2016年 08月 18日 ( 1 )

四川綺海旅行記 5日目 茂県→都江堰→楽山大仏→報国寺→川劇

四川綺海旅行記 初日成都、2日目成都→松潘→九寨溝への移動
四川綺海旅行記 3日目 九寨溝の海達、藏謎
四川綺海旅行記 4日目 黄龍

ホテルの朝食バイキングはチンゲン菜の炒め物とかあっさりしていて美味しかった。今日は一気に四川の北から南へ移動日です。
c0002171_641141.jpg
c0002171_642544.jpg


c0002171_64415.jpg
c0002171_655797.jpg
c0002171_66745.jpg


2,3時間走ると都市へ。今日の最初の目的地、都江堰市へ。
(ちなみに中国の地域の区切りは県と市が日本と逆で、"省→市→県"となっています。)
街の中にはオクトーバーフェストの看板やパンダタクシーも。
c0002171_6105860.jpg

c0002171_6111038.jpg
c0002171_6112112.jpg


そんな都江堰市にある2000年前に造られた水利施設、都江堰が最初の観光ポイントでした。
数千年前に造られた水利施設が今も使われていて世界遺産でもあるというと、ローマの水道橋のよう。
今まで九寨溝・黄龍と山奥にいた分、成都平野に降りると暑い!蝉が鳴り響く中、物凄い人出の中を歩きました。
c0002171_6185015.jpg
c0002171_619417.jpg
c0002171_6191513.jpg
c0002171_6192762.jpg
c0002171_6193942.jpg
c0002171_6195595.jpg
c0002171_620799.jpg
c0002171_6203044.jpg
c0002171_621766.jpg
c0002171_6213983.jpg
c0002171_6215554.jpg
c0002171_6221886.jpg
c0002171_6223262.jpg
c0002171_6224986.jpg
c0002171_623465.jpg


昼食は都江堰市のホテルで。結婚式や、赤ちゃんの誕生日パーティが盛大に開かれていました。ホテル前に大看板を出すのがパナいwご飯も美味しかったです。煮豚の切り身とか青椒肉絲の青唐辛子版とか。というか、初日に泊まったホテルの朝食を除いて、総じて四川のご飯美味しい。舌が合うとその土地に自分が馴染んでいくのを感じます。
c0002171_630265.jpg
c0002171_6301743.jpg
c0002171_6303248.jpg
c0002171_6304894.jpg
c0002171_630599.jpg


次の目的地、楽山へ行く途中に寄った眉山サービスエリア。大きな建物でトイレも綺麗だし土産物も売っていて、ガイドさんは「日本と較べられるレベルじゃないです」と言っていたけれど、中国の発展ぶりを感じました。
c0002171_635325.jpg


そして本日のメイン、楽山大仏へ。三代にも渡る彫りによる世界遺産の磨崖仏。船から見た大仏様は赤土が肌色に塗られていて、立像でなく座像なので猶更彫る労力を感じました。天気もピーカン。暑すぎるくらいwこの暑気の中を階段を歩かずに済んで良かったw大仏様にこの旅の天気を感謝しておきました。

楽山は世界遺産。この磨崖仏だけでなく、山全体が涅槃像を現しているそうです。
c0002171_64267.jpg

c0002171_6422135.jpg
c0002171_6424088.jpg
c0002171_643129.jpg
c0002171_6433726.jpg
c0002171_6445952.jpg
c0002171_6451953.jpg
c0002171_6454430.jpg
c0002171_6461442.jpg
c0002171_647384.jpg
c0002171_6472022.jpg
c0002171_6473468.jpg


c0002171_648069.jpg


再びバスで小一時間位?走って今日の最終目的地、峨眉山へ。
峨眉山は普賢菩薩が白象に乗ってやってきたという謂れのある街で、道路には白象のモニュメントが。
今日寄った報国寺も含めて峨眉山も世界遺産です。報国寺には弥勒菩薩も奉られていて。中国の弥勒菩薩はエビス様っぽいというか、腹が出ている中年の菩薩さんで腹が出てるのを何とかしたい自分にはちょっとシンパシー感じましたw寺の植生が、竹があって京都の寺っぽく感じたりもしたけれどシダ植物がばんばん生えていて、やっぱり異国へ来たのだなぁと。

