Steady&Co. / Only Holy Story Xmas前々夜に

only holy story steady&co.


Xmasは名曲が多く生まれた日。今年は山下達郎より稲垣潤一をよく聴いた気がします。
この歌がXmasソングのスタンダードになって欲しいなぁなんて想う楽曲がSteady & Co.の『Only Holy Story』で。

絶頂期にあったDragon AshのKJがスケボーキングのSHIGEO、RIP SLYMEのイルマリ、そしてBOTSと組んだクルーで、春夏秋冬STAY GOLDが入った『Chambers』は当時のインタヴューで「時間がたっても聴けるようなアルバムをつくれた」と語っているのが印象的で。

そして、あれから十数年が経って、Spotifyで『Chambers』を聴いてみたのでした。

『VIVA LA REVOLTION』直撃だった自分は、Dragon Ashは格好良くて惚れたんだけれども、パクリ話とか、イケてる感じがいけ好かなかったりしてRIJFでアースのDAの裏のレイクのSFUみたりとなかなかに捩子くれた思い出があったのですが、改めて聞くKJ達のラップは"今聞くとちょっと平板だな"と感じつつも爽やかなグッド・ミュージックとして響きました。

その中でも『Only Holy Story』は白眉で。まずメロがキラーだし。
今回初めて歌詞を読んだのですが、付き合っていた彼女とのXmasから、もう別れかけるXmasに湧いてくる想いまでが描かれているのですね。日本のXmasソングはひとりぽっちのクリスマスからこれまで寂しい想いでの切ない曲が多い印象がありますが、これもそんな伝統に連なる一曲なのだなと想います。本当にXmasソングのスタンダードナンバーにならないかな。時を越える魅力がある歌だと想います。

素敵な曲でイヴの24時が回ったら、Merry Xmas.
by wavesll | 2016-12-24 00:57 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/26261106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 聖日に長崎・生月島のオラショ アピチャッポン・ウィーラセタク... >>