2017年 04月 03日 ( 3 )

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第4章~第5章 書き起こし

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第1章~第3章

前編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」20160103(Dailymotion)

第4章 幻想が、幻想を生む

東京証券取引所にて
トマス・セドラチェク(チェコ総合銀行チーフエコノミスト 経済学者 24歳のとき初代大統領の経済アドバイザーに抜擢 チェコでベストセラーとなった著書『善と悪の経済学』は世界15か国語に翻訳)
「ここは"何処でもない国"のようだ。ある意味ここで日本経済の価値が決まっている。市場関係者の"アゴラ(広場)"はもう移動したんだ。"見えざる"デジタル空間にね。ここには何もないが全てが"ある"。お金はもはや物質ではなくこの市場の"役者"たちによる精神的同意事項にすぎない。そもそも僕らの欲望はバーチャルなものなのだ。

ピカソの絵が欲しいって?高額な理由はピカソの絵そのものにはない。信頼できる専門家がそれがピカソの絵だと認証するから高額なんだ。つまり人々の同意の問題なんだ。ある物の価値が宿るところは投じられた労働や物質ではない。価値は"欲望"と"満足感"が交わるところに宿る」

需要と供給の交わりで市場は動く そんな世界は幻想だったのか 人々の欲望が渦巻く中 増幅される 社会の捻じれ 20世紀 大衆の時代 大胆な経済理論を打ち出した男がいた 稀代の経済学者 ジョン・メイナード・ケインズ(1883~1946)

彼は一風変わった美人コンテストを例に引き大衆心理の本質を言い当てた "最も美人だと思う人に投票してください。ただし賞金は最も票を集めた女性に投票した方々に差し上げます" この時何が起きるのだろう


セドラチェク
「自分は他の人の投票先を予想しているんだが他の誰かが予想していてまだ別の誰かが…これは一種の"無限ゲーム"で自分の好みを選んではいない。僕は他人の好みを予想しているのだ。

ここには多くの…本当に多くの意味が含まれている。一つ目はズバリ"株式市場"の本質を言い当てていること。私が"投票"する会社は自分が好きな会社ではなくたくさんの人が"好きであろう"会社だ

次はよくあることだね。"誰の好みでもない女の子が優勝する"。そして投票する人は"固定観念"を用いる。最も有利な戦略は女性ではなく審判たちを見ることだからね。固定観念は未来にわたってずっとこだましていく。誰の好みでもない女性が選ばれてももう誰にも止められない」

安田洋祐(大阪大学准教授)
「これはサブプライムローンのことも言い当てているかもしれませんね」

セドラチェク
「そうだね。悪質なローンを組み合わせて作った乗り物だったね。みんながシステムを信頼していたけど機能しなかった。ある意味どんなに神話的で観念的かが分かるだろう。一見数学的で分析的だと見える経済の分野がね。ナンセンスで無根拠な虚空のようだね」

自分の欲しいものではなく他人が欲しいものを予想し模倣しあう 欲望が行きついた錯綜する世界

安田
「経済学者はバブルなど市場危機を避けることに貢献できると思いますか?」

ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授 2001年ノーベル経済学賞受賞 アメリカ大統領経済諮問委員会委員長 世界銀行チーフエコノミストなどの要職を歴任)
「まず言いたいのは"悪事は働くな"、"害をばらまくな"ということだ。2008年リーマンショック以前 経済学者たちは莫大な損害をもたらした。多くの経済学者が…"他の"多くの経済学者がと言っておこうか。自由放任市場が万能だと売りまくっていた。"市場には自己調節機能があるからバブルなんて心配するな 市場を信じよ"ってね

"自己利益の追求"…経済学者が"インセンティブ"と呼ぶものは現代の市場経済では確かに中心にある考え方かもしれない。しかしアダム・スミスは間違っていたことがわかった。"自己利益の追求"…時に"強欲"が"見えざる手"によって社会全体の幸福を導くと言うが…"見えざる手"はいつも見えない。そんなものは存在しないからだ」

アルヴィン・ロス(スタンフォード大学教授 2012年ノーベル経済学賞受賞 市場の制度を設計する「マーケットデザイン」研究の先駆者)
「"見えざる手"は単なる概念だ。"市場の魔法"は魔法では起こらない。市場には必ずルールがある。そのルールは誰かが一人で決めたものではなく歴史の中で磨かれてきたものだ。"自由"市場はルールからの"自由"を意味しない。競争 協力 取引…"自由"に市場を使いたいならルールがそこにはあるはずだ。

