「ほっ」と。キャンペーン

俺流骨太の方針&ショートショートフィルムフェスティヴァル

c0002171_43426.jpg一応竹中平蔵に公共政策を習っていて(イロイロ言われてるヒトですがしゃべりはうまいっすよ実際)、今日の講義は先日出た骨太の方針2007(pdf注意)を評価せよというものだったはずでした。

「はずだ」としたのはサボったからwただ、一読してみて、こりゃダメだという印象でした。そこで俺流骨太の方針を作ってみましたw

俺流骨太の方針で掲げる政策は1つ。それは教育予算倍増です。国は人で出来ている。ならば人をどれだけ伸ばすことが出来るかによって国の未来が決まるといっていい。故にここに予算をかけるべきである!

掲げるのは「ゆとり教育」です。ただしこのゆとり教育でゆとりを持てるのは生徒ではありません。教師です。

教師の数を倍増させます。それにより少人数クラスを実現します。
また小学校・中学校・高校の教師は教育のほかに部活の顧問や保護者との相談など、やることが多すぎるのでこれを減らします。
例えば、部活動ならちゃんとしたプロのコーチが教えるようにします。そして教師や保護者も気晴らしのカルチャースクール感覚でそれを使えるようにします。つまりこの改革の目的は徹底して教師の働きやすい環境を作ることです。

それによって教師に余裕が生まれ、創意工夫のある肌理細やかな教育が行えるようになるのではないでしょうか。

肝心要の予算ですが、公共事業を一切辞めれば捻出できるんじゃないwハッタリってのはドラスティックにやらなきゃダメだからこれくらい吹かしてもいいっしょw

閑話休題。今日は友達とラフォーレ原宿で開かれているショートショートフィルムフェスティヴァルに行ってきました。

今日も三田から原宿まで歩いてしまったw

今日観た回は過去のアカデミー賞受賞作品を紹介する「アカデミープログラム」で、どれもヒト捻り利いた力作ぞろいでした。会場も作品が終わるごとに笑いが起きたり拍手が起きたりムっとしたりしんみりしたりほのぼのしたりで楽しめました。

特にサルバドール・ダリとウォルト・ディズニーが組んで製作した『Destino』がかかったのが嬉しかった。存在は知っていたがまさかここで観られるとは!魔術的にファンタスティックでした。

他だと最初の『マエストロ』と、パレスティナのミュージカルの奴と、スペインの奴が好きでした。

これで800円ならほんと安いですよね。気になる人は行ってみるといいと思います。回によって上映作品が違うらしいから、当たりハズレはあるかもw

表参道で友達と別れた後目黒まで歩きましたw案外遠いのなw
[PR]
by wavesll | 2007-06-29 04:08 | 小ネタ | Comments(0)
<< 美しく醜い子どもの国アメリカ 徐々に奇妙な冒険 >>