第3回音の貝合わせ 六義園の松、カラヤンの松

昨日観に行った六義園。
枝垂桜の他、ライトアップされたぐにゃりと湾曲した松の、稲妻のような枝振りがみごとでした。
c0002171_16301212.jpg

これにあわせるとしたら、カラヤン来日時の名演、ローマの松かなと。ベッタな超王道ですが、この勇壮さがあの雷撃のような松の枝が更に拡大するような気にさせられ、明るい夜空に漆黒の庭が映え、そこに光が灯る様がマグリットみたいだねと連れとの会話で耀を与えてもらえ、感銘の歓びをもらえました。

交響詩《ローマの松》(レスピーギ)

by wavesll | 2016-03-28 16:38 | La Musique Mariage | Comments(0)
<< アダム・スミス 著, 山岡 洋... エリスマン邸の桜生卵プリンから... >>