経済学者たちもいかに市場を有効に使うかわかり始めたばかりなんだ。時に誤りを正しながらさらに良きルールを見つける手助けもできるだろう」

スティグリッツ
「21世紀の現在と18世紀では経済の様子は全く違う。あまりにも多くの経済学者が"経済学の父"アダム・スミスに頼りすぎている。自己利益の追求が"見えざる手"に導かれ社会全体の幸福をもたらすという理論…彼がそのことを書いていたのは資本主義が本格的に走り出す前の話だ。

確かに彼は素晴らしいアイデアをくれたが巨大企業などが生まれる以前の話だ。東インド会社などいくつかの大企業はあったがそれは貿易企業であって今あるような製造業は一つもなかった。

アダム・スミスが経済の行く末まで理解していたと思ってはいけない。彼に現代の資本主義の姿などわかったはずもないのだから。スミスが利益の追求という人間の欲望を見抜いた洞察はすごいが私たちが現代の資本主義を理解しようとするならば、たとえば研究開発やイノベーションが社会に果たす役割を考えないといけない」

アダム・スミスが知る由もなかった現代 技術がさらなる欲望を駆り立てる

第5章 欲望の果てに

安田
「今 技術のイノベーションがシェアエコノミーの基盤を変えようとしています。テクノロジーがなければUberなど新しい市場は生まれなかったはずですが…」

スティグリッツ
「新しい技術が多くの分野で社会に影響を与えてきたのは明らかだ。実際とても大きな利益も生まれているだろう。しかしそこで気を付けねばならないのは利益が大きく取引が拡大したからと言って社会にも価値があると考えるのは危険だ。

心配なのは働く人の扱いだ。そうした新しいプラットフォームが労働者の組織力を害してしまうこともある。仕事が減るだけでなく長い目で見ると賃金も下がり続けていくだろう。まさに市場を独占するからだ。今はそれほどでもないが労働市場にそのルールを適用しようという欲望は強大だ。」

スコット・スタンフォード(シェルパ・キャピタルCEO 元ゴールドマン・サックス社員 2013年ベンチャー投資企業を設立)
「型通りな言い方だが…今回は今までと違う。単に経済に衝撃を与えるにとどまらない。僕らクレイジーな奴らは本当に思っているよ。今僕らが目にしている変化は人類という種の進化の瞬間だと。

自動運転技術はここでもすごく話題だ。イーロン・マスク(シリコンバレーの起業家)が言ったこんなことも想像できるんじゃないかな。"自分で運転することが違法になる日が生きている間にやって来るだろう"って。」

安田
「運転することが違法?」

スタンフォード
「そうだ違法だ。安全じゃないから。人の脳は多くのことを考えすぎるからエラーが起きちゃうよね。イーロンが正しかったと仮定して話を進めていいかな。そんな未来の高速道路では"おい、人間が運転するならこの車線には入るな!"なんてね。路上駐車なんかなくなるよ。自動で走り回るからね。

Uber的な効率化よりもさらに進んだ自動化が導入されたら労働コストがなくなってサービスは正当な価格になるだろうね。」

スティグリッツ
「シリコンバレーでのイノベーションの価値を測るのは本当に難しい。彼らは社会の転換を促すものだと言うがマクロ経済学の統計を見ても生産性の上昇は認められないんだ。つまり…"我々の測定法が間違っている"か"誇大広告"かどちらかだろう」

安田
「資本主義の未来をどんな風に見てますか?新たなテクノロジーによって資本主義は変わっていくのでしょうか?」

スタンフォード
「面白い質問だね。今資本主義経済が大変化に直面しているのは疑いようがない。労働を基本としたシステムから高度に自動化されたシステムへの移行だ。

僕らは昔ながらの経済指標に足止めされるわけにはいかない。雇用率や生産性など成功の証しとされているものだ。いつの日か失業率は30~40%にもなるだろうがそんなに悲観することでもないかもいしれない。

もし人口の半分が働かなくてよくなったら今とは別の社会システムが必要だ。なぜなら資本主義は学生と退職者以外は人の労働に基づくシステムだからね。でも二人に一人が働かなくなったら…?答えは分からない。社会主義ではないだろうけどね。

