器じゃねぇなぁ、俺という話

B'z / HOME


ここ数日、政治の話とか、10年代論とか、まぁ音楽でも美術でもそうですけれど、自分の記事にどうにもムズムズするというか。何というか、高尚(だと私が思う)ことを書いていると、不様だったりしょうもない話をしたい発作に襲われてしまっています。

自意識過剰と言われればそれまでなんですが、Twitterやらblogやらで時事やら何やらを偉そうに話す自分が、大嫌いなTVのコメンテーターみたいに想うことがあります。私には何の権威もないし別に嘘をついている気はしないけれど、自分の発言に欺瞞を感じるのです。

そういう時盛大にズッコける呟きがしたくなります。「最近のグラビアアイドルは一時期の暗黒期を抜けかなり眩しい子が増えてて嬉しいんだけど、漫画雑誌や週刊誌のグラビア話ができる奴が身近にいなくて寂しい。缶詰とビールで一晩中ギターと女の裸で盛り上がりたい」とか。

露悪志向ではないんだけど、自分が書いている文章が創るペルソナが私自身の自己認識と合わないというか。自分自身に「こいつこんなこと言いながらも仕事で疲れたときとかプレイボーイ立ち読んで缶ビール路上で飲んだりするしょーもない野郎だぜ」と突っ込みたくなるというか。

それこそ、本当に救いようがない下ネタとか厨房みたいなノリへの憧憬というかそうしたどうしようもないネタで、高く積まれたトランプのピラミッドを崩したくなるというか。偉そうな立場は自分の器じゃねぇなぁという感じになるんです。こういうのこじらせるともし社会的に地位が高くなったらSMクラブとか行く阿呆になりそうだな、俺…。

ただ、世の中には弱みを見せるとそこへ突っ込んできて人を見下し攻撃材料にする輩もいるし、そういうネタに不快に感じる人もいると思うので、そういうことは公には語らない方が賢いよなぁとは想い、また別の晴らし方を考え中です。

実際、私も「この坊さん、興味深いtweetしてるけど、偉ぶりたくないのか毎日ウンコの話を連投するのは悪癖だなぁ」と想う人がいて、結局フォロー外しちゃったり。

学食で男子でつるむグループとかで爆笑できる話も、人間関係が広がると中々バランスが難しいものだなぁと思います。まぁ何というか、器が狭いんだなぁ、自分。権威は振りかざしたくないんだけれども、蔑ろに扱われるのはムカつくという(苦笑 でも裏アカはポリシーに反するし、上手い平衡感覚を模索していきたいです。Webという公共空間に書いてしまってますしね。往来でSMプレイは良くないw自らを躾ながらも、酷い話ができないものか…。

Pleasure 00・03・08 ~人生の快楽~【Mix Full Ver】

by wavesll | 2016-06-21 17:26 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/25723125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 蜘蛛の糸の上の雫露 ExtremeからNormco... >>