「ほっ」と。キャンペーン

三浦大知 / Kohh 新・邦楽の実力者たち

特等席から定点撮影!三浦大知「Cry & Fight」のダンスがスゴすぎる(@ラゾーナ川崎プラザ)

金曜日、夜23時からフジテレビでやっていたHEY HEY NEOという番組、SiM、クリープハイプ、Ken Yokoyamaといったフェスで叩き上げた邦楽ロックバンドや、DJみそしるとMCごはんがラップしながらティラミス作ったり、峯田がその圧倒的な存在感、迫力をみせ、「こういうのが出る地上波の番組、いいなぁ、AKB系列が力落としてきて、また90年代初頭の様に音楽番組が息を吹き返すようになったら最高だなぁ」と想ったのですが、その夜のベストアクトはミュージックステーションの三浦大知でした。

靴がイルカの鳴き声を出しながら、アカペラで歌い、踊る。"どうやってリズムとってんだ!?"と驚愕するパフォーマンス。歌いながらこんなに声量が出るなんて…!しかも乱れない!こーれはヤバいなと想いました。

Tweetを検索すると、ファンの人達が「この日が来るのを待ちわびた」とか「ライジングの実力派をもっとTVに出して。windsとかLeadとか」等と言ってて、そうか、三浦大知はFolderだから、Speedとかのライジングプロダクションなのか。こんなに実力派なのにMステ出るのは初か。Mステ、ジャニーズとずぶずぶだからなぁ…でも潮目が変わりつつあるのかも。

と、前述のヘイヘイネオと合わせて、地上波音楽番組が変わりつつあるのではと感じました。ただHEY3は、ライヴ中にダウンタウンの顔を抜くのはいらないと想います。彼らの反応でなく音楽を楽しみたいのだから。

一方、Webの音楽番組、DOMMUNEも相変わらず絶好調。
Boiler Roomと組んで放送したKOHHのLIVEが最高でした。

Kohh, Dutch Montana, Loota & DJ Riki Boiler Room Tokyo Live Set

59分あたりから始まるKOHHのLIVE。彼のLIVE映像でもトップクラスの生々しさではないでしょうか?アルバムで騒がれていた時はピンと来なかった自分も、仰天。これは凄い。新世代のヒーロー、生まれてきていますね。地上波にも出てほしいけれど、刺青がどう作用するか、ですね。パンチラインにEXILEが出てくるのはMoe and Ghosts X 空間現代でもそうで、今の音楽風景の対立項にエグザイルがいるんだなと想ったり。さっきのジャニーズでないけれど、芸能界の一大勢力ですものね。レジー氏辺りが「秋元康・HIRO・渋谷陽一」って言ってたなぁ。そこに"宇川直宏"も加えたいw「秋元・HIRO・渋谷・宇川」。

KOHHのルーツをVICE JAPANが取材していました。東京都北区王子の団地がホームなのですね。家族やプロデューサーも出てきて、KOHHのインタヴューも聴き応えがありました。

団地発!東京のアングラ ヒップホップ - Rising From the Tokyo Projects

[PR]
by wavesll | 2016-05-09 03:56 | 小ネタ | Comments(0)
<< CRAZY HORSE パリの... NOW IS FOREVER ... >>