FUERZA BRUTA WA! @品川・ステラボール

FUERZA BRUTA WA!、クッソ面白かった!!!!!!獰猛で、あまりに肉体的なイリュージョン!!基本的にはクラブとサーカスのフュージョンなのだけれども、視聴触覚に訴える夢幻が現前したときの物理的驚異!

私は2014年に赤坂で演ったフエルサブルータもみているのですが、あれみた人間も最上に昂れる新演目あり!あの時も呟いてましたが江戸川乱歩の『影男』に出てくる極上の体験のような、血沸き肉踊るIllusionがこいつぁやっぱりヤバい!和の要素も最初不安だったのですが、最後は上手く昇華させてたように感じました。

さて、撮影OKだったから写真素材が夥しくあるのだけれど、とてもお薦めだから事前知識は余り無しで出来れば生でステージを味わっていただきたいところ。(勿論現場という意味がこれほどある舞台もなかなかないのですが)

と、言うことで、PVを貼った後に写真を掲載し、その後にネタバレアリの感想を書きます。どうぞ、この先はLIVEを愉しんでからが推奨です◎



c0002171_2181615.jpg
c0002171_2185128.jpg
c0002171_2191695.jpg
c0002171_219299.jpg
c0002171_2110879.jpg
c0002171_21102423.jpg
c0002171_21105119.jpg
c0002171_21111079.jpg
c0002171_21112283.jpg
c0002171_21113615.jpg
c0002171_2111589.jpg
c0002171_21121258.jpg
c0002171_21125669.jpg
c0002171_2113151.jpg
c0002171_2113456.jpg
c0002171_2114633.jpg
c0002171_21144256.jpg
c0002171_21145552.jpg
c0002171_2115731.jpg
c0002171_21152040.jpg
c0002171_21153424.jpg


さて、上にも書いたのですが、今回の新作の最大の特徴である”WA”という点が、実は視る前の最大の懸念要素でもありました。なんというか、「ナポリタンをイタリア人として食わされる」みたいなコレジャナイ感じになりやしないかと。

実際、初っ端の法被や鎧武者の下り辺りはちょっとその気を感じて。海外、或いは現代を意識した"和のパフォーマンス"という点ならば、それこそリオ五輪閉会式のステージや、或いはこの初夏にスカイツリーで行われた能×VJ LIVEに軍配が上がるな、と想っていました。

個人的には前回のFUERZA BRUTAの魅力の一つにアルゼンチンの今の音楽の感性という点があって。今回のWA!においても、例えば能や狂言の非対称的で妖気のある聲を使ったら更に幽玄なWONDERが拡がったように思います。

と、いった心持だったのですが、一気に気持ちが変わったのは着物風の踊り子3人が踊っている時にレールがぐわっと円周を描いて天井へ滑り込んだ時。"うぉお!これは前回みてない!"と引き込まれました。よくみれば、スモークのラインが波打って流れているし、どうやってんだこれという工夫が凝らされていて。

そして天幕から落下してきた人間がエア・ポールの中で空中で止揚する様も凄くて!そこから客も空中へ引き上げるわ!そして今回も空中水面の色っぽい破壊的な演目が能面verで展開されて!

さらに、FUERZA BRUTAといえばこれ、ランニングマンが最後に輝く鳥居の連環の中から飛び立って。ここまでやられたらもう御見それするしかない。すっかり魅了されました。

間に入るドラムの祭囃子なんかもヨサコイソーランなノリというか、アーティスティックなパリピわちゃわちゃな感じで。ここら辺、BJORKや俚謡山脈の民謡DJ Setを取り入れたらさらにDopeになりそう。またねぷた的な山車は立佞武多並みにやってほしかったw

とはいえ最後はビーシャビーシャになりながら、最高の笑顔で帰りました。ホント、至高のEntertainmentっした★
by wavesll | 2017-08-11 21:34 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/26883083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< A Tribe Called ... 『Particle Fever... >>