Pokemon Goからみる身体のゲーミフィケーション企画考

Pokemon - Red Blue Yellow - Complete Soundtrack


先週日本でもリリースされたポケモンGO、Fujirockでもポケストップがあったようでw
自分も出た日にDLしようとアプリストアを検索したらダミーソフトばっかり引っかかってしまって。

と、いう話を美容師の子にしたら、「カタカナでなくてアルファベットでPokemon Goと打ち込むんですよ」と教えてもらい、お互い赤/緑世代だったこともあり盛り上がりました。で、帰りにDLしようと想ったら自分の数年物のエクスペリアだと「この端末では使用できません」とな><!

というわけでポケGOは自分ではやらないのに情報だけは集める状態になったのですが、自分は結構"やらないゲームの話を聞く"のが好きな方で、例えば自分はパチンコ、ほぼやらないのですが、『アドリブ店長』とか『パチスロひとり旅』とか読むの好きで、島なんかに旅すると"島パチ"を探してしまったり(やらないのですがw)

というわけで「大人は株券のゲームの方が楽しいよなー」とか「スプラトゥーンのラストフェスまで日本リリース待てば良かったのに」とか「イングレスのガチ勢のお蔭でナイアンティックに蓄積されたメタ地理データがポケスGOに活かされてるのか。メタ地理データって自動運転車でも差を付けられたかも…」とか色々思わされながら情報収集を続けております。

どうやらポケGOの人気はピークアウトしたようですが、最も興味深かったニュースはこれです。

「ポケモンGO」がうつ病や不安神経症を改善する 精神医学の専門家「前例ない効果」

心療内科にかかるような精神状態の人たちが、ポケGOによって、外へ出て、歩き、日を浴びて、コミュニケーションをとる。この他肥満対策にもなったという声があったり、外へ出て歩くインセンティヴにゲームがなったというのは社会現象に近い盛り上がりも含めて興味深い事柄でした。

ゲーミフィケーションという言葉があります。
遊びや競争など、人を楽しませて熱中させるゲームの要素や考え方を、ゲーム以外の分野でユーザーとのコミュニケーションに応用していこうという取り組みで、ゲーム独特の発想・仕組みによりユーザーを引きつけて、その行動を活発化させたり、適切な使い方を気づかせたりするための手法。
という意味です。

Billy's Boot camp 基本プログラム


エクササイズとクラブの融合!暗闇バイクフェスが新しい!


ゲーミフィケーションは主に教育分野などが考えられてきましたが、ポケGOは「外に出て歩く」という行為を見事にゲーム化した例だと想います。エクササイズをアミューズメント化した例ではビリーズブートキャンプや、最近だとFEELCYCLEなんてのもありましたが、これらは最初からエクササイズに少なからずモチベーションを持ってる人達。家に引き篭もりがちな、スポーツとは縁遠いゲーマーにウォーキングさせるに至ったというのがポケGOの凄さですね。

ポケモンGOの最大の課題は「中期ゴールの欠如」で、これが原因で1〜2週間すると一気に離脱率が高まると思われ。短期ゴールとして「目の前のポケモン捕獲」、長期ゴールとして「ポケモンコンプ」があるが、数日〜数週間サイクルの中期ゴール要素がないので、一般人はレベル10ぐらいからダレる。なんて話もありますが、ゲーム化の最大の特長は、難易度を適切にプログラムできる点だと想います。

例えば一日二日腕立て伏せをやったところで腕筋が太くなるはずもなく、やりがいを感じずに三日坊主で挫折してしまう人も、ドラクエでスライムやドラキーを倒してレベル上げするのは苦でないパターンもあります。これは毎回バトルに勝って経験値を積むという成功体験の味わいもありつつ、しかも敵キャラも多彩で中ボスを倒して先へ進むと難易度の高いモンスターが現れるなど飽きさせない工夫があるからです。

その点でポケGOはライトからガチへ一気に変わってしまうので、ハードルの設定のさせ方が上手くいってないようですね。ただ、ポケGOをゲートウェイドラックとして、身体を動かすことを広められたら、もっと言えばポケモンに興味ない人たちも巻き込んで運動量が全世代で増えたら、生活習慣病の予防にもなって世のため人の為になるなと想うのです。

全力坂


先ほど腕立て伏せネタを出したので腕立て伏せをゲーム化するとすると、毎日朝か夜に10分番組で、水着美女もしくはイケメンが現れて、ちょっと色っぽい角度で撮られながら腕立て伏せを一緒にやってくれる。で、毎回めざましじゃんけんみたいな感じでラジオ体操ライクに最後にスタンプを押してもらい、たまると懸賞に応募できる。とかw

