ある光

ここ数日は、サークルのディスカッションのインナー大会でチアパーソン役を務めたり、TOEICを受けたり、代々木公園へ飲みにいってたりしてました。

なんだかぼんやりと、こー言う時間も残り少ないんだと思ったり。友達っていいですね。

そんな友達に聴かせたい歌があります。

小沢健二の『ある光』

歌詞はこちらの方が全部載っけてくれています。

なんか今の気分はこんな感じです。

この線路を降りたら全ての時間が魔法みたいに見えるか?
今そんなことばかり考えてる なぐさめてしまわずに

この線路を降りたら虹を架けるような誰かが僕を待つのか?
今そんなことばかり考えてる なぐさめてしまわずに


新しい愛 新しい灯り
麻薬みたいに酔わせてくれる痛みをとき

連れてって 街に棲む音 メロディー
連れてって 心の中にある光


僕の心は震え 熱情がはねっかえる

なんかすげーピースフルで、憂鬱で、あったかい光が差してる感じです。どっかに誰かを連れていきたいですね。
by wavesll | 2006-05-29 12:36 | 私信 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/3964275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< diary of a madman 5/24の小ネタ >>