「ほっ」と。キャンペーン

平成28年のListening Experience

本日は大晦日。毎日この時期になるとベストアルバム企画などをやるものですが、自分のリスニング記録として去年に引き続き音楽体験の2016年回顧を記そうと想います。

Best Album
Chance the Rapper- Coloring Book


Noname - Telefone (Full Album)


Andrés Beeuwsaert "Andrés Beeuwsaert"
c0002171_1345369.jpg



Best Song
Rihanna - Work (Explicit) ft. Drake


毛玉 - ビバ!


入江陽 - おひっこし (Lyric Video)


最初に挙げるのは、今年リリースされた音源たち。
今年の最も印象に残る音楽ムーヴメントはTLに流れてきたシカゴでのフリーライヴから米大統領選挙投票所へのパレードでシンガロングされるChance the Rapper ft. 2 Chainz & Lil Wayne - No Problemでした。

今年はBrexitとTrump勝利で大きく世界の軋みが顕在化した政治的転換の年。結局現実に政治的勝利をリベラルは出来なかったのですが、これから締め付けが厳しくなるにつれてどんどん音楽が力を増していくことを予見させる瞬間でした。

今年はフィメール・ラップの年だったとも思います。NONAMEも素晴らしかったのも勿論、DAOKOMoe and Ghosts & 空間現代 も素晴らしい作品をリリースしてくれました。一方漢のHIPHOPではBuddha Brand Live @柏まつりは得難い体験でした。

今年はHIPHOP以外もフィメールミュージシャンの勢いを物凄く感じた年でもあって。ベストソングに選んだリアーナの『Work』はとてつもない楽曲だし、サマソニでみたSavegesもロックの勢いを感じました。

去年に引き続きベストソングとして挙げた入江陽はBon Iverに匹敵するくらいの楽曲で。そしてまだレヴュー書けてないのですが毛玉の2ndは日本の音楽の高い到達点な作品だと想っています。エルメート・パスコアルにも通ずる浮遊感と展開。

そしてアンドレス・ベエウサエルトは一度見てみたくて。八月に根津教会でLIVEを観る機会があり、改めて一番未来を感じる音楽だなと想ったというか、クワイエット・コーナー的な潮流と南米のエッセンスが究めて"今の感性"に感じたのでした。

J Dilla・ビートの浸透
ここからライヴも交えての個人的音楽潮流の感想を。

今年日本の音楽でJTNC的なセンスでのバンド達が大きな潮だったと想います。
私自身年始に見たMark Guiliana Jazz Quartet @Cotton Clubのドラムには度肝を抜かれて。David Bowie 『★』で一気にこの感覚が伝え拡がった気がします。

その後で色々興味深く足を赴かせたのですが、段々J Dillaなビートのもたれをするだけではレッドオーシャンになってしまっているなぁとも想ったのでした。マークジュリアナの衝撃があまりにも凄すぎたのもありました。

その上で"このプレゼンテーションは凄いな"と感じたのがROVO live at 代官山UNIT。私は2日とも行ったのですが、最終日のアンコールでリズムの撓みを感じ。それはビートの揺らぎでなく上モノを撓ませていて。飛び切り洒脱に感じたのです。2013年のロザリオス活動休止ライヴでガレージ・ジャズロックにディジュリドゥを入れることでダブステップ的な音像を体現したのを目撃した以来の、最新モードに対するヴェテランの技を感じたのでした。

ROCKの揺り戻し
さて、私にとっての2016年はROCKが再び面白くなった年でもありました。

今年のBEST LIVEはArca@Womb
夥しい人塊に圧縮されながら、まさに狂乱のライヴ体験。Arcaは本物のロックスターだと圧倒され、今一番ROCK的な破壊力をもったActはこの表現なのかもしれないと開眼させられました。

そして、これは旧譜になるのですがJulian Casablancas + The Voidz - Tyrannyのダーティーで混沌とした音にロックの革新を感ぜられて。ここ数年は"無難なロックじゃ楽しくない"と想っていたのですが"ロックまた面白くなってきた"という嬉驚を感じました。

上で女性ミュージシャンが活躍した年だったと書きましたが、Frankie Cosmos - Much Ado About Fuckingラブリーサマーちゃんインストアライヴ at 新宿タワーレコードでみたエレキギターでの弾き語りは純核音楽としてのROCKを鮮やかに鳴らしていたと想います。