過去に様々な社会システムの実験があったけどそれらがハイブリッドされた新しいシステムが誕生するかもしれない」

安田
「資本主義が自動化された新しいシステムに変わっていく…」

スタンフォード
「歴史を振り返ってモデルAとモデルBどちらがいいか?なんていう議論はやめにしたい。モデルCだ。ものの見方を変えたら新しい景色が見えるんじゃないかな。

何に満足を感じるかは人それぞれだよね。お金はその一つだろうけど名声を得ることが生き甲斐の人も多い。人からの"いいね!"をたくさん欲しがるのは自然なこと。だからFacebookやInstagramが"好かれたい"欲望をお金に換え大成功している。社会へのインパクトを測るような新しい"通貨"が生まれたら面白いだろうね。

夢見がちでクレイジーに聞こえるかもしれないけどそんな風に人々の"声援"を集めた人が報われるような社会に…自己満足に終わるだけではなくね。人間ってそういうものなんじゃないかな。人々を動機づけるクリエイティブな方法が生まれればいいと思うよ」

人間がそんなに利己的だとしてもその本性の中には何か別の原理があるー『道徳感情論』1759年 アダム・スミス

経済学の父アダム・スミスは『国富論』の前にもう一冊重要な書を著わしている 彼は気付いていたのだ 利己的な競争の他に社会にはもう一つのルールがあることを


セドラチェク
「アダム・スミスの書には困惑させられる。『国富論』では"社会を接着するのに必要な『糊(のり)』は自己利益。それだけで十分だ"と言っている。しかし もう一冊では全く反対の事を言っている。『道徳感情論』の一行目でこう言う。"人は何も得なくても他人に対して善行を施す性質を持っている"。完全に分裂している。社会の『糊』は『共感』というわけだ。

確かに私たちは赤の他人に対しても苦しんで欲しいとは思わない。挨拶は"どうぞ良い1日を"だよね。人はお互いの幸せを望み合うっていうことの証だ。まさか"どうぞ悪い日を"とは言わないよね。

ここにこそアダム・スミスに対する誤解がある。アダム・スミスは『社会には2本の足がある』と言ってるんだ。一つは『利己主義』もう一つは『共感』だ。もしも片足だけで立とうとすれば何か大事なものを失うことになるだろう。

アダムとイブが禁断の果実を口にした後彼らは葉っぱで体を覆ったという。それは人類の最初の所有だった。それがなぜ必要だったか?寒かったからか?そうじゃない『恥ずかしかったから』だ。

消費・所有は心理学とつながっている。アダム・スミスは経済学は数学を用いる『物語』だと気づいていた。数字によって説得力は増すがあくまで『物語』なのだ」

トランプ旋風 世界が逆流を始めたのか 欲望をめぐる物語は次のステージへ

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第6章~第8章 第9章~最終章
『欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき』をみて

cf,
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 読書メモ

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読む

欲望の民主主義 世界の景色が変わる時 第1・2章 第3・4章 第5章 第6章 第7・最終章
by wavesll | 2017-04-03 22:50 | 書評 | Trackback | Comments(0)

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第1章~第3章 書き起こし

前編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」20160103(Dailymotion)

"富や成功"への欲望 "資本"は自由自在に移動する "消費"が資本主義のエンジンだ わたしたちはいつからこんな世界を生きているのだろう?ヒトとモノの間をお金が行きかう、際限なく膨張してきた資本主義。

"経済的豊かさ それを求めるのは人の本能だ" "イブは『欲望』に呪われた"

より早くより遠くへより良いものを 飽くなき欲望が加速する世界 市場の論理にすべてが覆われ一瞬先も予測不能なこの世界 そして今

トランプ「メキシコとの間に壁をつくる!」

流れが変わったのか。"「闇の力」が目覚めたようだ" 消費・成長・富への欲望 私たちは何処へ向かうのか "アダム・スミスは間違っていた" 経済学の父はあやまちを犯したのか "もう一度ルールを書き換えろ" ルールを書き換えよ "ケインズは「悪用」されている" "ケインズだったら「クレイジーだ」と言うね" あの男を呼び覚ませ "日本が成長を追い求め過ぎれば資本主義の「死」を迎えるだろう 『KAROUSHI』という名のね" "資本主義の「死」を宣言するのはまだ早い"

