菅実花 / The Future Mother @慶大日吉キャンパス来往舎 が産んだ波紋

c0002171_19101014.jpg
c0002171_19102190.jpg
c0002171_19103812.jpg
c0002171_19104865.jpg


先日に慶應大学日吉キャンパス来往舎にてみた菅実花 「The Future Mother」。ラブドールが妊娠したというセンセーショナルである種ディストピアなヴィジョンを示した作品。脇腹を割いて詰め物をするなどの制作過程が映されたビデオも展示してありました。
もしラブドールが「妊娠」したら…芸大院生が本当に伝えたかったこと(withnews)というインタヴュー記事を読むと複眼的な視点が理解でき、単純にマタニティーヌードとしても美しいなと思っていたのですが、クレームが来たのか展覧会途中で中止になってしまいました。

その経過への反応は「ラブドールは胎児の夢を見るか?」シリーズを展示!展覧会「The Future Mother」2016年10月25日〜29日開催(togetter)にも集められていますが、慶應の広告学研究会の強姦事件などもありピリピリした時期だったのも影響しているかもしれません。私自身、写真を撮っていると慶應ガールから不審な目で見られまして(苦笑 エッジを利かせたことをやるときこそ身なり身振りなどをきちんとする必要がありますね><

とはいえ、社会に問いを投げかけるのが現代美術の一つの働きであるとすれば、途中中止になったのは逆に好かったかもしれません。Chim ↑ Pomは世間を騒がせつつもプロジェクトを大きくしているし、この作品は阿修羅骨格像デブトラマンのような視覚的な惹きがありながらも社会の湖に問いの石を投げかける価値ある作品だと想います。その波紋の一助になればと記事をしたためた次第です。
by wavesll | 2016-11-01 19:30 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/26114011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 百鬼も活きられる世の好い加減さ... Chim ↑ Pom / &q... >>