LONG SEASON '96~7 X クラッシュオレンジフラペチーノでゆく夏を想 第75回酒と小皿と音楽婚礼

FISHMANS / SUNNY BLUE (1996.12.26 赤坂BLITZ)


c0002171_21321918.jpgLONG SEASON '96~7 96.12.26 赤坂BLITZはこの夏ずっと口遊んでいた歌でした。

こんなイケイケな後期フィッシュマンズを聴いたのは初めて!そのドラッギーですらあるノリの良さは、リリースされた6月末から晩夏が暮れていくまで、長い季節を彩ってくれました。

エレクトリックジャグのようなシャカポコ音も気持ちいいLong Seasonが収録されているDisc2も素っ晴らしいのですが、メンバーが本当に乗りに乗っている空気がDisc1の冒頭から爆ぜていて…!本当に素晴らしいライヴアルバムだと想います。

サマソニでイエモン見た時も思ったのですが90sの邦楽って詩が聞き取れ直截伝わる"唄"だなぁと。なんかドラゴンアッシュとかが出てきたときの演歌世代のようなことを言っていますが(苦笑 とは言えサザン以来、もしくはラップ以来の聞き取りずらいJ-POPとは一線を画す忌野清志郎ラインの歌の強さをフィッシュマンズには感じました。サウンド面でもSUNNY BLUEのHONZIのヴァイオリンなんか最高!

これに情熱あふるる音楽に合わせるとしたら、(12月のライヴだけど)夏の飲み物を合わせたい。というわけでこれ。スタバのクラッシュオレンジフラペチーノ。

普段「スタバ(笑)」なんて斜めに見られることも多いスターバックスですが、スタバは普通のコーヒーは美味くなくても、期間限定のスペシャリティコーヒーはかなり美味しいとたまたま飲んで見直していたところにこの美味そうなフラペチーノ。今年の夏に2度飲みました◎なんでも通の人によるとスタバの期間限定メニューは9割方イケてないそうですが、これはスマッシュヒットだと。

生クリームが溶けていきヨーグルトのような風味のあるオレンジフラペチーノにオレンジの果肉が入っていて、これが触感も含めてiMuy Bien! ヨーグルトなまったりとした味の中でフレッシュな存在感を示すオレンジ果肉がバンドサウンドの中の佐藤さんの歌声と相似形と言える!?なんて感想を吟じたくなる味です。

長い季節も終わりに近づき、夜や日中でも日陰では夏が暮れていくのを感じます。"もうすぐ秋だね"が心と躰に響く八月最終日。また明日から、新しい日々が展開されていくのですね。

c0002171_224525.jpg

by wavesll | 2016-08-31 21:58 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/25943968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Jacob Collier T... 『プロテスタンティズムの倫理と... >>