SXSWでみたGlockabelleの指の箏爪で弾く鉄琴

c0002171_1363729.jpg

GLOCKABELLE | Lightbox Sessions | TIFF15


BS1スペシャル 「若者よ 世界を驚嘆させよ!大見本市SXSW」をみました。テキサス・オースティンで開かれる音楽や映画、IT技術のフェスティバル。

SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)にはJAPAN NITEという日があって、古くはNumbergirlなんかも参加していたのを覚えています。今年はおとぼけビ~バ~というガールズバンドが挑んでいました。

そんな気合の入ったパフォーマンス達の中で”おっ!”っと想ったのがこのGlockabelle。トイキーボードでのパフォーマンスも魅力的でしたが、目を引いたのは指に金属の爪をはめて鉄琴をプレイする姿。インディー・ミュージックに触れると今までみたことのないPLAY STYLEに触れられて嬉しかった。

"Keeping SXSW weird(SXSWは風変わりでいよう)"。Weirdであることを厭わない自由さが眩しかった。刺激を受けました。

また番組後編では日本の学生チームによるITガジェットでの挑戦が描かれていて。こうした他分野のショウケースも巻き込む試みもあってもいいなと。健康音楽なんかも多分野でしたが先進ピジネスと組むのが面白いしクール。

日本でも音楽フェスは飽和状態にあるというか、何かしたらの新味が欲しいと想う人もいるのでは?

こうした見本市とのコラボレーションのケースは"これから新フェス誘致するぞ"という自治体の人にも"何か面白いフェスを興したい"という人にもいい示唆になるなと想いました。
by wavesll | 2017-04-25 07:22 | Sound Gem | Comments(0)
<< 初音ミク X 鼓童 Speci... 世の中プライドばっかり高い馬鹿... >>