ライヴでもROVOも良かったし、Godspeed You! Black Emperor's live at Shibuya DUO MUSIC EXCHANGEは今年描いた音楽の感慨で最も感動が現れた文章だなと想います。

そしてRadiohead live at Summer Sonic2016には圧倒されました。『A Moon Shaped Pool』の冒頭、Burn The Witchのストリングスの気持ちよさ。『AMSP』は一時期一番聴いていたアルバムで、このクラシック方向のアプローチは、個人的には今年題名のない音楽会が一番楽しみな音楽番組になってきたりFreiburger Barockorchester concert at Toppan Hallに感動したりしたので、とても共響したのでした。

初夏の辺りはSpinettaの『KAMIKAZE』と共に『The King Of Limbs』に嵌っていたし、今年はレディヘに(漸くw)本格的に嵌った年だったかもしれません。

アルバムとしてはKING CRIMSONの高松のLIVE盤Bunkamuraで生で見たのを超えるような凄味があったし、今年のライヴ納めも笹口騒音&ニューオリンピックス/タテジマヨーコ/水中、それは苦しい インストアライヴ@錦糸町TOWER RECORDSで〆、"やっぱROCKいいな"と想った壱年でした。

後、これからどうなってしまうかは分からないけれど、ゲスの極み乙女の新曲"シアワセ林檎"、今の邦ロックでは頭一つ抜けた境界を交えていく美曲だったので、このまま消えないでまた浮かんで来ることを期待します。

日本の音楽を求めて
今年は個人的には日本の音楽を聴き深めた年でした。


深めるのに二つの方向性があって。
一つは自分より世代が上の人の音楽を聴いたこと。
はちみつぱいJAGATARAINUFlower Travellin' Bandジャックスetcetc...

私は20前後の頃は"90年代後半が日本の音楽では最高"と想っていたのですが、全然そんなことないなと驚嘆の体験でした。特にはちみつぱいの今年出たライヴ盤はフィッシュマンズの新ライヴ盤にも迫るクオリティで、それは相対性理論に受け継がれているとも感じました。

そしてもう一つは日本の伝統的な音楽の面白味をDigった年で。
主にタワレコ渋谷店のカツオさんプレゼンツの熱い音ライヴのおかげでとっても音楽充が出来ました。

OKI & 沼澤尚インストアライヴ at 渋谷タワーレコード
MAREWREW インストアライヴ@渋谷タワーレコード
朝崎郁恵 with マブリ インストアライヴ@渋谷タワーレコード
これらレジェンドの他、現代に民謡をアップデートしたという流れで
アラゲホンジ LIVE at 渋谷タワレコ!!!!!馬喰町バンド インストアライヴ@渋谷タワレコそしてすみだ錦糸町河内音頭大盆踊りも素晴らしかった。

そして…ジャパニーズトラディショナル音楽体験で一番大きかったのは△Animal△Vol.8 ~アニマル民謡 at Bar Bonoboでの俚謡山脈民謡DJ Set。
c0002171_19221389.jpg
完全に民謡がゴロっと回されて、それでグルーヴが凄くて!これには仰天しました。俚謡山脈さんプレゼンツでSoi48 Vol.20 神弓祭 - 弓神楽 Release Party! at 新宿Be-Waveにも行ってきたりXmasにオラショを聴いたりもしました。

今年の日本のバンドのライヴで特徴的だったのが特殊な楽器を使ったアクトが結構あって。相対性理論や馬喰町バンドもとても面白いリスニング体験だったのですがBand of Eden インストアライヴ at 渋谷タワーレコードで鳴らされたダクソフォンという楽器は衝撃的でした。海外勢ではオレカTXのチャラパルヤという楽器が面白く、海外のヴェテランの活躍でいう点ではPaul Simonのclap! clap!等をフィーチャリングした新譜が素晴らしかったです。

WORLD音楽
今年も世界中の数多の音楽で楽しい聴験が出来ました。

音体験という意味でもBunkamuraでみたヤン・リーピンのシャングリラは破格の体験で。四川で蔵謎をみれたのも嬉しいサプライズでした。

Asiaの音楽では、中東シリアの伝統音楽を演奏したAFRICA EXPRESS PRESENTS THE ORCHESTRA OF SYRIAN MUSICIANS WITH DAMON ALBARN AND GUESTSと電化ダブケの雄、Omar Souleyman live at Studio Coastは音の刺激に大いに高揚しながらも祈る気持ちにもなりました。