資本主義は何処へ向かうのか 世界の経済のフロントランナー達が紡ぐ欲望と言う名の物語

「欲望」は満たされることを望まない 「欲望」は増殖することを望む

太古からヒトは所有と交換を繰り返してきた ある時お金が生まれ市場が生まれ欲望の交換はこの貨幣なるものに託された やめられない、止められない


第一章 資本主義の、現在

資本主義 それはお金、資本を際限なく投じ増殖を求めるシステム

安田洋祐(大阪大学准教授)
「今 多くの国が低成長に苦しんでいます。それでも世界経済は成長し続けられるのでしょうか?成長し続けていくべきなのでしょうか?」

ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授 2001年ノーベル経済学賞受賞 アメリカ大統領経済諮問委員会委員長 世界銀行チーフエコノミストなどの要職を歴任)
「いま問題なのは世界の総需要が不足していることだ。そのせいで世界経済が減速している。それにはいくつかの原因がある。
まず中国の減速。"量の成長"から"質の成長"へ変化し世界に大きな影響を与えている。もうひとつはユーロ圏だ。数々の問題を抱えている。ユーロでは通貨の統合が成長を妨げてきた。

ただ全体としては別の要因が潜んでいる。不平等の増大だ。貧困層から富裕層へと富は吸い上げられ富裕層は貧困層に比べお金を使わない。これが全体の需要を押し下げ成長にブレーキをかけているのだ」

トマス・セドラチェク(チェコ総合銀行チーフエコノミスト 経済学者 24歳のとき初代大統領の経済アドバイザーに抜擢 チェコでベストセラーとなった著書『善と悪の経済学』は世界15か国語に翻訳)
「今の世界は資本主義かそれとも"成長"資本主義か。僕は"成長"資本主義だと思っている。みんな成長のことばかり気にしている。成長できなかったら「もう終わりだ」ってね。おかしいだろう、どこに書いてある?聖書に?空に?数学モデルに?過去に証明されたのか?ノーだ。資本主義が必ず成長するというのはナイーブな思い込みだ。

成長に反対なわけじゃない。いい天気が嫌なはずがないだろ。問題は社会 年金 銀行…すべて成長が前提となっていることだ。まるで毎日快晴だと決めつけて船を造るようなものだね。そんな船はダメだ。凪でも嵐でも航海できるのがいい船だろう。そりゃ天気がいいに越したことはない。でもそれを前提にして船を造ってはいけない」

スティグリッツ
「低成長は避けられる。もしもアメリカ ヨーロッパ 各国で考え方を変えることができれば成長は可能だ」

安田
「資本主義はこれからも持続可能だと考えますか?」

スティグリッツ
「市場経済はずっと続いていくだろう。市場経済のあり方には政治が大きく影響する。30年ほど前にアメリカをはじめ各国で市場経済のルールの書き換えが始まった。ますます不平等を生むようなルールに書き換えられたのだ。それだけでなく市場経済の効率性が下がり生産性の下落を招いたのだ。目先のことだけに人々が夢中になってしまうようなルールの変更だ。

長期の投資ニーズがあり長期の貯金をしている人々がいる。だが金融市場は目先のことだけで機能不全に陥っている。私たちの市場経済が招いた決定的な変化の一つだ。だから今再びルールを書き換えないといけない。これからのルールは繁栄を分かち合い、より成長しより公平な分配をうながすものでないといけない。実現できると思うし実行可能な目標だと思う」

セドラチェク
「共産主義だった国から来た身としては共産主義を捨てて資本主義をインストールしていたころ民主主義国家での資本主義は何よりも自由のためのものと信じていた。成長は良いものかもしれないけれどたとえるなら車の"最高速度"だ。それは大事なことか?そうだ。一番大事なものか?いいえだ。

確かに資本主義は"成長"のための豊かな土壌だ。しかしこの20年間で二つの関係がひっくり返って私たちは成長を資本主義の"絶対必要条件"だと信じ込んでいる」

東京の百貨店で
セドラチェク
「消費の大聖堂だね。いつもリュックひとつで旅をするんだ 僧侶みたいだろ。手でもてる以上の物は僕はいらない。自由はかつて"物からの自由"を意味していた。今や自由といえば"消費する自由"だ。消費できるほど自由を感じる。消費できないと自由じゃないと思ってしまう。だから毎日働かないといけない…。映画『マトリックス』でもあっただろ。いらないものを買うためにしたくもない仕事をする。エデンの園の呪いだね」

禁じられた果実 もうヒトは後戻りできない 消費への欲望 それを満たすための労働 果てしない欲望の無限回路がはじまる

セドラチェク
「『CUBE』っていう映画を知ってるかい?『CUBE』はカフカの不条理劇にも通じるんだが気がつくと四角い空間に閉じ込められていて…物語の終盤、実は自分たちが『CUBE』を造っていたことに気がつくことになる。

専門化した社会では自分のしていることが分からなくなる。フランスの哲学者ラカンはこう言った"分かっているけど止められない"。私たちの問題は分かってさえもいないことだ。どんなに働いても欲望を満たすだけのものは作れない」

第2章 成長は、至上命題?

