朝飯前にAustraliaダイジェスト

Mr.Children 『Innocent World』


家族4人で古くはAC/DC、最近じゃJETを生んだ国、イギリスの囚人どもの島流しの地だった鳥の楽園、白豪主義を乗り越えて多文化国家を実現しようと邁進するバブルな大陸オーストラリアに行ってきた。

朝焼けのケアンズ空港は鹿児島空港みたいだった。

キュランダのアイスクリーム屋の白人のオヤジに「欧米か!」といわれたのには参った。

カンガルーとコアラが悟った顔をしていた。

蛍光の青に輝く野生の蝶、ユリシスをラッキーにもゴンドラから見下ろした原生林の中に発見した。

先住民の楽器、ディギュリデューの生演奏を見れたのはこの旅最大の収穫だった。

ブーメランを投げた。

日本車が多かった。ヒュンダイも多かった。

牛肉は噛み応えがあった。シーフードがうまかった。

カジノに行ったが日本のパチスロの方が面白そうだった。

浜辺の向こうのクラブでグリーンデイが鳴っていた。

先住民のショーを観た。火起こしの儀式のときに一緒に「ビリー・ビリワァーイィー(火よ、火よ燃えろ)」と唄った。

グリーンアイランドでシュノーケリング。水がエメラルドだった。

宇宙飛行士みたいな格好で沖の海に入ったら色とりどりの魚がうじゃうじゃうじゃうじゃいてこの世とは思えない感覚だった。ニモを観た。

島からの帰りの船のデッキから野生のイルカをみた。

隣のお嬢ちゃんに"Where do you come from?"と聞いたら"タスメイニア!"と応えてくれた。

飛行機でウルル(エアーズロック)に行ったら国内で30分の時差があった。

柴犬そっくりの狼、ディンゴのポスターが貼ってあったので近くのガイジンに"Is dingo dangerous?"と聞いたら「あ、結構危ないですよ」と日本語で返されてびっくりした。

とんでもない世界の果てに来ちまった。赤青緑の三原色の世界だった。

着いた日は気温が37度だったのでウルル(エアーズロック)登山は禁止されていた。

代わりにもう1つの奇岩群、カタジュタにいった。風の谷だった。

幸運にもバスの中から野生のラクダをみた。

夕暮れに照らされてグラデーションを描きながら移り変わるウルルをシャンパン飲みながら眺めた。

カンガルーとワニを喰った。

一人で丘で星を眺めた。

朝焼けのウルルを眺めた後登山。毎年死人が出るらしい。

天空は風が吹きすさび、サバンナは海のように見えて、赤い砂岩はうねっていた。

俺は『瞳を閉じて』を歌ったw

クァンタス航空の飛行機の窓から砂漠を眺めながらこの自然が文化芸術にうねりだしたんだなと思った。

シドニーはとんでもない都会だった。ニューヨークみたいだった。

中華街で食ったチャイニーズディッシズがどれもこれも激ウマだった。

タワーの夜景が360度煌めいていた。

ブルーマウンテンはグランドキャニオンに森が生えたかんじ。

オペラハウスを触った後クルーズで最後の晩餐。

ホテルのそばのカフェで飲んだ400円のコーヒーが特A級の水準だった。

早朝に大聖堂に行ったら荘厳だった。ピエタがあった。

シドニーから空飛ぶカンガルーで帰る途中で観た『リトルミスサンシャイン』が面白かった。

やー、彼女ができたら絶対に連れてくな。


JET 『ARE YOU GONNA BE MY GIRL?』
GO!

1.2.3. 俺の手を握って一緒に来いよ
だってお前キレイだからさ
でもって俺は本当にお前を俺のものにしたいからさ

俺はお前がきれいだっていうのは
ホントに俺のものにしたいって意味だぜ

4.5.6.蹴り上げていこうぜ
金なんかいらねーよ
君が今みたいにいてくれたらなハニー

でかくて黒いブーツ
長いブラウンの髪
彼女はスウィート
振り返ってじっと見つめるんだ

わかるか?
お前とは気が合うのに
お前は他の野郎といるんだ
おいおい
筆舌に尽くしがたいぜ
お前をどっかにやっちゃう前にさ
言っとくぜ「俺の女になれよ」

1.2.3.手をとって行こうぜ
だってお前はきれいだからさ
でもって俺はお前を俺のもんにしたいんだ

お前がきれいだって俺が言うのは
俺のものにしたいって意味だぜ

4・5・6蹴り上げて行こうぜ
金なんかいらないさ
そんな顔をしてさえいてくれれば

Big black boots,
long brown hair,
she's so sweet
with her jet back stare.

Well I could see,
you home with me,
but you were with another man, yea!
I know we,
ain't got much to say,
before I let you get away, yea!
I said, are you gonna be my girl?

来いよ!
つーかさ
俺はお前が気に入っているのに
他の野郎とお前はいる
なぁ
言葉にしきれないが
お前に俺がさじ投げる前に
俺の女になれよ
俺の女になれ
Are you gonna be my girl?! Yea
「Are you gonna be my girl?」

by wavesll | 2007-09-22 10:17 | | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomelog.exblog.jp/tb/7023052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from F1GPニュース・動画WEB at 2007-10-07 15:26
タイトル : 【F1動画】ホンダ「世界への挑戦」
1965年メキシコGP、ホンダはF1参戦初優勝を成し遂げた。1967年イタリアGPでも優勝し、ホンダのF1参戦第一期は通算2勝という記録をつくる。この動画でホンダのレーシングスピリッツを当時のニュース映像とともにお楽しみください。1965 Mexico GP 1967 Itarian GPHonda's F1 HistoryNOREV 1/43 ホンダ F1 RA272 No.11 1965 メキシコGP優勝車... more
Tracked from 雑学的ブログ at 2008-05-05 16:51
タイトル : 世界遺産を、
テレビで一度は、訪れてみたい世界遺産ランキング世界遺産ガイド(産業遺産編)というのが放送されていました。1位・マチュピチュマチュピチュ2位・グランドキャニオン地図帳界の最高峰!グランドキャニオンのある州はスゴイ!【アリゾナ州ロード&レクリエーショ...3位・ヴェルサイユ宮殿ヴェルサイユ宮殿の歴史4位・ベネチアイタリア・アルプス鉄道紀行5位・万里の長城探検ロマン世界遺産book万里の長城とのことでした。私は、どれにも行った事がないのですが・・・、確かに行ってみたいですよね。「アメリカ旅行」を探す!... more
<< 心を何に喩えよう 差別もキャベツもみじん切り >>