c0002171_12232812.jpgこのマジカルな陽射しのような音楽には、ハイピースのくりほうじ茶をあわせたくなります。

栗のほうじ茶?と最初手に取った時は想ったのですが、いざ飲んでみると"おぉ!栗の味だ!"とほっこりさせられる自然の甘みがあるお茶なのです。

気持ちが落ち込んでいる人に、お薦めです。音楽とお茶で、少し心を暖められると思います◎
by wavesll | 2016-02-25 12:26 | La Musique Mariage | Comments(0)
<< 東北芸術工科大学卒業・修了展に... レディメイドな採音、日常音のサ... >>