2017年 03月 03日 ( 2 )

音楽歳時記 雛祭りはThe Books "A Cold Freezin' Night"

The Books "A Cold Freezin' Night" Video


音楽歳時記、ひな祭りに挙げたいのがThe Booksの"A Cold Freezin' Night".
"私が男の子だったらいいのに"って想うような女の子の為にひな祭りに音楽が鳴らされたっていい、そんな子に捧げたい。

ミュージック・コラージュの雄・The Booksはもう解散してしまいましたが、また再結成とかしたら後追いの私は嬉しくなって馳せ参じてしまうと想います。
おもちゃ箱がひっくり返ったようなサウンドに童心が刺激されます。

彼らのALだと私は日本の音声がサンプリングされたこの円盤が一番好きです。
ひな祭りにレモンパイなんてのも、甘酸っぱい思い出になりそうですね。

The Books - The Lemon of Pink (full album)

by wavesll | 2017-03-03 20:16 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Steve Reich 80th Anniversary『Tehillim』at 東京オペラシティ

c0002171_8444656.jpg
初台の東京オペラシティホールにスティーヴ・ライヒの『テヒリーム』を観に行きました。

ニコニコ動画で『Tehillim I II III IV』を聴いて矢も楯もたまらず馳せ参じたのですが、魔法の域な一夜でした。

始まりは『クラッピング・ミュージック』(1972)。第一奏者と第二奏者が手拍子を重ねる。題名のない音楽会の挿入曲ですね。この帽子のおじさんがライヒだと謎のインタビューの時に気づくニワカだったのですが、手拍子と言うミニマルの極致は現代性がありながら時空を越えた普遍的感覚を想わせました。

次の『マレット・カルテット』(2009)はヴィブラフォン2台と5オクターヴ・マリンバ2台によるアコースティックエレクトロニカ。
ポストクラシカルってこういうことなのかな?現代音楽のコンサートは初めて来たのですが、こんなにも快いとは。

また東京オペラシティのホールも美麗な上、音も良くて。
『4分33秒』の意味が分かるというか、ホールの中での観客の呼吸自体が一つのレイヤーとして重なっているイメージ。

『カルテット』(2013)。2台のピアノと2人の打楽器奏者によるカルテット。最後の生命の躍動に有機体の力を感じました。昨今インディークラシックとか新たな芽が出てきていますが既にこんな樹があったとは…!

そして『テヒリーム』(1981)、完全にやられてしまった!
1981年作曲!?その時点で音楽はこんなにも進んでいたなんて…!クラシック器楽と声楽と、テクノの打音をアコースティックで…口あんぐりしすぎてエクトプラズム出そうになりました。

『テヒリーム』はヘブライ語で「詩篇」を意味し、女声4(ハイ・ソプラノ1、リリック・ソプラノ2、アルト1)、ピッコロ、フルート、オーボエ、コーラングレ、クラリネット2、パーカッション6(シンバルなしの調律された小タンブリン、手拍子、マラカス、マリンバ、ヴィブラフォン、アンティーク・シンバル)、エレクトリック・オルガン2、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの編成。

音楽に酒とか合わせる企画やっているのですが、もはや水すら飲まなくていい位。『テヒリーム』の途中で音波のエナジーが鍾乳洞のように上へ伸びる幻影をみて、なんじゃこりゃ!!生だと臨場感とリズムが真に浸透してきて…至高の一時。

帰りにも水すら飲まず、余韻に浸っていました。エレキギターやエレキベースをフィーチャーした楽曲もあるとか。もうライヒの楽曲全部聴きたい!

NHKのカメラも入っていて、4/14(金)午前5:00~5:55にBSプレミアムで放送されるそうです。これはお薦めです。生だと音の重なりの分離がはっきりと聴き取れ、まざまざと感じられて。放送ではどうなるかが今から楽しみです。

c0002171_10481383.jpg

cf.
hr-Sinfonieorchester X Francesco Tristano X Moritz von Oswald による『Bolero』&『Strings of Life』

by wavesll | 2017-03-03 08:38 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)