東洋文庫ミュージアムにて『東方見聞録』や『魏志倭人伝』等をみる

c0002171_18085118.jpg
駒込にある東洋文庫ミュージアムで開かれている東方見聞録展 モリソン文庫の至宝をみてきました。


100万点以上にのぼる東洋文庫の蔵書の中核をなすのが、創設者である岩崎久彌が1917年に購入した貴重な洋書・絵画資料のコレクション「モリソン文庫」。本展では、コレクションの渡来100周年を記念し、「東方見聞録」、「アヘン戦争図」など、教科書でおなじみの資料をはじめとする有名な歴史資料の宝庫「モリソン文庫」の全容を公開いたします。本コレクションを築いたジョージ・アーネスト・モリソンは、20世紀初頭に「タイムス」の海外特派員、そして中華民国の政治顧問をつとめ、激動の時代を見つめ続けた人物です。本展では、これらの名品が収集された時代背景についても、モリソンの眼をとおしてご紹介いたします。

というこの展覧会、何しろ目玉はマルコ・ポーロの『東方見聞録』!東洋文庫では世界随一の『東方見聞録』の写本、翻訳本コレクションがあり、見応えがありました。
c0002171_18192830.jpg
c0002171_18193915.jpg
c0002171_18200290.jpg
c0002171_18204033.jpg
c0002171_18244176.jpg
c0002171_18245180.jpg
c0002171_18250399.jpg
c0002171_18251613.jpg
c0002171_18262520.jpg
c0002171_18263412.jpg
なんと一番上のものはコロンブスが所持していたのと同じ刷!世界史浪漫を感じました。

さて、東洋文庫はその名の通りアジアの書物を中心にコレクションされている處。なんとこんなものも。

国宝・春秋経伝集解
c0002171_18283032.jpg
御成敗式目
c0002171_18291997.jpg
徒然草(嵯峨本)
c0002171_18294159.jpg
日本書紀
c0002171_18300711.jpg
魏志倭人伝
c0002171_18302348.jpg
なんと魏志倭人伝も!しかも右頁の境の行の中央少し下をみると「卑彌呼」の文字が!これ、ヤバくないっすか。見つけた時感動してしまいました◎

また

殿試策という中国・科挙の最終試験である殿試の模範解答なんかも。昔からノートが出回ってたのですねw
c0002171_18393617.jpg
そして西洋の文物も展示してありました。
c0002171_16502014.jpg

c0002171_18402902.jpg
ロビンソン・クルーソー漂流記
c0002171_18431454.jpg
J.グールド著 1850-83年 アジアの鳥類
c0002171_18410566.jpg
J・グールド著 1831年 ヒマラヤ山脈の鳥類
c0002171_18414028.jpg
ジョゼフ・フェイラー著 1874年 インドの蛇
c0002171_18420044.jpg
ジョン・ヘンリー・リーチ著 1892-94年 中国・日本・朝鮮の蝶類
c0002171_18423911.jpg
ガルニエ著 L.ドラホルト画 インドシナ探検行
c0002171_18441404.jpg
ヘルマン ロバルト編 1861-66年 インドおよび高地アジアへの科学調査隊派遣の聖歌
c0002171_18443027.jpg
最後の絵図に描かれたエベレストをこの本ではガウリサンカールと呼んでいたそうです。実際には別の山でガウリサンカールという山があるそう。

この展覧会では世界史上に残る書物を生で観ることが出来て、音楽好きとしてはこのデータ時代に於けるフィジカルの価値を感じたりwやっぱりディスプレイでなく五感で体感することっていうのは経験として大きいですね。

そんなことを想った自分、実は今夜日本を発ってガウリサンカールならぬチョモランマを眺めにネパールへ行く予定です。旅行は8日間の予定です。地球上で一番宇宙へ近い場所へ(登りはしませんが)見聞に参ります。ではまた後日!

by wavesll | 2018-01-03 18:53 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/28900266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 音楽歳時記 旧暦11月18日は... パリ・グラフィック ロートレッ... >>