音楽歳時記 6月9日 J.A. シーザー / 国境巡礼歌

Kokkyō Junreika / 国境巡礼歌 (J.A. Seazer) Full-Album


”ロックの日”って駄洒落だし、この日にかけるなら怒髪天 / ロクでナシかなと当初思ったのですが歌ってみた(クオリティはいい)しかなくて。

そこで、どうせならドメスティック・ロックの最高峰を鳴らすのはどうだろうと。
Japanese Rockといえば、J・A・シーザーによる国境巡礼歌ではないかと。

プログレ、ドゥーム、ヘヴィ・ロックがおどろおどろしい和の暗黒から唸るこの奇盤。芒種の日本の心性に寄り添う名盤だと想います。個人的にはやっぱり1曲目の『越後つついし親不知』が好きです。フィナーレの『大鳥の来る日』の壮大なラストも素晴らしい。
by wavesll | 2017-06-09 17:58 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/26726533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< N.S.ハルシャ展 チャーミングな旅 欲望の民主主義 世界の景色が変... >>