欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第4章~第5章 書き起こし

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第1章~第3章

前編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」20160103(Dailymotion)

第4章 幻想が、幻想を生む

東京証券取引所にて
トマス・セドラチェク(チェコ総合銀行チーフエコノミスト 経済学者 24歳のとき初代大統領の経済アドバイザーに抜擢 チェコでベストセラーとなった著書『善と悪の経済学』は世界15か国語に翻訳)
「ここは"何処でもない国"のようだ。ある意味ここで日本経済の価値が決まっている。市場関係者の"アゴラ(広場)"はもう移動したんだ。"見えざる"デジタル空間にね。ここには何もないが全てが"ある"。お金はもはや物質ではなくこの市場の"役者"たちによる精神的同意事項にすぎない。そもそも僕らの欲望はバーチャルなものなのだ。

ピカソの絵が欲しいって?高額な理由はピカソの絵そのものにはない。信頼できる専門家がそれがピカソの絵だと認証するから高額なんだ。つまり人々の同意の問題なんだ。ある物の価値が宿るところは投じられた労働や物質ではない。価値は"欲望"と"満足感"が交わるところに宿る」

需要と供給の交わりで市場は動く そんな世界は幻想だったのか 人々の欲望が渦巻く中 増幅される 社会の捻じれ 20世紀 大衆の時代 大胆な経済理論を打ち出した男がいた 稀代の経済学者 ジョン・メイナード・ケインズ(1883~1946)

彼は一風変わった美人コンテストを例に引き大衆心理の本質を言い当てた "最も美人だと思う人に投票してください。ただし賞金は最も票を集めた女性に投票した方々に差し上げます" この時何が起きるのだろう


セドラチェク
「自分は他の人の投票先を予想しているんだが他の誰かが予想していてまだ別の誰かが…これは一種の"無限ゲーム"で自分の好みを選んではいない。僕は他人の好みを予想しているのだ。

ここには多くの…本当に多くの意味が含まれている。一つ目はズバリ"株式市場"の本質を言い当てていること。私が"投票"する会社は自分が好きな会社ではなくたくさんの人が"好きであろう"会社だ

次はよくあることだね。"誰の好みでもない女の子が優勝する"。そして投票する人は"固定観念"を用いる。最も有利な戦略は女性ではなく審判たちを見ることだからね。固定観念は未来にわたってずっとこだましていく。誰の好みでもない女性が選ばれてももう誰にも止められない」

安田洋祐(大阪大学准教授)
「これはサブプライムローンのことも言い当てているかもしれませんね」

セドラチェク
「そうだね。悪質なローンを組み合わせて作った乗り物だったね。みんながシステムを信頼していたけど機能しなかった。ある意味どんなに神話的で観念的かが分かるだろう。一見数学的で分析的だと見える経済の分野がね。ナンセンスで無根拠な虚空のようだね」

自分の欲しいものではなく他人が欲しいものを予想し模倣しあう 欲望が行きついた錯綜する世界

安田
「経済学者はバブルなど市場危機を避けることに貢献できると思いますか?」

ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授 2001年ノーベル経済学賞受賞 アメリカ大統領経済諮問委員会委員長 世界銀行チーフエコノミストなどの要職を歴任)
「まず言いたいのは"悪事は働くな"、"害をばらまくな"ということだ。2008年リーマンショック以前 経済学者たちは莫大な損害をもたらした。多くの経済学者が…"他の"多くの経済学者がと言っておこうか。自由放任市場が万能だと売りまくっていた。"市場には自己調節機能があるからバブルなんて心配するな 市場を信じよ"ってね

"自己利益の追求"…経済学者が"インセンティブ"と呼ぶものは現代の市場経済では確かに中心にある考え方かもしれない。しかしアダム・スミスは間違っていたことがわかった。"自己利益の追求"…時に"強欲"が"見えざる手"によって社会全体の幸福を導くと言うが…"見えざる手"はいつも見えない。そんなものは存在しないからだ」

