池田学 ≪誕生≫ at ミズマアートギャラリー

c0002171_19512097.jpg
c0002171_19514485.jpg
c0002171_1952179.jpg
c0002171_19523384.jpg
c0002171_19532510.jpg
c0002171_19534342.jpg
c0002171_19545822.jpg
c0002171_19552026.jpg
c0002171_19554819.jpg
c0002171_19561484.jpg
c0002171_1957622.jpg
c0002171_19563951.jpg

ミズマアートギャラリーに池田学の展示を観に行きました。

屋久杉のように逞しく成長する花樹。根元には波濤が押し寄せ、街の残骸がその木肌に絡まっています。破壊された街の欠片には48という看板や、アンコール・トムのような大仏頭なども。

登山のように巨木を歩む人々の姿も確認でき、咲き誇る華花に鳥たちは飛翔し、枝にかかるオーロラ?には魚が泳いで。しかし動物は全て白で描かれ、無機物と植物のみ色を持つ。

その可憐であると共に巨魁なうつくしさは、幽体が大樹の世界で遊ぶように見えて。解説を読むと、やはり311がきっかけとなって画かれた絵画だそうです。

カタストロフィの後でも地球はあり続ける。そして、それはあまりに美しい。そんな光の景色が顕れていました。

市ヶ谷・ミズマアートギャラリーでの展示は9日まで。そして9/27~10/9まで日本橋高島屋での展示は佐賀や金沢と同じく100点超の展覧会となるそうです。

cf.
池田学が明かす、桁外れな緻密さと圧倒的スケールで描く制作の裏側(CINRA.NET)

by wavesll | 2017-09-07 20:11 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/27375538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Shai Maestro X ... Jimi Hendrix入門と... >>