純核音楽

Frankie Cosmos - Much Ado About Fucking (Full Album) [HQ]


TLで流れてきたFrankie Cosmosの名前。評判に惹かれYoutubeで検索して観ると、流れてきた音割れの弾き語り。その可能性と純粋なコアを感じさせる音に心奪われました。

今月初めて聞いた音楽で、SpinettaのKamikazeに並ぶ位好きですね。揺滾の核は精神性がソニックとして立ち現れるところに在るのだなと。在る一時期にしか出せない感情、そしてそれにぴったりなLow-fiサウンド。使われる楽器が少ないとそれだけ音がソリッドになるのだなと。こういう音楽、今の俺には馴染んで響くというか、うってつけでした。


追記:彼女へのメールインタビュー記事(日本の女の子に向けたMixtape付き)がありました。

このアルバムの耳への刺激が、今自分が聴きたいrock musicなんだなって、凄く思えて。こんなrock musicなら堅くならずに聴きこめる気がして。とても好きです。この盤。
by wavesll | 2016-03-14 19:44 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/25409100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Sports Fieldrec... 第2回音の貝合わせ サイバーパ... >>