伯剌西爾の黄金の教会に於ける黒人のマリア像 + Sonatas del Rosario 第11回音の貝合わせ

c0002171_224665.jpg

野村佑香さんがブラジルをぐるっと回る番組で訪れた街、サルバドールのサンフランシスコ教会には黒人のマリア像や黒人の聖人像がありました。これは、土着の宗教カンドンブレへの秘めた信仰心を、キリスト教の建前の中で示したものだという話でした。カンドンブレには様々な神様がいて、神様に認められた人にしか作れないソウフルード、アカラジェというのも美味しそうでした。

このサンフランシスコ教会は別名黄金の教会。ブラジルはナポレオンに攻められたポルトガル王が逃げ込んだ土地で、うなる資源によって豪奢な建築物が建てられました。

そんな煌く空間に、虐げられた原住民の想いが滲む…そんな情景に合わせたいのが『ロザリオのソナタ』。これがNHKFMで流れていて、一聴きで惚れてしまいました。全部で2時間弱の楽曲ですが、第一部の動画を載せます。このアルバム、恐らく全てYoutube上にあるので、クリックし楽しんでいただけたら幸いです。

Heinrich Ignaz Franz Von Biber. Sonatas del Rosario. Sonata I, La Anunciación


c0002171_22194876.jpg


cf.
ボリビア・スクレの聖女 X Tyondai Braxton / Central Market 第21回音の貝合わせ

by wavesll | 2016-08-02 22:17 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/25866323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< イタリア; コクッロの蛇使いの... 相模原19人刺殺事件について以... >>