エルミタージュ孔雀時計の煌音

c0002171_15444751.jpg
Peacock clock horloge du paon Ermitage museum St Petersburg Tchasi Pavlin


Видео 360° | Государственный Эрмитаж, Часы "Павлин" | The State Hermitage, "Peacock" clock


音のソノリティという番組が好きで。イッテQの後にやっているミニ番組なのですが、フィールドレコーディング好きにはたまらないような、音に対するフェチシズムを刺激してくれる良番組なのです。

このBlogでもそういう音の玉、ドイツ、マイセン町の磁器製の鐘の音なんて記事を書いたことがありましたが、今回は時計第二弾。

エルミタージュ美術館にある孔雀時計の音です。黄金の煌きがそのまま音になったような音にうっとり。前述の音のソノリティとは異なる番組なのですが、内部構造が紹介されていて。孔雀の鳴き声もこの空気の蛇腹から生まれていたとは、面白い。

時計シリーズとして企画化してもいいかもw
時計と音楽と言うとやくしまるえつこの時計ちっくなんかもありますね。スポーツ音響楽曲群お料理音楽鉄道音車両に次ぐサウンドフェティズムシリーズ、やっていきたいです◎

c0002171_15262849.jpg
c0002171_1531468.jpg
c0002171_1532137.jpg
c0002171_15265228.jpg
c0002171_1527562.jpg
c0002171_15271422.jpg
c0002171_15321840.jpg
c0002171_15272496.jpg


cf.
INDUSTRIAL.JP 工場音楽

by wavesll | 2016-11-12 15:32 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/26142467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ROVO live at 代官... シネマ歌舞伎 『スーパー歌舞伎... >>