アルヴィン・ロス(スタンフォード大学教授 2012年ノーベル経済学賞受賞 市場の制度を設計する「マーケットデザイン」研究の先駆者)
「"見えざる手"は単なる概念だ。"市場の魔法"は魔法では起こらない。市場には必ずルールがある。そのルールは誰かが一人で決めたものではなく歴史の中で磨かれてきたものだ。"自由"市場はルールからの"自由"を意味しない。競争 協力 取引…"自由"に市場を使いたいならルールがそこにはあるはずだ。

経済学者たちもいかに市場を有効に使うかわかり始めたばかりなんだ。時に誤りを正しながらさらに良きルールを見つける手助けもできるだろう」

スティグリッツ
「21世紀の現在と18世紀では経済の様子は全く違う。あまりにも多くの経済学者が"経済学の父"アダム・スミスに頼りすぎている。自己利益の追求が"見えざる手"に導かれ社会全体の幸福をもたらすという理論…彼がそのことを書いていたのは資本主義が本格的に走り出す前の話だ。

確かに彼は素晴らしいアイデアをくれたが巨大企業などが生まれる以前の話だ。東インド会社などいくつかの大企業はあったがそれは貿易企業であって今あるような製造業は一つもなかった。

アダム・スミスが経済の行く末まで理解していたと思ってはいけない。彼に現代の資本主義の姿などわかったはずもないのだから。スミスが利益の追求という人間の欲望を見抜いた洞察はすごいが私たちが現代の資本主義を理解しようとするならば、たとえば研究開発やイノベーションが社会に果たす役割を考えないといけない」

アダム・スミスが知る由もなかった現代 技術がさらなる欲望を駆り立てる

第5章 欲望の果てに

安田
「今 技術のイノベーションがシェアエコノミーの基盤を変えようとしています。テクノロジーがなければUberなど新しい市場は生まれなかったはずですが…」

スティグリッツ
「新しい技術が多くの分野で社会に影響を与えてきたのは明らかだ。実際とても大きな利益も生まれているだろう。しかしそこで気を付けねばならないのは利益が大きく取引が拡大したからと言って社会にも価値があると考えるのは危険だ。

心配なのは働く人の扱いだ。そうした新しいプラットフォームが労働者の組織力を害してしまうこともある。仕事が減るだけでなく長い目で見ると賃金も下がり続けていくだろう。まさに市場を独占するからだ。今はそれほどでもないが労働市場にそのルールを適用しようという欲望は強大だ。」

スコット・スタンフォード(シェルパ・キャピタルCEO 元ゴールドマン・サックス社員 2013年ベンチャー投資企業を設立)
「型通りな言い方だが…今回は今までと違う。単に経済に衝撃を与えるにとどまらない。僕らクレイジーな奴らは本当に思っているよ。今僕らが目にしている変化は人類という種の進化の瞬間だと。

自動運転技術はここでもすごく話題だ。イーロン・マスク(シリコンバレーの起業家)が言ったこんなことも想像できるんじゃないかな。"自分で運転することが違法になる日が生きている間にやって来るだろう"って。」

安田
「運転することが違法?」

スタンフォード
「そうだ違法だ。安全じゃないから。人の脳は多くのことを考えすぎるからエラーが起きちゃうよね。イーロンが正しかったと仮定して話を進めていいかな。そんな未来の高速道路では"おい、人間が運転するならこの車線には入るな!"なんてね。路上駐車なんかなくなるよ。自動で走り回るからね。

Uber的な効率化よりもさらに進んだ自動化が導入されたら労働コストがなくなってサービスは正当な価格になるだろうね。」

スティグリッツ
「シリコンバレーでのイノベーションの価値を測るのは本当に難しい。彼らは社会の転換を促すものだと言うがマクロ経済学の統計を見ても生産性の上昇は認められないんだ。つまり…"我々の測定法が間違っている"か"誇大広告"かどちらかだろう」