スティグリッツ
「経済成長について話すときは"成長"の意味をはっきりさせないといけない。GDPは経済力を測るにはいい指標とは言えない。環境汚染、資源乱用を考慮にいれてないし、富の分配も社会の持続性も考慮されていない。問題だらけだ。経済における成長の本質をこの先変えていくべきだと強く思っている。

すでに明らかなのは物質主義的経済ー天然資源をじゃぶじゃぶ使って二酸化炭素を大量に排出するようなことは持続不可能だという事だ。もうそのような成長はなしえない。だが他のかたちの成長がある。まだまだ反映できるし新たなイノベーションを生み出せるはずだ」

安田
「その変化を起こすには何が重要ですか?」

スティグリッツ
「政府の政策が必要だ。テクノロジーやインフラや教育にもっと投資をしないといけない。地球の気温を2度も上昇させてしまったことで多くの投資が必要になっている。経済を整え新エネルギーに移行し都市構造を変える。私たちには巨大なニーズがあるはずだ」

新たな需要を生む変化 その予兆はやはりこの地(サンフランシスコ)から生まれるのか

スコット・スタンフォード(シェルパ・キャピタルCEO 元ゴールドマン・サックス社員 2013年ベンチャー投資企業を設立)
「Uberへの投資がきっかけで今の会社の共同設立者と出会った。立ち上げのかなり早い段階で投資をした。ごく小さい会社だったがアイデアに魅力を感じた」

彼はアプリでクルマを呼べる新しいビジネスモデルに投資した それは従来のタクシードライバーの雇用を奪う事にもなる 創造と破壊は裏表

スタンフォード
「テクノロジーは経済を活性化するか雇用を奪うだけか。そういうことは考えてない。そういう心配をするのは僕たちの仕事じゃない。僕たちは5億ドルを運用している。そのお金は僕たちのお金ではなくて出資するパートナーたちのものだ。彼らは自らの資本を僕らの投資に委ねてくれている。僕らに収入があるのは投資がリターンを生んだ時だけだ。資本金をコントロールするボスがいるのさ」

安田
「以前はゴールドマン・サックス(投資銀行)に所属していたんですね。投資の戦略や考え方で何か違いがありますか?」

スタンフォード
「面白い質問だね。考えたこともなかったな。はっきり言えることはすべての仕事は資本主義システムの中にあるんだよ。そもそもゴールドマン・サックスでも今の会社シェルパ・キャピタルでも目的は同じだ。短期間でお金を稼ぐこと。ただ今は常に新たなビジネスのアイデアを考えている。誰かの起業を手助けするだけでなく時には自分たちで新しい会社を立ち上げる」

お金、投じれば増えて返ってくる そんな資本主義のセオリー だがいつでも通用するわけではない

安田
「利子率はますます低くなっています。もう投資も成長も見込めないと言う人たちもいますが…」

スティグリッツ
「ケインズを始め 多くの近代経済学者たちは利子率の役割 調整機能を強調しすぎた。利子率より重要なのは借り入れのための"信用"だ。低い利子率は不況を招いている政策の結果に過ぎない」

セドラチェク
「クルーグマン(経済学者)の主張で同意できないことがあるんだが、彼の主張は"低い利子率で借金すれば"、"経済が好転して"、”借金を返せるようになる”。真ん中の文を抜いたらどうなると思う?違う意味が見えてくるよ?"低い利子率で借金すれば"、"借金を返せるようになる"。これは銀行員だったら警報ものだよね。危険すぎる。火で火を消そうとするようなものだよ」

