四川綺海旅行記 初日成都、2日目成都→松潘→九寨溝への移動

この一週間、四川へいってきました。

成田と機内で日本酒や麦酒、ワインを飲み過ぎて、ホテルで直ぐ寝てしまい、大雨の音で起きた朝。成都は「蜀犬日に吠える」という位晴れるのは稀なのですが、この日は青空。なんと虹もみれました。

c0002171_10513798.jpg
c0002171_10534314.jpg


ホテルの朝食で中国現地飯の洗礼。これは味がいただけない。この旅で却って痩せるかもなぁと想いました(結局それは杞憂だったのですが)。それにしてもオレンジジュースが温かいとは(苦笑 中国の人は朝冷たいものを飲むことはないそうです。

c0002171_10561455.jpg


朝、ツアーバスに乗る前にちょっとだけ成都の街をぶらぶら。
電動自転車や車が行き交いする成都の街。緑も多くて好きですね。人も顔つきがいい。逞しくて。

c0002171_10585466.jpg
c0002171_1059943.jpg


バスに乗り込み、一路この旅の目的地、九寨溝へ北へ向かいます。
途中ではモン(サンズイに文)川という街へ。少数民族ミャオ族の住むこの町は四川大地震で大被害を受けたところ。ビルが建てられ、ナマズ料理屋がたくさんありました。四川大地震、こんな村が被害に遭っていたのか。現地は今バスの車窓から見ると、穏やかな生活を営んでいるように思いました。

c0002171_1132490.jpg
c0002171_1153363.jpg
c0002171_1154413.jpg
c0002171_1155671.jpg
c0002171_1161544.jpg
c0002171_1163146.jpg


昼は茂県のホテルで。結構食えて一安心。10年以上前の初めての海外旅行で食べたトマトと卵炒め、北京の時も美味かったけれど今回も美味しかったです。

c0002171_11163995.jpg


トイレ休憩で立ち寄った広場で写真撮影用に飼われていたヤク。ヤクは高山に適応するために毛をはやした牛。中でも白いヤクはめったに生まれないらしく、ここでは10元で乗って写真を撮れるそうでした。

また中国と言えばニーハオトイレ。使うために1元払わなければならなかったけれど、山のトイレを想えばそこまで汚くはありませんでした。女性の方は仕切りがないのは辛そうではありましたねー。果物の直売も美味しそうでした。

c0002171_11195497.jpg
c0002171_1120142.jpg
c0002171_11202661.jpg
c0002171_11212375.jpg


それにしても山が雄大。四川のスケールは、中華サイズ。
c0002171_11244032.jpg


車窓から山椒畑も良く見えました。この写真は山椒を干しているところ。
c0002171_11251050.jpg


中国の田舎の方は国旗が掲揚されているところが多かったです。
c0002171_11273368.jpg


古代の城塞都市、松潘へ。城壁の前の巨大な像は、チベットの王族と、チベットに嫁いだ漢民族の姫のもの。彼女の為にポタラ宮が建てられたと聞いて"そういういわれがあったのか"と。松潘はちょうどお祭りか何かで飾られていました。

c0002171_11333511.jpg
c0002171_11335050.jpg
c0002171_1134653.jpg
c0002171_11342764.jpg
c0002171_11345478.jpg
c0002171_11351445.jpg
c0002171_11353223.jpg
c0002171_11354764.jpg
c0002171_113611100.jpg
c0002171_11362498.jpg
c0002171_11365975.jpg
c0002171_11371465.jpg
c0002171_11373456.jpg


ヤク肉串!これが美味かった!北京の新疆料理の肉串も美味かったけど、中国の串肉は美味い!サービスで買ってくれたガイドのチョウさんに感謝!
c0002171_11391441.jpg


この辺りはチベットの人達が棲んでいて、マントラが書かれた五色の旗、タルチョが至る所飾られていました。この月と太陽の屋根飾りのもチベットの様式なのかな?(追記:コメントにて、イスラム教の寺院という情報を頂けました) 観光客が入れない地元の人だけの大きなチベット寺院なんかもありました。
c0002171_11431764.jpg
c0002171_11433775.jpg
c0002171_1144846.jpg


成都からバスで7、8時間。クルマは一路九寨溝の街へ。写真は撮れなかったのですが、紫の花々が幻想的に咲く中で馬が放牧されていたのは美しかった。九寨溝の街は奇天烈なデザインの劇場なんかもありながら、中国の観光地としてのスケールの大きな自然の光景も。

c0002171_11474130.jpg
c0002171_1147579.jpg
c0002171_11482277.jpg
c0002171_11491964.jpg
c0002171_11493692.jpg
c0002171_11495822.jpg
c0002171_11501921.jpg
c0002171_11504654.jpg
c0002171_1151315.jpg
c0002171_11515397.jpg


今夜の泊りはシェラトン。こんな山奥にもあるんですね。
夕食で地ビールがあるというので聞いたら地元工場でつくったハイネケンとのことw で、青島を頼んだらなんかプレミアムっぽい、気持ち濃いのが出てきました。
麻婆豆腐も出たけれど、外国人向けなのか想っていたほどは辛くなかったですね。明日は早くもクライマックスの一つ、九寨溝散策、楽しみです◎
c0002171_11554051.jpg
c0002171_11555235.jpg


四川綺海旅行記 3日目九寨溝の海達、藏謎
by wavesll | 2016-08-16 11:56 | 私信 | Comments(2)
Commented by km45 at 2016-08-17 00:04 x
>この月と太陽の屋根飾りのもチベットの様式なのかな?
とある写真の寺院は「清真」とあり三日月の飾りがあるように、イスラム教寺院です。松潘にはチベット族、羌族の外に、イスラム教を信仰する回族も住んでいます。
Commented by wavesll at 2016-08-17 10:40
イスラム教だったのですね!
お教え、誠にありがとうございます◎
<< 四川綺海旅行記 3日目 九寨溝... 一週間ほど中国、四川の山奥へ行... >>