寺の内部は宗教への敬意から写真NG、脱帽だったので弥勒菩薩も外からしか撮れなかったのですが、一番奥の金色の仏像が印象的でした。寺院の中にゲストハウスなんかもありました。
c0002171_6565832.jpg
c0002171_657143.jpg
c0002171_6573098.jpg
c0002171_6574447.jpg
c0002171_65808.jpg
c0002171_6581696.jpg
c0002171_6593230.jpg
c0002171_6594651.jpg
c0002171_70528.jpg
c0002171_702850.jpg
c0002171_704634.jpg
c0002171_71485.jpg
c0002171_71501.jpg
c0002171_71241.jpg
c0002171_15321942.jpg
c0002171_15323311.jpg

c0002171_744586.jpg


報国寺の中にはその由来となる成句を蒋介石が書いた書があったのですが、寺の外にあった石碑達も書道を習っている人がみたら"おぉ!"と想いそうな感じでした。
c0002171_775779.jpg
c0002171_78139.jpg
c0002171_78276.jpg
c0002171_78456.jpg
c0002171_791376.jpg


c0002171_794562.jpg


c0002171_7103355.jpg
c0002171_711866.jpg
c0002171_7122844.jpg


ホテルへ戻るとほぼ間髪入れずに川劇へ。行く道すがら太極拳なんかが町中で行われてました。
c0002171_727396.jpg
c0002171_727256.jpg


北京の京劇、四川の川劇。川劇では変面と呼ばれるあっという間にマスクが変わる演目が最大の特長なのですが、舞台が始まる前のお姉さんによる中国語のマシンガン煽りによる書道ショーからはじまり、レーザーやスクリーンによる演出、雑技の凄さ、少林寺拳法やシルクドソレイユみたいな演目もあってかなり楽しめました。

こういうショー文化の裾野があるからこそ、北京五輪の開会式みたいなものを創れたのかな。ソウルだとNantaがあったなぁ。地元に根差した、しかし観光客も満足させるショー箱というと日本だとロボットレストランくらい?48系はドメスティックだし。まぁ宝塚なんかもあるか。こういういいショーを魅せられるとどうしても2020年の開会式を考えてしまいます。
ただよりエモーショナルだったのは九寨溝で見た藏謎だったかな。あれがこのビジュアルを得たら鬼に金棒だったなぁ。

c0002171_7245764.jpg
c0002171_7251059.jpg
c0002171_725301.jpg
c0002171_7254219.jpg
c0002171_7261431.jpg
c0002171_7275315.jpg
c0002171_748534.jpg
c0002171_728157.jpg


c0002171_749936.jpg
c0002171_7493274.jpg


部屋に戻ってWiFiでYahooニュース(これはみれた)をみているとこの日の未明に発表されたSMAPの解散を知りました。
SMAP、アジアでも人気があったんだなぁ。個人的な思い出では学生時代にSMAPの日産スタジアムでのコンサート警備のバイトをしたことがあって。最前列の柵を抑える係だったのですが、『世界にひとつだけの花』の時に七万人の緑のペンライトがサビの振付に動くのが壮観で、"これがSMAPのみている景色か"と想った覚えがあります。
ぷっすまとか良く見るし、単なる女ウケのジャニーズアイドルに留まらない人気を見せた国民的芸能グループでしたね。日本から離れてこの騒ぎを外部から見ると、ちょっと奇妙な気もしましたが、ほんと世は無常。すべては移り変わるから、"今・ここ"を生きることが大事なんだなぁなんて想いました。

明日は観光最終日。峨眉山に登ります。

四川綺海旅行記 6日目 峨眉山、成都(陳麻婆豆腐) 最終日
by wavesll | 2016-08-18 07:38 | | Trackback | Comments(0)