スティグリッツ
「テクノロジー、インフラ、温暖化対策に投資すれば利子率なんてすぐに上がるさ!」

セドラチェク
「ナイフや火のようなものだ。コントロールできる代物じゃないんだ。利子率っていうのはどう扱っていいものか本当にわからないものだ。どんなにいい投資でも、高速道路・大学・研究機関とかを作ったとしてもお金は必ず返さないといけない。教育レベルが高くて優秀な経済学者がたくさんいて大きな潜在力を持っている日本のような国でも借金を返せずに苦労している

文明社会は"安定"を売り払ってしまった。そして無限に"成長"を買っている。僕らはいつもではなくとも時々成長をもたらす経済を作り出したが今は崩れかかっている」

安田
「人々の成長への期待が膨らみ利子という概念が広まったことは成長資本主義のそもそもの起源なのかもしれないですね。人々の考えを変えたのかもしれません」

セドラチェク
「その通りだと思う。利子はアルコールのようなものだ。どちらもエネルギーをタイムトラベルさせることができるから。

金曜日の夜にお酒を飲んでいると突然歌いだしたり…ほら、この国は"カラオケ"好きの国だろう?お酒が入っていると歌いやすいよね。"このあふれるほどのエネルギーはお酒が与えてくれたものだ"って思うかもしれないが、ノーだ。それは間違いだ。お酒がエネルギーをくれるわけじゃない。お酒がしたのは土曜の朝のエネルギーを金曜日の夜に移動させただけだ。

二日酔いは間違いなく翌日に来るがお金は40年も50年も時を超えることができる。こんな風に危機につながったりするんだ。エネルギーが消えてしまうのだ本当に必要な時に…」

カネは時を越え時がカネを生む この錬金術を何故ヒトは欲望したのか

第3章 魔術の誕生

セドラチェク
「西洋の古い書物を読んでみると実に皮肉で興味深いんだが必ず利子について論じられている。聖書・ヴェーダ(ヒンドゥー教の経典)・コーラン・アリストテレス。否定的な感情とともにね。なぜかわからないが利子は禁じられていた。歴史を振り返ると利子は"禁断の果実"だったんだ。富をもたらす一方で問題を引き起こしてきた」

利子、それは未来の利潤のため休むことなくヒトを働かせる これも、禁断の果実

そこにはある男の欲望があった 14世紀イタリア メディチ家の始祖ジョバンニ・メディチは利子を禁ずる教会の目を避け、フィレンツェとロンドンの為替レートの違いを利用し莫大な利益を得た 

カネは時だけでなく空間の差を利用して無限に増殖していくことに


"貨幣は元々交換のための手段 しかし次第にそれをためること自体が目的化した" アリストテレス

昨日より今日、今日より明日 増え続ける 欲望 その欲望を正当化し免罪符を与えた男がいる 経済学の父 アダム・スミス(1723~1790) 『国富論』(1776年) "それぞれが自らの利益を求めれば見えざる手によって社会全体も富み栄える" その理論は人々に欲望を肯定したのだ

安田
「そもそも資本主義の推進力は何なのでしょうか?」

アルヴィン・ロス(スタンフォード大学教授 2012年ノーベル経済学賞受賞 市場の制度を設計する「マーケットデザイン」研究の先駆者)
「市場の最大の機能は誰が何を欲しがっていて誰が何を持っているかすべての情報を集めることだ。供給と需要が一致することで魔法のように価格が決まる。その難しさは 情報を得て計画することなど誰にもできないことにある。なぜなら情報は多くの人々に拡散するものだからだ。そしてまた情報が市場に集まることで最適な結果が生まれる」

安田
「世界の利子率は下がり続けてマイナス金利の国もあります。資本主義の終わりの兆しを語る人々もいますが?」

ロス
「資本主義の死を宣言するのは早計だ。資本はリターンを得続けているよ。シリコンバレーに住んでいるんだが多くのビジネスが集まっているのは今も新しい会社が利益を上げているからだ。もしもマイナス金利が続いたとしても新しい形の金融取引が発展し金融機関の資本はリターンを得られ続けるだろう」

スティグリッツ
「市場とはある日誕生したのではなく進化しつづけてきたものだ。何千年も前の市場経済はとてもシンプルなものだっただろう。私が思う大変化は産業革命だった。資本主義は科学と技術を両輪としている」

発明 イノベーション 大規模化 成功すれば競争相手に一歩先んじ生産効率を上げられる その加速は止まらない

スティグリッツ
「このダイナミズムによって人々が農作物を市場で買ったり女性が家で編み物をしていたような原始的な市場経済からより大規模な会社ほど有利で経済規模を拡大できることになった。そしてイノベーションが駆動する経済だ」