いっしょにとれーにんぐというヲタ向けのアニメで似たコンセプトのDVDが出ましたが、毎回同じ映像だと飽きるだろうし、習慣づけにはレギュラー帯番組が最適だと想うので、AbemaTV辺りで日替わり美女で筋トレ番組やってくれないかなーなんて思ったり。FOXだと毎朝ヨガの30分番組やってましたし、朝には体操のコンテンツ、案外合うのでは。お茶の間でも気まずくない程度、個人的には24時から30分番組でテレビ体操と全力坂の間位の演出で筋トレとストレッチの番組なんかどうでしょう。エクササイズをアミューズメント化した視聴者参加型双方向コンテンツにはまだまだ可能性がある、とかいうとそれっぽく聞こえませんかw?

もっとポケGOに寄せれば手っ取り早いところだとラジオ体操の際にお香を焚くとかが良さそう。体操が義務ゲー化、作業ゲー化しないように段階的にクリアしていけるように難易度を設定するには太極拳というのもありかもしれません。ヨガもそうですが、太極拳ってまず動きを覚えるのが難しくて、何度もやってく内に上達する面白味があります。そうそう、六本木ヒルズでは今年も朝の太極拳やるみたいですね!

連日猛暑の中... 六本木で"朝の太極拳"


太極拳を放送的にやるなら、Youtubeとかで多チャンネルで様々なレベルでの動画をあげて流すと尚よいですね。ポケGOのジムもレベル分けするといいかも←無理やりこじつけてみた
今はYoutubeもみようと想えばリビングのTVでみれるし、インドアにしてエクササイズを促進できるアイディアって結構あると想います。

そして個人的には女神伝説GOがやりたかったり。都市コラボを徹底することに割り切っても面白い、というかそれはリアル脱出ゲームの街版というか、フェスティバル・トーキョー案件かもしれませんね。

何だか最近は"CGより実物の方が高精細だしリアルだしチートじゃないし自由度高いし…ポケモンGOより虫捕りや闘鶏の方がリッチコンテンツじゃんw?"なんて訳わからないことを考えだすような私ですが、運動体感がゲーム内の抽象的な運動によって育てられた部分があるなぁなんても想うんです。

NiGHTS - Did You Know Gaming? Feat. DiGi Valentine


昔よく飛ぶ夢を見ていたのですが、最初トンネルを高速で走っているうちに身体が浮かんできて、トンネルの天井に身体を押し付けながら前へ進む感覚は、スーパーマリオワールドのマントで飛ぶ感覚に近いというか。きっとゲームギアでソニックやってた人にはソニックの運動感覚があるし、モンハンにはモンハンの、今スプラトゥーンやってる人にはイカす運動感覚があるのでしょう。オーバーウォッチやストリートファイターもそうでしょう。実際、「グランツーリスモ」を使ったレーサー養成プロジェクトで巣立ったレーサーなんかもいたりしますし、電車でGo!やってた鉄ちゃんで運転手になった人なんかもいそうですね◎

ゲーム内での感覚が現実に作用し、現実の事象がゲーム内にリアルタイムで反映される…アートとして考えても、スポーツとして考えても、そして何よりゲームとして考えても凄まじいフロンティアが拡がっている気がします。しかも短距離で達成できる位置にゴールがありそう。ポケモンGOフィーバーは過渡期というか、色々事故とか起きたり問題もありますが、せっかくの芽をつぶさないで経済的のみならず健康面でもよいゲームというのをどんどん提案していってもらいたいです。

P.S.
RiffTrax - Matrix Kung Fu


そしてその上で爆発的ヒットになるには"私でもできそう"と想えるような敷居の低さと、徐々に上げながら繋げていく難易度調整だと想います。そうして心身を使って心地よくクリアできるゲーミフィケーションがスポーツのみならず教育の分野でもいけたら、その内職業訓練のチュートリアルもゲームになっていくのでは。マトリックスみたいに脳に直接DLできずともゲームで夢中になって遊んでいるうちに職能を体得出来たらかーなり最高な世の中になりますねwこれからの知恵の伝授やオペレーションの組み方、社会システム作りは、如何に"ゲーム性"を提案するかにかかってる、みながゲームづくりができるようになれれば"ルールが更新されていく社会"になる。そんな気がします。

スチャダラパー ゲームボーイズ PV

by wavesll | 2016-07-30 03:48 | 小噺 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/25855112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 土用の丑の日は、もうダサイこと... THE OTOGIBANASH... >>