秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ

c0002171_6332240.jpg


やーやってきましたサツキとメイの家!
栄から地下鉄で終点藤が丘まで行き、リニモで愛・地球博記念公園へ。
リニモ、リニアモーターカーに載ったのは初めてだったのですが、独特のキーンという音が結構気になりました。分からないけれど、モスキート音的な感じの奴だったなぁ。

愛知というと尾張・三河と武将の地でもあり、侍推しな駅構内・車内ポスターでしたw

c0002171_6391252.jpg
c0002171_6393592.jpg


駅に着くとなんと豪雨!この日は当初から雨が予想され、これまでもぱらついたりぱらつかなかったり蒸し暑い梅雨のような天気でしたが、もはやドラマ雨な豪雨に立往生。駅からサツキとメイの家は大体20分ほど歩かなくてはならない位置関係だったので…。そしてローソンで事前に入場券を買ってしまっていて、この後の予定もあるのでズラせずといったところ。とりあえず公園事務局に電話して「雨で遅れそうだけれど大丈夫ですか」と確認を取り、小雨になるのを待ちました。

c0002171_6431512.jpg


少し小降りになったところで駅を出発、しかしまた本降りに!雨宿りしながらだんだん楽しくなってくるw
とまぁその内に少し光もさしてきて。チケットカウンターまで辿り着けました。当日券もあったそう。流石に雨の平日ですものね。

サツキとメイの家は観覧時間が30分で、今日は人が少ないので内と外は出入り自由。ただ、家の中で人が滞るといけないので、撮影は外からのみOKとのことでした。

そしていよいよ草壁家へ!
c0002171_6462734.jpg

c0002171_6472792.jpg
c0002171_6471154.jpg
c0002171_6474059.jpg
c0002171_6515649.jpg
c0002171_6521474.jpg

とっても良かったです。少し小振りなつくりだけれど家の再現度が物凄く高くて。

屋内では撮影NGなのが本当に惜しいけれど、箪笥や押し入れを開けられ、中の食器とか着物とか、サツキとメイの長靴やブラウスとか、お父さんの書斎とか調度品が凄い作りこまれてました!何でも本物の昭和のアンティークを揃えたそう!竈も開けられたしあの風呂場に台所から水を流す竹筒まで完備!井戸は本物でじゃぶじゃぶ出来ました!

あの柱もさわれました!固定されててぎいぎいは出来なかったけどw。この草壁家の設定は映画から一年後。お母さんも退院しているとのこと。こういう感じ、廃校の黒板に描かれたSLAMDUNKのその後みたいな感覚でファンには嬉しいですね◎今は夏verだけれども、秋冬verになると調度品が取り換えられるそうです。

何気に公園内の森に落ちている木の実に一番トトロの世界観を感じたりw
これでサツキとメイの家の入場料が500円なのはいいですね!公園は入場無料でした!
c0002171_656984.jpg

さて、この後再びリニモに乗り、次の目的地へ向かいます。

第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編


第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編
第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編
第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし
第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-02 07:03 | 展覧会 | Comments(0)
<< 秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 ... 秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 ... >>