「ほっ」と。キャンペーン

世界遺産 ラスコー展@国立科学博物館で"Lascaux3"をみた

Lascaux. Pinturas Rupestres. Arte.


c0002171_2139540.jpg
c0002171_21393013.jpg
c0002171_21394136.jpg
c0002171_2140449.jpg
c0002171_2141065.jpg


国立科学博物館に世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~を観てきました。

フランス・ラスコー洞窟。少年が偶々みつけたこの2万年前の藝術は、現地でも見ることはできません。
壁画保護のため洞窟は閉鎖されているのです。
しかし、その傍に"ラスコー2"という洞窟を完全再現したレプリカがあり、観光客はこれを観ます。

そして、此の度上野にやって来たのは"ラスコー3"、遠隔地での展示が可能な実物大の部分部分のレプリカ。これも素晴らしかったのですが、現地の写真や映像をみると、"洞窟壁画"というより"天井画"というか、水族館のチューブ回廊のように半球状に動物たちが描かれているのが凄くて。これを観るためにラスコーへ行くのはやっぱりアリだなぁと想いました。

驚いたのは壁画に獣だけでなく、四角で形づくられた紋章も描かれていたこと。2万年前から「四角」という人工的な「形」があったとは。四角の紋章は中央の黒牛の下に在りました。また"鳥人"のようなシャーマン?もいたり。とても興味深くて。

壁画は最初に輪郭が彫られ、そこに着色され、さらに線刻がなされたとのことでした。うーん、ほんと凄いなコレ。『ラスコー洞窟VR』みたいなPS4ソフトorスポットが出来たら「俺の金持ってけ!!」状態になりそうwというかそういうVRソフトを愉しめるVR喫茶とか出来て欲しいなー★

展覧会の大きな目玉は"ラスコー3"ですが、他にもオオツノジカの骨格レプリカがあったり、何よりもラスコー洞窟画を描いたクロマニヨン人に関する展示が充実していて。洞窟壁画を描くために使ったであろうランプや、獣のレリーフが彫られた道具なんかも興味深かったです。

後、何気に気になったのは2万年前のラスコーより更に以前、3万5000年前のショーヴェ洞窟にも壁画があるという記述があって。古代へのロマンが湧きたちました。

この特別展のチケットで常設展もみれるし、これで1600円ならアリ。金曜は20時までやってるそう。2/19迄。

c0002171_22132623.jpg
c0002171_22134124.jpg
c0002171_225391.jpg
c0002171_22145680.jpg

"ラスコー1"はみれなくても"ラスコー2"、いつかみてみたい!
[PR]
by wavesll | 2017-01-06 22:15 | 私信 | Comments(0)
<< 柳幸典 / Wondering... 七尾旅人/兵士A at 渋谷U... >>