華金の小ネタ

クリックで救える命がある
一昨日浜松町を歩いてたら文化放送のスタジオの前でライヴがやってました。

声優かなんかのアレかな、と思ったら『時をかける少女』の主題歌を歌ってた奥華子さんのライヴでした。あれ映画にあってたよなーと思いながら40分強のライヴを最後まで聞いてました。

『時かけ』のエンディングの『ガーネット』『僕が生まれた街』『帰っておいで』などを弾き語ってくれたのですが、メロディーと雰囲気がかみ合ってなんともいえないノスタルジーが音楽に乗っててなかなか良かったです。線路のそばでライヴできることを喜んでたあたりもけなげで良かった。

音楽
アニメ系のライヴでいうと涼宮ハルヒの激奏がニコニコにあがってましたね。110分でなんだよwww!デスメタルのライヴ並みの野太い歓声が上がってて凄みを感じました。

凄みで言えばデーモン小暮閣下がディナーショウで歌う『ボヘミアン・ラプソディ』もやばかった。歌上手すぎ。大人の遊び方って気がします。

一方大人なジャズアレンジでゲーム音楽を演奏してるのがこの動画
のっけのチョコボのテーマからやられました。スクウェア系はジャズアレンジでも映えますね。

これ系では新君が代も良かったですねー。

(以上4つの動画ネタはKourick Sublogさんで知りました。)

デジモノ
Google Earthで遊ぶためのSpaceNavigaterが面白いらしいですね。セガででてた『ナイツ』の浮遊感とかが実際の地球でできる感じなのかな。ちょっと欲しいですねー。

c0002171_10125252.gifこの電光掲示板ジェネレーターも面白いですよね。

国際
世界一の一覧日本人男性とアゼルバイジャン人女性の国際結婚についてを見るとほんとに世界は広いなぁと思いますね。

そんな中で日本人としてどう生きていくべきか、李登輝さんが日本の子供たちに語った「日本」は様々な示唆を与えてくれていると思います。

教育
日本人としてもそうですが、リテラシーが大事な現在ではモラルのジレンマを教えることはとても大事ですよね。

「LIAR GAME」を見て思う「蓬莱学園」のファラオ・ゲーム を読んで遊びの中にもエリート教育ってのがあるんだなと思いました。
by wavesll | 2007-05-25 10:21 | 小ネタ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/6169132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国際結婚の手続き at 2007-05-28 14:01
タイトル : 国際結婚の手続き
突然のTB失礼致します 国際結婚の手続きって色々面倒ですよね。 筆者が自己の体験をもとにまとめました。 早く決まるといいですね!ご多幸を祈願します。... more
Tracked from 映画や本を淡々と語る at 2007-05-29 18:58
タイトル : 時をかける少女
時をかける少女と言えば、原田知世以外あり得ない!  と思っている人にも一見の価値有りの映画。原作の20年後が舞台で、続編である。原作のヒロインは、真琴の叔母 芳山和子 通称魔女おばさんとして登場する。 ... more
<< 景色と意識が溶け合う感じ コンテンツ権利に関する最近気に... >>