スタンフォード
「私たちはより効率化する方法を常に探しているんだ。経済学でいうところの生産性だね。労働力が変わらないのに成果物は増える。そして利潤 成長 波及 創造的破壊を追究する。いかにして効率的な進化がなされない古い産業を駆逐するか。市場をとれ。需要と供給が働きあって加速して規模の効果が働いて新旧交代が起こる。それがイノベーションだ。そして消費者をハッピーにするんだ」

思想 そして技術が 欲望を開放し 資本主義は成長がかかせないシステムへと変貌した

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第4章~第5章 第6章~第8章 第9章~最終章
『欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき』をみて

cf,
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 読書メモ

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読む

欲望の民主主義 世界の景色が変わる時 第1・2章 第3・4章 第5章 第6章 第7・最終章
by wavesll | 2017-04-03 22:15 | 書評 | Trackback | Comments(0)

これぞ暁斎!展@Bunkamura -奇想の真骨頂

Bunkamuraミュージアムにゴールドマンコレクション これぞ暁斎!展をみに行きました。会期末でもあり大変な盛況で。

お目当てはこれ、『名鏡倭魂 新板』、堪能しました。
c0002171_2264783.jpg


そして他のも素晴らしい絵ざっくざくで。

入り口すぐの『蛙の学校』などの動物の擬人画は鳥獣戯画っぽくて愛らしい。中でも『山葡萄に猿』の猿がまたいい顔してて。ファンタジーだけでなく『カマキリを捉える子犬』なんかは立体的でリアルな筆致。『鯰の曳き物を引く猫たち』なんか『きょうの猫村さん』みたいなほのぼの感。

次が鴉の章。『枯木に鴉』『枯木に夜鴉』を並べるとウォーホルのような現代的な感覚が。啼いている鴉を描いた『烏瓜に二羽の鴉』もいいし、『月下 梅に鴉』の円の補完デザインは好い!

日本画は西洋画と比べると動物を主軸にした絵が多い印象ですが、暁斎の動物画はその獣の性格と言うか、キャラまでもが伝わる生き生きとした筆運びで。『象』なんかもそう。

『枇杷猿、瀧白猿』はこの展覧会随一の美をもった作品かも、やはり猿の顔が至高。画像LINK貼りましたが生は格別なのでみて頂きたい。『虎を送り出す兎』は鳥羽と書いてあって鳥獣戯画からの流れを感じさせるし、『眠る猫に蝶』のまん丸ネコの可愛いこと。『蛙の放下師』は生き生きとした大道芸をする蛙を水墨画で画いた作品。暁斎の作品はユーモラスな感性が流れていますが中でも『月に手を伸ばす足長手長、手長猿と手長海老』は最高に笑えましたw

現代的と言うか、ワールドワイドに画題を求めた暁斎は『鳥と獣と蝙蝠』ではイソップ童話に着想を得ています。『通俗伊蘇普物語』は黒でベタ塗りの迫力ある冊子。

なんというか、暁斎の絵って現代の漫画みたいなんですよね。『動物の曲芸』はちょっと『ビリーバット』っぽいし。『暁斎酔画』では寺田克也キム・ジョン・ギのような奇想天外なラクガキングぶりを魅せてくれます。

一方で『暁斎楽画』のようなリアリズムな兎を描いたり。『暁斎漫画』も素晴らしかったし、幅が広い!『雨中さぎ』では近代版画ポスターみたいな画風も。

でもやっぱり猿の表情が良くて。『松に猿』の赤いちゃんちゃんこ猿もいいし。

『とくはかに五万歳(徳若に御万歳)』・『蛙の鬼退治』・『舶来虎豹幼絵巻』・『西域舶来大象之写真』・『<天竺渡来大評判 象の戯遊>』なんてのは小学生が"こんなの描きたいな"と夢想するようなユーモラスで愛らしくもかっこいい擬人化作品。昔はカエルがこんなにも身近だったのだなぁと。

暁斎は幕末から明治維新を経る時代を生きて。当時のグローバルを描いています。『船上の西洋人』は蒸気船の上の光景。『各国人物図』は象を操るアフリカ人、ラクダと共にいるアラブ人、そしてエスキモーなんかも描かれていたり。流石訃報がフィガロに載っただけの事はある国際派。