安田
「資本主義の未来をどんな風に見てますか?新たなテクノロジーによって資本主義は変わっていくのでしょうか?」

スタンフォード
「面白い質問だね。今資本主義経済が大変化に直面しているのは疑いようがない。労働を基本としたシステムから高度に自動化されたシステムへの移行だ。

僕らは昔ながらの経済指標に足止めされるわけにはいかない。雇用率や生産性など成功の証しとされているものだ。いつの日か失業率は30~40%にもなるだろうがそんなに悲観することでもないかもいしれない。

もし人口の半分が働かなくてよくなったら今とは別の社会システムが必要だ。なぜなら資本主義は学生と退職者以外は人の労働に基づくシステムだからね。でも二人に一人が働かなくなったら…?答えは分からない。社会主義ではないだろうけどね。

過去に様々な社会システムの実験があったけどそれらがハイブリッドされた新しいシステムが誕生するかもしれない」

安田
「資本主義が自動化された新しいシステムに変わっていく…」

スタンフォード
「歴史を振り返ってモデルAとモデルBどちらがいいか?なんていう議論はやめにしたい。モデルCだ。ものの見方を変えたら新しい景色が見えるんじゃないかな。

何に満足を感じるかは人それぞれだよね。お金はその一つだろうけど名声を得ることが生き甲斐の人も多い。人からの"いいね!"をたくさん欲しがるのは自然なこと。だからFacebookやInstagramが"好かれたい"欲望をお金に換え大成功している。社会へのインパクトを測るような新しい"通貨"が生まれたら面白いだろうね。

夢見がちでクレイジーに聞こえるかもしれないけどそんな風に人々の"声援"を集めた人が報われるような社会に…自己満足に終わるだけではなくね。人間ってそういうものなんじゃないかな。人々を動機づけるクリエイティブな方法が生まれればいいと思うよ」

人間がそんなに利己的だとしてもその本性の中には何か別の原理があるー『道徳感情論』1759年 アダム・スミス

経済学の父アダム・スミスは『国富論』の前にもう一冊重要な書を著わしている 彼は気付いていたのだ 利己的な競争の他に社会にはもう一つのルールがあることを


セドラチェク
「アダム・スミスの書には困惑させられる。『国富論』では"社会を接着するのに必要な『糊(のり)』は自己利益。それだけで十分だ"と言っている。しかし もう一冊では全く反対の事を言っている。『道徳感情論』の一行目でこう言う。"人は何も得なくても他人に対して善行を施す性質を持っている"。完全に分裂している。社会の『糊』は『共感』というわけだ。

確かに私たちは赤の他人に対しても苦しんで欲しいとは思わない。挨拶は"どうぞ良い1日を"だよね。人はお互いの幸せを望み合うっていうことの証だ。まさか"どうぞ悪い日を"とは言わないよね。

ここにこそアダム・スミスに対する誤解がある。アダム・スミスは『社会には2本の足がある』と言ってるんだ。一つは『利己主義』もう一つは『共感』だ。もしも片足だけで立とうとすれば何か大事なものを失うことになるだろう。

アダムとイブが禁断の果実を口にした後彼らは葉っぱで体を覆ったという。それは人類の最初の所有だった。それがなぜ必要だったか?寒かったからか?そうじゃない『恥ずかしかったから』だ。

消費・所有は心理学とつながっている。アダム・スミスは経済学は数学を用いる『物語』だと気づいていた。数字によって説得力は増すがあくまで『物語』なのだ」

トランプ旋風 世界が逆流を始めたのか 欲望をめぐる物語は次のステージへ

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第6章~第8章 第9章~最終章
『欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき』をみて

cf,
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 読書メモ

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読む

欲望の民主主義 世界の景色が変わる時 第1・2章 第3・4章 第5章 第6章 第7・最終章
by wavesll | 2017-04-03 22:50 | 書評 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/26554487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 山下公園と中目黒の桜 X Re... 欲望の資本主義2017 ルール... >>