速水御舟の全貌-日本画の破壊と創造- in 山種美術館

先日、山種美術館に速水御舟の全貌-日本画の破壊と創造-を観に行きました。
c0002171_21332063.jpg

好い展覧会でした。この『炎舞』、31歳の時の作品なのに驚愕。闇の中の焔、その煙る光の拡散や空気の渦、空間を日本画で描ききる。とてつもない。初期から『炎舞』、そしてその後もアグレッシヴに画業を極める姿勢に心打たれました。

御舟は色がいい。『富士』の山頂の尖んがる黒、『山科秋』の橙点はモネ展でみた『印象、日の出』に匹敵する蛍光な鮮やかさ。そして質感。『洛北修学院村』の青深緑は真しく日本の山の空気の色。『白磁の皿に柘榴』の柘榴のリアルな質感と金地の彩そして『鍋島の皿に柘榴』の叩くとキーンとなりそうな皿の質感。

さらに御舟の筆の格好良さに惚れ惚れしました。『日向葵』の流麗な線は前知識がなくみれて嬉しかった。ヒマワリをこんなカタチで描くとは。『菊花図』の江戸菊の造形は丁度三溪園菊花展でみてきたばかりで本物を知ってるだけにまじまじとみました。『墨竹図』のポストモダン的な格好良さ。『牡丹(写生画巻)』の花の淡さ・捨象の見事さはさながらゾーンに入ったかのよう。『沙魚図』のハゼの班紋、『樹木』の軽井沢のブナに宿る野生の樹の逞しさ。『翠苔緑芝』はデジタルアートの先取りというかWindowsの画面の如。描かれていた兎は実際に飼っていたようです。『名樹散椿』はMacというか、撒きつぶしのマットな金に昆陽山地蔵院にあった秀吉が寄進した椿をモデルに鏤められた椿の彩密さとそして地に散った花弁の配置が絶妙に格好いい!これは生でみる価値あり。この頃『炎舞』も描いているとは凄すぎる…!

海外にも御舟は渡っていてフィレンツェの街並みを描いたりエジプト人を描いてるのですが、この人は人物画より自然の画がいいなぁと想います。『豆花』のにょろりとした茎、『芥子』の爽やかな美。『暗香』の夜花の匂い、『あけぼの春の宵』はシンプルにハイレベルな綺麗。

パキっとした格好良い線と艶やかな色。様々なスタイルを挑戦した速水御舟。
“梯子の頂上に登る勇気は貴い、更にそこから降りてきて、再び登り返す勇気を持つ者は更に貴い”
彼の画業の全貌、最後の間では『牡丹花(墨牡丹)』、『桔梗』、『秋茄子』と黒の表現に。ポロックも最後は黒へ挑んでいたなぁと想。『盆梅図(未完)』、『三本松(写生)』はSF的な境地に。そして絶筆となる『円かなる月』。これがパキっとした線、黒、そして緑の淡滲む色艶、御舟の画業のすべての到達点に感じて、深い感動、鳥肌に襲われました。この展覧会、良かった。

僅か40年の、正に駆け抜ける様に画家の道を生きた速水御舟。そのエナジーが端麗な絵として焼き付けられる。素晴らしい画、その挑戦は永遠の命を宿す。最後にまた一段上へ翔けた彼の人生に思いを馳せました。
by wavesll | 2016-11-22 22:12 | 展覧会 | Comments(0)
<< 里国隆 黒声(クルグイ)の記憶 三溪園菊花展 >>