『野菜づくし、魚介づくし』は当時の画家たちのオールスター合作で愉しい作品。『五聖奏楽図』はキリスト、釈迦、孔子、老子、神武天皇が一堂に会しています。『大仏と助六』は『聖☆おにいさん』みたいな筆さばき。

『町の蛙たち』『蛙の人力車』には電線が。文明開化の音が聞こえると共にファンタジーに技術が入るとちょっと『千と千尋の神隠し』のニュアンスを感じたり。擬人化だと『雀の書画会』の鳥人的ユーモラスもいい。

『墨合戦』はホーリー宜しくデカい筆で墨を塗り合う合戦場が描かれていて。一人一人の生き生きと板体遣いが本当に見事、素晴らしかった。また『放屁合戦』はもうアヴァンギャルドすぎるw屁がスペシウム光線のように出ているw『暁斎絵日記』は単行本のあとがき漫画みたい。

そして目玉達。『蒙古賊船退治之図』は波と火薬との迫力満点、戦後の少年誌の特集ページっぽい感じ。画像より実物はもっとイエローが鮮やか。『名鏡倭魂 新板』はいわずもがなの名作、逃げる妖怪には着物姿や洋装姿のモノも。『不可和合戦之図』は薩長との戦をメタファとして描いたようでした。

一方で遊女を描いた『<岡田屋内>於ろく』の美少女っぷりは漫画太郎先生が萌え娘を書いたときのような驚きがw背景のアヤメを描いたのが月岡芳年というのも興味深い。

遂に植物の擬人化というか、カボチャが人間のように等身を持つ『<家保千家の戯> 天皇祭/ろくろ首』なんてのも。『<新文教歌撰>』では骸骨が楽しそう。『<暁斎漫画> 第三号 化々学校』ではカッパが学び舎で勉強してましたw

暁斎はいわゆる吉祥絵も描いていて。『鐘馗と鬼』の荒々しさ。そして『鬼を蹴り上げる鐘馗』の、蹴り上げる動きが満ち満ちているダイナミックな画。『鐘馗と鬼/酒樽を盗む雷神』がまたイイ顔しててw『鬼の恵方詣』の鬼の表情がまたよし!『鷹に追われる風神』なんて画題も。『猩々の宴会』は今でもそのまんまポン酒のポスターに使えそうな感じ。『朱鐘馗と鬼』の朱がまた効いてました。

暁斎は春画も描いていて。性のなかに笑いがあるのがまた好い。『笑絵三幅対』には女陰のハンコが押されてて草w『松茸の絵をみるお福たち』は笑うしかないw『障子の穴』では『太陽の季節』がw『稚児男色絵巻』では享楽が、『連理枝比翼巻』ではぐっちょぐちょの乱交が。『春画絵暦豆判組物』『大和らい』『屏風一双の内』でも笑いの要素が好い感じ。

展覧会のメインビジュアルにも使われている『地獄大夫と一休』はクレイジーというかスレスレの危うい領域にいる二人が自在に魅力を放っていて。一休の怪僧ぶりと地獄太夫の色気が凄かったです。

『閻魔大王浄玻璃鏡図』の鬼の造詣が相変わらず素晴らしいし、『鬼の集い』の表情がまたいい。『変化の技を練習する狐たち』は『NARUTO』っぽさがあるw『三味線を弾く洋装の骸骨と踊る妖怪』はブルックだしw『百鬼夜行図屏風』もほんと顔がいい。『<暁斎楽画> 第二号 榊原健吉山中遊行之図』もいい顔!"いい顔"ばっかいってるけど、本当に人物像が伝わる表情が見事すぎて。

『<新板かげつくし>』ではついに妖怪がサザエさんEDライクな影絵になってしまったw

最後の「祈るー仏と神仙、先人への尊崇」の章では『祈る女と鴉』が素晴らしかった。すっきりと冴える遊女の気品と言ってもいい色気と、大きくホログラフィックに迫る鴉。

暁斎は確かに変わった絵を描きます。変わってる事は暁斎のとても大きな魅力です。ただ彼は“変わってる”と言われる事にアンビバレントな気持ちを持ったのではないかとも想ったり。単なる変わり種でなく、彼の中の本質的な美意識が根底にあって。しかしそれはナイーヴ過ぎる感想かもしれません。奇想で勝負するという覚悟の生きざまをみた展覧会でした。

c0002171_3363426.jpg

by wavesll | 2017-04-03 05:05 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)