この世界の片隅にatユーロスペース

渋谷ユーロスペースで『この世界の片隅に』を観てきました。
c0002171_2273346.jpg

EDでしみじみと、ぼろぼろと涙が止まらなかった。ユーロスペースには原作漫画の生原稿とかもありました。
感想を書きたいのですが、ネタバレなしで見て欲しいので、もうね、絶賛レポは出回りまくってるんだから何も言わずに映画を見て、それから感想読んで欲しいっすwみてから読んでくださいw

感想は予告編の後に。

映画『この世界の片隅に』予告編


広島の夢見がちな少女だったすずは、見も知らぬ青年に見初められ呉へ嫁ぐ。
戦時下の日常が淡々と、すずのキャラクターも相まって時にほんわかと描かれます。

戦時下、どんどん配給が厳しくなっていく様子、彼女たちは工夫して少しでも楽しみをみせようとしながら暮らすけれど、社会の切迫さは色濃くて。社会主義的な国、例えば北朝鮮やヴェネズエラ、キューバなんかでも今もそうなのかもしれないと想いながらみていました。

私は去年アピチャッポン・ウィーラセタクン 『光りの墓』をみて、軍というものが日常化している国の案外に危機が張りつめていない空気を想いました。一方で年始に見た七尾旅人/兵士Aでは戦争の最前線で死ぬ兵士の感情、総力戦のおぞましさを感じました。

そして『この世界の片隅に』。"戦時下の日常"で、あんなにもほんわか笑っていたすずさんの笑顔と人間性が崩れていく様が、今の平成の日常と地続きだった"呉の日常"の怖ろしさを味わされました。

そして戦争が終わって、孤児を拾うという人間性の回復が起きたのをみて、笑顔が戻ったのをみて。"あぁ、こんなにも愛らしい人でも戦争の中では人間性を失ってしまう…!"と頭が殴られた気がして。のんさんの声演の素晴らしさも相まり、本当の戦争の恐怖を覚えました。

またすずさんが幼馴染と一夜を過ごすとき、「好きだった」と告白しながら、夫を選んだシーンも響いて。

私も今まで生きてきて、淡い気持ちを持った女の子はいたけれども、今の彼女を選ぶだろうと。
DQ5やったときはビアンカしか考えられなかったけれど、今はフローラを選ぶ気持ちが理解できる。人生を重ねる事の、その重みを感じました。

この映画は『火垂るの墓』というより、『風立ちぬ』との位相づけられると自分では想います。

方や市井、方やエリートとして"あの戦争の銃後"にいた彼ら。
それでも、自分の能力を最大限に活用して"自分の美意識で戦争へ能動的に関わった二郎"に対し、"ただただ成すがままに戦争へ付き合って、そして裏切られるすず"。

『この世界の片隅に』には「この戦争は間違っている」というようなキャラは出てきません。みんな"好い人"で"自分なりの闘い方"をしてる。寧ろエリート層の方があの戦争の無謀さを高い知見から知っている。

市井の人にとっては戦争に巻き込まれたことは『仕方ないこと』だし『したいと想った犠牲』だった。
けれど、『自分がやりたくてやっていたはずの犠牲』でも自分への負荷・反動・傷は深く、"裏切られた"と想った瞬間にすずの怒りは爆発しました。

『したくてした犠牲』も火薬の澱は溜まり、すべてが終わった後で焔が燃え盛る。しかしその時にはすべては終わっていて、後の祭り。行ってみれば犬死の様な激昂。

だから、本当に大切なことは『己を大切にして、空気に流されて犠牲を差し出さない、誇りを持つこと』なのかもしれない、そんなことを、想いました。と同時に、日々の生活の丁寧で実直な"仕事"の細やかな描写がまた愛おしく想えた映画でした。

In This Corner of the World Trailer

物語を思い出してもうこの予告編見るだけで泣ける…(この海外版トレイラー、日本上映版にないシーンもあるのでお薦めなのですがネタバレ要素もあるので映画館で観た後でみるのがおすすめ)。何も言わずにこの映画をみてくれ!!!
by wavesll | 2017-01-18 22:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/26330964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 80sを中心とした女性シティポ... Lake Street Div... >>