そしてジャマイカでイマ一番熱い男CHRONIXX JAPAN TOUR @川崎クラブチッタとパキスタンmeets爵士Sachal Jazz Ensemble@東京JAZZ、ウルグアイの巨匠Dos Orientales (Hugo Fattoruso & Tomohiro Yahiro) インストアライヴ @ディスクユニオンJAZZ TOKYOはずっとみたかった星群で。本当に目撃できたことに幸運を感じて。エグベルト・ジスモンチ ソロ ~ナナ・ヴァスコンセロス追悼コンサート~@練馬文化センターも胸を打ちました。

2016年は世界のSSWも素晴らしい音楽体験を与えてくれました。

エストニアの吟遊詩人でありmulti奏者:Pastacasイ・ラン (이랑 / Lang Lee)インストアライヴat 渋谷タワーレコードには心の深いところを奮わされました。


そして広義のワールドミュージックという意味ではLes BaxterのExoticaも楽しかった。桑田佳祐 - ヨシ子さんのゴッタ煮・ムジカ・デ・エル・ムンド振りも嬉しかった。

さらに今年の最後を飾ったのはタイの音楽でした。
Soi48関連からのMonaural mini-Plugも素晴らしかったし、アピチャッポン・ウィーラセタクン 『光りの墓』―現実と霊性の間を描くまこと見事な手腕は今年の中で飛びぬけた音楽体験でもあって。

『光りの墓』のタイ語柔らかな響きと自然音のハーモニーは、年始に訪れた香港・バードガーデンで「このチャイ語と鳥声をフィーレドレコーディングしたいなぁ」と想ったものをさらにエッセンシャルにしたマリアージュだったし、今年は『新幹線大爆破』『夕陽のガンマン』を始めとして映画音楽に愉しませられた年でもあって。さらにはこの『光りの墓』の柔らかな明かりは、アンドレス・ベエウサエルトにも通じる10年代後半のモードを鮮やかに響かせている気がし、今年を象徴する特別なフィルムでした。

今年のフィールドレコーディング・エクスペリエンス
香港旅行で味わった鳥声とチャイ語の交わりと急かすような信号音とチャイ語の混ざりは今年の録音したいNo.1でした。

また尾瀬歩きでのオーバルな鳥声と愛知トリエンナーレでのChris Watsonによる彼の故郷イギリス北西部シェフィールドから愛知県鳳来寺山に至る最短コースの円周上にある9地点の音を20数個のスピーカーで鳴らした42分の作品そして東京藝大音環 卒展・修了展のサラウンド作品は360°を超え球形の音響体験で、VRとか4DXのような"これからの音響のフロンティア"を感じさせてくれました。

フィールドレコーディングでいうと
Sports Fieldrecording スポーツ音響楽曲群
The Vegetable Orchestra・おみそはん・Yosi Horikawa・NANTAのお料理音楽
鉄道音楽III両集
なんて企画もやったりしました◎Chassol食品まつりのように採音的なセンスを持ったPLAYも出現し、来年あたり愈々一気に爆発するかも。

そして、今年最も心に残ったリスニング体験は
宇多田ヒカル / 忘却 featuring KOHH を聴く海景

c0002171_17585136.jpg

由比ガ浜の夜半、海の響きが染み渡るイントロとアウトロ、音楽と酒や絵をマリアージュしようと色々試行錯誤しているのですが此の波音から楽曲が立ち昇り、そして波音へ還っていく体験はこの曲の本来の姿はこうなのではないかと想う位の特別な体験となりました。

また来年も素晴らしい音楽に出逢えることを期待して。そしてすべての音楽家に感謝を。
ceroのサルサや鳥声なライヴでの音像には2017年へのNEW MODEがもうキックオフしているのだと感じます。
この星でまた365日鳴り響く音楽がとっても楽しみです◎

皆様、本年もありがとうございました。良いお年を^^
[PR]
by wavesll | 2016-12-31 17:59 | Sound Gem | Comments(0)
<< 1月1日に漱ぐ 清冽なイランの... 笹口騒音&ニューオリンピックス... >>