Wolfgang Amadeus Mozart / 歌劇『Don Giovanni』



此の女声の超高音で語り謡うのがヴァイオンリンと化学反応して美しく、近年の関心事項である<歌/語り(ラップ)>の文脈からも面白がって聴けました。

ここ数年、クラシックへの受容体が芽生えてきて、飛行機で移動するときも往路か復路どちらかはクラシックを聴いたり、あるいは東京オペラシティにSteve Reich 『Tehillim』を観に行ったりしていて。

題名のない音楽会を毎週みるようになったりNHKBSPで朝5時からやってるクラシック倶楽部なんかもちょくちょくチェックするようになり、「聴く音楽って広がるもんだな」と。そんな中、BSプレミアムで先日やっていた歌劇『ドン・ジョバンニ』がSonarに感応して。

声楽的な歌い方に馴染んできた影響も大きいと想いながらもまだ『歌劇』と『オペラ』の違いも分からなくてw単純に音として聴いていて綺麗で刺激的で。で、作曲者がモーツァルトだと知り、なんか”自分、モーツァルトまで到達したか”と妙に誇らしくなりましたw

上の動画はサウンドのみで訳詩付き、下の動画は演劇の映像付きです。音だけ聞くなら上の動画がお薦め。

これを足掛けにオペラなんかの樹林にも足を踏み入れていけたらななんて想いつつも、おっかなびっくりな足取りでクラシックへは身体が向きそうな感じです。

by wavesll | 2017-11-13 07:15 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/28247611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Hiking in 高尾山 Tianzhuo Chenの舞... >>