洋楽と比べ邦楽は細く聴こえるのは何故か? - 鈴木松美 編著 『日本人の声』 読書メモ

今日もまた横浜中央図書館に行って、本を借りてきました。それがこれ。日本音響研究所のTVに出てる鈴木さんが、発声のメカニズムから、声から何がわかるか、そして日本人の声について書いておられました。洋楽と比べ邦楽は細く聴こえる疑問が氷解。なかなか面白い新書でした。鶯とウグイス嬢の声紋分析を比較したり、鈴木氏が関わったバウリンガルの開発話も。このエントリでは読書ノートとしておっと想ったところをメモしていきます。
c0002171_21312521.jpg


・声が"言葉"になるには、咽頭・鼻腔・気管で共鳴することが大きな要因である。共鳴体が大きければ低い音に共鳴、小さければ高い音に共鳴。(cf. ヴァイオリンとコントラバス

・声は口腔からの周波数や鼻腔からの周波数が上手く混ざったところで完全な声になる。それは口から12センチ離れたところ。そこから完全なる声になる

・人間の聴覚は約30~17,000ヘルツだが、聴きやすい周波数は大体2,500~4,000ヘルツ。自然界の音は幅広いが、人間の声は周波数幅が狭く、聴きやすい周波数を多分に含んでいるので、人の声は聴きやすい。更に、同じ大きさの音ならば、意味のある言葉を人間は無意識に聴こうとする

・人間が聴きとれる上限は約17,000ヘルツ程度といわれているが、超音波(20,000ヘルツ以上の音)に清涼感を覚えることがる。実際に実験すると、老若男女問わず、約9割の人が22,000ヘルツの音に脳波反応した。また、受け取り可能な周波数は言語によっても差異がある。英語には超音波まで含む発音が多く、英語を話す人たちはそういったレベルの音まで受け取っている

・風呂場で歌うと上手く聴こえるのは①風呂全体がエコーボックスとなり声の揺れが目立たなくなる②湯気で周波数の高い音が削られ、声が柔らかく聴こえる③水蒸気が声帯の皺を埋め、声帯の振動をスムーズにしてくれるから

・ヘリウムガスで声が変わるのは、一般的に気圧が低くなると声帯は振動しやすくなり、声は高めになるから

・声には、鼻が詰まったりして鼻腔を使わない鼻声と、鼻と口を正しく使った喉声がある。発声方法には喉の筋肉を使う方法と肺からの空気のスピードを変える方法つまり腹式発声がある。腹式発声を主に使う声として歌声がある。普段の声は悪いのに歌声は美しい人がいるのにその逆が無いのは、歌う時は意識して技術的に発声するが普段の声は意識や訓練なく発声しているから

・TV番組の実験で、声を出す時プロ歌手は腹筋80に対して喉の筋肉20という割合で使い分けていた

・声は声帯を振動させ口の中に共鳴体を作り外部に発するもの。大きい太鼓と小さい太鼓を叩いた時で音が違うように、人間も大きな顔の人は声帯も大きいので低い声、小さな顔の人は声帯も小さいので声は高くなる。男性と女性でも声紋は異なる

・周波数分析に使う変換式は仏数学者フーリエが発見したフーリエ変換という。CDやネット上の音源もフーリエ変換で音をデジタル化している

・性別の他、声紋からは体格、背の高さを推測できる。「ファントの法則」という理論が、背の高さと声の高さが、ある係数を加えて反比例することを証明している。背の高い人はパーツも大きく低い声。2003年現在では5センチ刻みで身長を判別できた

・声は25才を過ぎる頃から劣化していく。声帯と、口の構えを作る筋肉、神経の伝達能力の劣化から。そのような条件を組み込んで声を検証すると、年齢を5歳刻みで推測できる

・方言によって出身地が分かる。特徴を消すようにしても、かなり本格的な訓練を受けない限り自分が18才までに暮らした場所特有のアクセントが残る

・その人の職業が言葉や話し方に多大な影響を与える。教師は相手の話を余り聞かず、畳みかけるように話し、敬語が上手く使えない。接客業の人は、相手に好印象を与えるために反応を伺う適切な間を取り、特徴的なリズムを持つ

・声の周波数の乱高下で嘘をついているかわかる。聴いて分からない時も周波数分析で確実にわかってしまう

・アジア民族は広い草原や山々の中、より遠くへ声を届かせる為、周波数の高い音が必要だった。またアジア人全般、アングロサクソン系より体格が小さく、声帯も共鳴体も小さく、声は高くなる。しかし、日本語は高周波を必要としない言語なので、周波数は高くないが音域としては高いと言える

・日本人は腹式発声している人が少ない。日本語が肺からの空気圧を余り必要としないから。アジアの言語は言いを使わないで発せるものが多いが、韓国語は息を使った発音が多く、その意味で英語に近い

・東洋人はアングロサクソン系を比べると、頭の形が横幅が広く奥行きが短い。共鳴体の違いでその民族にとって出しやすい音があり、民族に適した言語体系になる。狩猟民族は肺活量が多いとか、アフリカのお皿を入れた下唇で発生しやすい言語体系など

・気象条件も声に影響を与える。寒い地域の人々は空気を沢山出すと体温に影響するのであまり口を開かずに声を発する。

・日本の女性は、言葉遣いの男声化や体格の発達から、声が低音化している。逆に男性は女性の社会進出の影響を受けてか高音化している

・縄文から弥生時代には日本では母音が8つあった。中国の影響の強さからか。

・日本でいい声とされるのは「渋くていい声」だが、欧米では高くて透き通るような声がいい声だと認識される
by wavesll | 2016-03-01 22:55 | 小ネタ | Comments(0)
<< 自販機の十六茶の新垣結衣が透明感の鬼 真理は更新されていく試行錯誤の... >>