「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 07日 ( 2 )

Photographs of Musashino Art University Graduation Works 2016@Spiral

大山マリカ / 問い続けること
c0002171_2137466.jpg


稲葉麻衣 / わたし/だれか
c0002171_21382480.jpg


今藤静香 / 青の庭
c0002171_2139145.jpg


森田史奈 / 祈りのかたち
c0002171_21403769.jpg


酒井亜香里 / loop
c0002171_21414238.jpg


横手瑠夏 / 脳内の旅
c0002171_21422962.jpg


秋田優希 / サナギ
c0002171_2144597.jpg


門馬さくら / 服は武器だ
c0002171_2145186.jpg


竹林尚美 / GOMIYASHIKI
c0002171_21461723.jpg


KIM AHJIN / à souhait
c0002171_21535368.jpg


PARK JAE EUN / Shift of Paradigm
c0002171_21555647.jpg


CHANG HSIAO SHIEN / 思い出収納箱
c0002171_2159255.jpg


角埜汐里 / はなぐもり
c0002171_220470.jpg


三好敦子 / 食の箱
c0002171_2205691.jpg


佐野珠子 / 海箱
c0002171_222725.jpg


原澤周子 / poga
c0002171_2233319.jpg


柴田有紀 / still
c0002171_2253153.jpg


中島美由紀 / ハアク.
失望
c0002171_803635.jpg


愛情
c0002171_2265422.jpg


山口ひかり / Draw
c0002171_229697.jpg


濱田綾音 / 草むら
c0002171_22104731.jpg


HU CHENCHEN / invisible
c0002171_22122869.jpg


宣文彬 / 繋がり
c0002171_2213734.jpg


佐藤佑 / Dolce
c0002171_22144961.jpg


上原あゆみ / 山月記
c0002171_22162995.jpg



武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 クラフト専攻 卒業制作展@青山スパイラル。テキスタイル専攻も木工 金工 陶磁 ガラス専攻も逸品揃いでした。
[PR]
by wavesll | 2017-02-07 22:55 | 街角 | Comments(0)

ジャーナリズムの公共意義 ―お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日をみて

お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日(dailymotion)
c0002171_7454449.jpg


NNNドキュメント「お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」、大変興味深く観ました。

福島第一原発事故から6年弱、東京電力が行ってきた記者会見の最多出席者はなんと、お笑い芸人「おしどり」のマコ・ケン夫婦だ。芸人が場違いだ、とのバッシングを猛勉強で乗り切り、鋭くしつこく追求し、世に出て来なかった幾つもの事実に光を当てた。東電の会見者らが何度も沈黙したりタジタジになる事も。医学部中退のマコちゃんは子ども達や原発作業員の健康問題を掘り下げ、得意の突っ込みでにっこり笑って原発事故を斬る。

みて驚いたのは東電の隠蔽体質の凄まじさ。
原発が爆発したときの煙に放射性物質がどれだけ含まれているかも正されないと公表されなかったり、福島県北部では汚染が見られても宮城県南部で調査をしていなかったり。"そんな事もやってないのか"と驚愕しました。

そしてこの番組で最も驚いたのは国際シンポジウムへ行ったときにマコさんがオフレコで聴いた(しかしICで録っていた)言葉。

「今まで原発は"事故を起こさない"とセールスしてきたが今はそうは言えない。しかしこれからアジア・アフリカに50基つくる計画がある。だから"事故を起こしても大丈夫"と売り込む。原発事故が起きても住民が除染し住み続けるモデルケースをつくることが大切だ」

実際に事故が起きることを想定に入れればとてもじゃないけれど低コストなどとは言えない原発産業の権益で世界が回されてしまうのは恐ろしい話だなと想いました。

NNNドキュメント「お笑い芸人VS.原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」を支持できない理由というtogetterまとめもありました。福島に今も住んでおられる方々にとって、マコさんの存在は風評被害を招くような疎ましい存在なのかもしれません。また東電や役人としてはマコさんの指摘に答えることで全体の解決スピードが落ちてしまうという認識もあるかもしれません。

ただ、こういう人がきちんと勉強した上で訊くべきことを追及をすることで、例えば一消費者である私は"あぁ不正は許されていないのだな"と食品への"科学的知見"に対する一定の信頼を持つことが出来ます。

そういった意味では線量計を裸で地面に直置きするシーン等はマコさんや番組制作者側の知識への不安も覚えると共にマコさんを叩く菊池誠さんも誤りがあって、単純に1つのソースを妄信するだけでなく複数の視点をもって事実を検証するのが大事ですね。

東電の人も役人の人も限られたマンパワーで身を粉にして働いてくれていると思います。だからこそ、ジャーナリストを疎ましく想うのではなく、外部調査機関として意義があるのだと想いました。

公の役人、企業とジャーナリスト、そして私の様な一般人は、お互いに緊張感を持ちながらリスペクトをしあうことが大切なのでしょう。公や企業の人も人間で。しかし特権をもって振るったりする。それに対する批判的な視点はかかせない。

今マスコミはカスゴミとして厄介者の特権階級だと叩かれていますが、、必要な指摘を行うジャーナリズムが有用な場面はとても多いとこの番組を見て感じました。

本当の意味ではジャーナリストは問題提起だけでなく課題解決まで提案し実働できたらいいのかもしれません。市民運動はソーシャルエントレプレナーやクラウドファンディングと組み合わさることで実行力を持つのかも。


中々に見ごたえの合ったこの番組、2月12日(日)11:00からBS日テレで再放送されるそうです。一見の価値はあると想います。

cf. 「 福島産を全部避けるのが一番安全」は本当か!?(cakes 開沼博 / 俗流フクシマ論批判)
[PR]
by wavesll | 2017-02-07 07:15 | 小噺 | Comments(0)